--/--/-- (--)
  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


  2017/07/17 (Mon)
  癌


「癌」とは、なんとも数奇な病気だ。

癌細胞は、何からできているって、自分の細胞が癌細胞に変化したもの。
それは「デキモノ」ではない。
もともと在って自分自身を構成していた組織細胞が突如「癌細胞」として変貌したもの。らしい。


昨日まで自身そのものだったのに、今日から自身を蝕むものになるなんて。
まるで自分が自分に食われていくようなものじゃないか。

あ、別にらもが癌になったわけではないです。
子供2人から風邪をうつされてゼーゼー言ってるけれども。
そんな状態も幸せの一端ではないか。癌患者さんから言わせると。


どうして癌になってしまうんだろう。
何がきっかけで癌になるんだろう。
巷では「癌になりやすい/なりにくい」という話題が溢れている。
でもどれもあやふやで本当なんだかまやかしなんだかって感じ。
最も明確に断言されているのは「ストレスが原因」ということくらいかな。


でもきっと皆んなわかってる。
「よくわかんないけど、なる人はなって、ならない人はならない」って。



ここからは、らものフとした思いつきです。↓

「ストレスを抱える(=無理をする)」ことが
自分自身に対して「偽り続ける」ことになるのであれば、
癌になる可能性はあるんじゃないかなと。

例えば、先日亡くなった歌舞伎俳優の奥様は、破天荒な旦那を笑顔で支え愛し
まさしく「いい子代表」のような出来た人間だった。
”いい子ぶりっ子”的なヤジを飛ばされるタイプの彼女だっただろうけど、
見ている視聴者(らも)からすると、「いや、あれマジでいい子なんだよきっと。」
と思ってしまう。
梨園に嫁いで、ムダに厳しい面が多々あっただろう。理不尽なこともあっただろう。
でもきっと彼女は自分の役目として呑み込み、努力を重ねてきたすごい人なんだよね。

それは、最初は仮面を被った偽りの”いい子”だったかもしれないけど、
だんだんとその性格が染み込み、物の考え方も感受性も、いつの間にか本当に自分のものになっていたんだと思う。

人間誰しも、幼い時は無邪気で、動物的で、感情的なものだけど、
それが大人になるにつれて、常識を身につけ、身の振り方をわきまえ、恥ずかしくない社会人に成長する。
それでいい。
親が子育てをしていく上で、何を一番に望むかというと「自立してもらうために生きていける社会人となれ」だからだ。


なんだけど。
なんだけどね。
ってところなの。大事なのはそこ。

本来、生まれながらにして持っていた自分の性格と、大人になった時の性格がすごくかけ離れたものになってしまったら、
それは先天的な性格に対して「偽り」になるのか?
なるならば、無意識に気づかないうちに
自分で自分にストレスを与えていることになるんじゃないか。

成長の過程で様々な経験を通じて影響を受け、人は後天的な性格を身につけていくのは当たり前のこと。
でも、先天的な性質を抑え込むような状態になってしまったら、
それは細胞レベルでストレスがかかっているんじゃないか。
徐々に徐々に、自覚症状のないまま少しつず負荷がかかってしまっているんだとしたら…

よく「大人になったね〜!」「あんな子だったのに!」なんて褒め言葉のように聞かされるけど、
もしかしたらその褒められた成長とは、ストレスがかった無理くりな性格整形なのかも。

なんでこんな取り留めのない覚え書きのようなことを書いたかというと。
フと思っちゃったのよね。

子供を教育する上で、すごくマトモぶった物言いをして「母親」してる私。
本当に母親なんだから、そうでないと困るから良いんだけど、
でも本当のらもってこんなシッカリしてないし、ケンカもできない泣き虫だったし。
物覚えも悪くて、勉強も中レベルで、出来の悪い子だったの。

それが今では、超がつくほどの理論派!
ケンカでは闖入者に論破されたことはない!
さんちゃんと付き合ってた頃には考えられないくらいの口達者なわけ。

それって後天的な性格だけど、先天的なものとかけ離れてるよなぁ。と思ってさ。
いやいや、これはこれで人生を上手く切り抜け生き抜くための処世術なわけだから、
ある程度持ってないといけないものなんだけれど。
自分が欲しがった性格だからこそ、自分の性格として持っているわけで。
その性格って、居心地が良いというか、持っててラクな性格なんだ。
「超常識的な性格」って誰にも迷惑かけないからさ。
安心安全なのよね。

でも、本当にそれで良いの?

子供達に対しても、理詰めで教育するのはあんまり良くないんじゃないか?
子供達の先天的な面白い性格を封じ込めることになりはしないか?
それがとても大きなストレスとなって、彼らの心や体を蝕む結果になりはしないか?

ちなみに私は小林麻央さんと違って、良い子というよりむしろシタタカな