--/--/-- (--)
  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


  2016/01/19 (Tue)
  スノーブーツ研究



暖冬だっていってたくせに。



雪降ったやんけウソつき!

らもは寒いのが本当に嫌いなんだよーーー

しかも無職で働いてない身とくりゃ雪掻きとかやらなきゃダメじゃん…
赤子は雪の日も外で遊びたがるし…





そんなこんなで疲弊した今日。
愛用中のBUTTEROのエンジニアブーツは
水に濡れて可哀想なことに…
しかも、らもの足先も冷たくなるし最悪だった。

というかやっぱり雪の日は普通のブーツやスニーカー、長靴はダメだね。
やっぱりやっぱりスノーブーツがいいんだろうね。


今後、主婦らもには雪掻きが毎年仕事としてふりかかり、
さらに赤子を連れて雪の日も外出する。
雪のある場所へ旅行にも行くかも…
こりゃ消費税上がる前に買うべき…?(ただのこじつけ)


ということで、得意の研究を始めた。
スノーブーツ研究。
どのデザインでどの機能でどのブランドが優秀か検証しました。
(もちろん私的観点込み)




最近チマタで人気なのはTHE NORTH FACEのスノーブーツ「ヌプシ」ね。
確かにあれは可愛いが、機能性に欠ける気がするのよね。
ガチじゃないスタイリッシュさが鼻につくというか。
それに雪の日はダウンコート着るのに、足元もナイロンのダウンて…
どんだけテカテカしたいの。

と言うことで却下。


そしてあらゆるアウトドアブランドを軒並み調べたけどどこもイマイチ。
雪国生まれの雪を熟知しているブランドがやはり良いのではというところまで行き着く。


1)SOREL
カナダの老舗ブーツブランド。
雪国カナダならではのカントリー感と農夫っぽいモッタリ感がむしろ今カワイイとすら思えるし、デザインは飽きない普及のデザインとして定着してる。

で、梨花さんが購入して世の女子たちがこぞって買ってるモデルが《ティボリ2》というモデル。
ショート丈のスノーブーツで可愛らしい。
背の低い日本人にはそれが一番バランス良く履けてスタイリッシュになるんだろうな。
でもね、らもが今回重要視しているのは機能性。
いくら都会住まいとは言え、ガチの雪掻きはショート丈じゃ靴の中に雪が入ってくるんですよ。
だから、定番中の定番《カリブー》が候補。





30cmのミドル丈。
らもは身長高くないから本当は20cmくらいのショート丈の方がまとまるんだけどね。
なんだなスノーブーツには雪への対抗感を込めたく。(なんのためにw)
店頭で試着したけど中々良かった。
ソールのグリップもよくて、厚底だから膝下長く見えました。笑



2)KIMBERTEX
イタリア発スノーブーツブランド。
わりと若いブランドだけど、近年色んなファッションブランドとコラボしてる。
SORELよりもじゃっかん都会っぽいかな。
泥臭さが低め。
ダサいのから素敵なのまでいろーんなデザインがある中、やっぱりらもは今回、田舎臭いデザインが好みなのか、ナイロン素材の軽いやつより敢えてレザーやヌバックの素材のものが気になる。
そこで《ミルタ》というモデルに目をつけた。
《ミーシャ》のミドル丈バージョン。






パーツの細かいデザインや配色がいい。
あいにく、KIMBERTEXは試着できなくて決めかねてる…
はき心地やソールの厚みなど、ネットショップの情報だけじゃわからないから、靴は試着したいのだが。


とまぁ、こんな感じでまとめました。




どちらにするか悩んでる間にきっとまた雪が降ってしまい、いつの間にか消費税が上がってるんだろうか、、


無職のらもにしてみたら、こんな研究をするのが日々の楽しみの一つ。
物欲は絶えぬのに収入がなくなったときたら、家計からヘソクリするしかない。
溜まったら何買おうかという妄想をして楽しみつつ、日々1円でも安いものを求めてスーパーをハシゴしています。


あ、闖入者と赤子。
二人とも元気です。

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


  2014/05/20 (Tue)
  何の為に頑張れるか。

最近ネットで出産やら子育て情報を収集していたら、その流れで辿りついた2ちゃん掲示板の子育てやら嫁姑、夫婦問題のスレを拝見してしまうように。
(というか余分な書き込みを省いてまとめられてるものを見てる)

投稿されてる色々な悩みや事件に対し、書きこまれるアドバイスやらツッコミが秀逸でうける。
まぁすぐ離婚しろだ弁護士だ興信所だってまくしたてるのも時と場合によっては「?」と思うこともあるけれど、対処法としてこういう考え方もあるんだな〜程度で読んでいくと結構ハマる。

全てを鵜呑みにせずに客観的に眺めている立場からいうと、個人的には好きです。
リアルな世間を知れる勉強にもなります。

なんつーか、、、世の中多様ですよね。  と思わされる。

自分自身が正しいわけじゃないし、実家も義家も正しい価値観を持ってるかなんて分かりっこない。

でも仕事関係ではない、教育や家族問題だからこそ、ビジネスライクには事が進まないことが多いゆえ、簡単には片付かないストレスが多いんだろうね。

色んな人の意見を聞いて、価値観を柔軟に持てるようにいたいものです。
今後自分にも降りかかるであろう事例と対処法を事前勉強ですわ。



話変わって。


あの京都旅行に行ったころからでしょうか。
彼はこんなことを頻繁に言い出すようになりました。


「最近気づいたんだけど。
 自分のために仕事を頑張るには、限界があるんだなって。
 きっと、ものすごい欲がない限りは、そこそこで頑張るのに疲れちゃうと思う。」

「誰かのためって思うから頑張れるんだ。
 家族とか大切な誰かとか。
 それが今の俺には、らもの存在なんだと思う。」



まあ、なんてロマンチストなんでしょう。(棒読み)


でも、間違っていないと思います。

闖入者がそう思ってくれている限り、私も闖入者のために家庭を支えたいと思う。
義実家に真摯であろうと思える。
多くの物事に対して忍耐力と頑張りが生まれてきます。


とはいえ、理念と実行は中々伴わないもの‥というが現実じゃないですか。
「綺麗ゴト」ってやつ。

でもね、この理念を意識するかしないかで、生活の色々な判断や行動力が違ってくるとは思うんです。

そういうことをワザワザ口に出してくる暑苦しいところが何とも闖入者的で。

さんちゃんは、誰かのために頑張るという価値観は持っていなかった。
それは完全に「個人」として自立した上で、お互いに一緒にいる価値を見出すという道徳だった。

らもは、これにはとてもとても勉強させられた。

「お前のために頑張ってやってるのに」
とか
「私がこれだけやってるんだから、あなたは○○してよ」
とかとか‥

要するに、自分のやった事に対しての等価の見返りを期待する。
それを得て満足するという思考と人間関係を、さんちゃんは否定した。
さんちゃんが結婚というものから遠い場所にいる理由の一つはこれかもしれない。


らもも、同感はする。
ビジネス以外の人との関係性においてこの思考を持ってしまうと、自分自身が苦しくなるじゃないかと思う。

もちろん、これは間違っちゃいなくて、プライベートの共同生活においても「お互い様」や「ギブ・アンド・テイク」の精神は必要不可欠な意識。

でも、家族や子育てにおいてはまかり通らない事が多いケースがあるでしょうね。
子供は言う事きかないし、苦労した分だけ幸福が返ってくるなんてことは絶対に図れない。
そういう状況に陥った時、人はとても苦しみ、悲しむと思います。

愛情や思い入れって、「期待」じゃないと思うんです。
きっと、無償のものであることが健康的。

よく、失敗をした子供を叱る際に「お母さん、あなたがこんなことして悲しい。」って言う人がいるけれど、らもはそれに違和感を感じます。
「悲しい」ってなに? と。

子供は母親を喜ばせる為に生きてるんじゃない。
そういう母親の期待と感情を押し付け、一喜一憂する姿を見せてしまうと、子供は自身の思考回路を一気に狭めてしまうでしょうね。
それってとっても不健康で、それこそ悲しいこと。

「なぜこれをやってはダメなのか」という躾って、とても難しいね。
らももその都度その都度、頭捻らないとな。。

だから、闖入者との人生においても、依存だとか自分の存在意義を夫や子供に押し付けてしまうとか
そういうウッカリ間違いをせずにいれたらいい。
いや、こういうのって、人間ついウッカリ陥っちゃうものなんだと思うのよ。
日々忙しくて余裕ないしね〜。


闖入者の言う
「自分のため以外に、大切な人や家族のためって思えるから向上心が維持できる」
という思考は、決して「だからお前も○○しろよ」という見返り思考じゃないってことが、闖入者の性格から理解できるから、素直に受け入れられます。

だから、闖入者が頑張れる家庭作りに徹したいなという向上心がらもにも自然に湧いてくるんだよ。


未分類 | trackback(0) | comment(0) |


  2014/02/21 (Fri)
  キャリア形成について

春には産休に入る予定でいます。

復帰後は、どんな職務を与えられるか分からないけれど、
子育てに支障のない程度の職責であることが望ましいと思っています。



らもの価値観で言うと、とりあえず、自分のキャリア形成は諦めた。
というより、優先順位が変わった。
キャリアも子供もどちらも、なんて要領の良いことは私の性格上のキャパシティでは難しいと読んでいる。
もちろん家庭の経済状況が許す限り、の話だけれど、子供にプライオリティを置くことにする。

今、自分が働いている業界でキャリアをもっと延ばし、もっと面白い仕事をするのであれば、
今すぐにでもこの会社を飛び出て、別のところで修行を積みたい。
でもそれは子育てをしながら出来る事ではなくて(らも個人のキャパから判断するに。)、
やっぱり自分の一日の時間をほとんど仕事に注ぐことが重要なんだと分かってる。

だから闖入者と結婚するという事が決まってから「もし子供が出来ない体だったら」ということを考えていた。

妊娠出来ない身体だと分かれば、らもが憧れる、ある女性ディレクターの元へ弟子入りして、
この業界の中心になれるような仕事をする!とずっと思っていた。
でも結婚すると決まってから、転職のタイミングに悩んでいた。
子供が出来るかも??といった生半可の状況で飛び込む仕事じゃないからだ。

そして妊娠した。

だからキャリアには諦めがついた。

きっと、自分以外の人間が憧れのあの人の後を継いでいくのだろうと、それは自分じゃないだろうと。


ある日、その憧れの人かららもにメールがきた。
彼女のアシスタントになれる人材を探していると。
なんというタイミング。

喉から手が出るほど欲しいポジション。
ずぅずぅしくも立候補したい気持ちでいっぱいだった。
でも妊婦の私がそれをすると無責任なので、頑張って呑み込み、別の人を推薦した。
そのハンティング話は現在進んでいるとかで、憧れの人もらもの推薦者を気に入ってくれ、
らもが推薦したコも転職に意欲的な様子だったので、力になれて本当に良かった。

憧れの人からこんな感謝メールが届いた。

「らもちゃん、アレンジしてくれてありがとう。
 本音を言えば、妊娠していなかったらあなたにスカウトしてました。」

こんなお世辞まで言ってくれた。

このお世辞だけで十分。

もう一つの、あったかもしれない人生。
「キャリア」という道を形成できる可能性を感じさせてくれた、この一言で十分。

本当に嬉しかった。


らもは、このベベさんと一緒に過ごす時間を優先させ、
そして自分ではなく、闖入者のキャリア形成を支えるという事に注力していこうと思う。

それが私の最終的に望んだ人生で、選んだ道で、ベストなんだ。





ちなみに、妊娠前に

「ねぇねぇ、もしらもが子供できなかったらどうする?」

と闖入者に聞くと、こう答えてくれた。


「ん?そしたらアレだな、○○さん夫婦や△△さん夫婦みたいに二人で楽しく暮らしていけばいいよ。
 らもが憧れるあの人だって旦那さんと二人だけの生活楽しんでるじゃん。
 周りにお手本になる理想の夫婦はいっぱいいる。」


この言葉にとても救われた。

子供がいることだけが夫婦の全てじゃない。
ましては結婚は、二人の間で成り立つもの。
そこには二つの人生を一つで考えるという尊い価値があるのだと断言してくれてる言葉だった。


未分類 | trackback(0) | comment(0) |


  2012/05/02 (Wed)
  ひっそりと。

まだ生きています。 ひっそりと。




なんか、無性に書きたくなりました。

そういう時ってある。

仕事のメールのやりとりでも、友達のメールでもなく、自分が思うままに宛ても無く、
ただただ、カタカタ言わせてタイピングしたいの。



「書きたい」と思う時って、人は絶対、何かをアウトプットしたいときなんだよな。
自分の中だけでは、処理できないものを抱えてしまっているから、
文字にしたり、描いてみたり、作ってみたりするんだよね。

ここ最近は、ずーーーーっと書きたくなかったんだ。
アウトプットするほどのものが無かったのよね。
スッカラカンな。

何も考えたくなかったというのもあると思う。


でもなぜ今。

書きたくなったんだろう。




さんちゃんではない、別の男性が、突如出現しました。

別に恋愛には至っていません。
でも、向こうはどうやららものことがお気に入りの様子。(今のところね。)

彼の存在が自分とさんちゃんのことを、客観的に考えるきっかけを作ってくれました。
彼はさんちゃんとは正反対の、むしろ、らもが苦手とするタイプそのものですね。

さんちゃんが甘みアッサリのクールなシャーベットならば、
かれはコッテリ濃厚。しかも熱いチョコレートて感じ。
もうホントに喉が焼けそうです。


この人はスルリとらもの中に入ってきた闖入者。



「わーーわーーー!! 急になんだ君は !!」



と思っている間に、その闖入者はドカリと座り、いつのまにかポジション確保し始める。

次第に、これまでの自分の脳ミソを客観的に見れるようになってきたらも。






えー!いいじゃん!ともかく飛び込んでみたら?



と、友人たちに言われます。
つまり新しい恋愛のスタートを切れと。

それはムリ。

なぜなら、ちょっと舞い上がっている自分を分かってるから。

そして、さんちゃんの良いところが、より浮き彫りになっているから。




冷静に、時間をかけて。

そんな風に、ひっそりと考えている今日この頃。

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


  2007/06/20 (Wed)
  変態プレイ。

眠気と疲労でふらふらにもかかわらず、
さんちゃんと会えるチャンスがあればツイツイ会ってしまうのよネ。。
早く帰って寝ればいいのに。

ここ2日間はそんなかんじで夕飯を一緒に食べている。

「食欲ナーイ。」
なんて言ってても、窯焼きナポリッツァを目の前にすると
目を半分つむりながら(本気睡魔で)ペロリと食べてしまいました。
意外とイケル口なんです、アタクシ。



何日か前に 「変態プレイしてみたい。」 と言ったことがあります。

「変態プレイって、これまた漠然とした言い方ね。 何してみたいの?」

「う~~~~~~~~~~~ん・・・    外でエッチとか  ?」


それは変態プレイのカテゴリーに分類されるのか。
ともかくエロ系で知識の乏しいらもである。
「ばいぶつっこんでのーぱんでゆめのおおこくでぃずにーらんどいって
みっきーからかくれてしんでれらじょうのかげでやりたい。」
なんて下劣なことも思いつくっちゃ思いつくが
イマイチ興味のない行為なので実行するきにならん。

そんな昨日、ピッツァを食べて車で帰宅中、
さんちゃんがまっすぐ我が家方面へ向かわず
大きな公園のわきに車を一時停止した。

「どーしたの?」

「らもが変態プレイしたいってゆうから
 イッパツこの公園でしてくか!!!と思ってね。」

「ほほう。  してく?」

なんて返事をしつつも、あまりの疲れに反応薄なワタシでして。。
きっとノリノリならば車を降りるくらいまで行動に移していただろうに。
シートベルトすら外さないほど、まったくヤル気がなかった。。


結局帰宅。

さんちゃん、今度ぜひ実行してみましょう。



でもやっぱしベットの上でやんのがイチバンて思うんだろうなぁ
  

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。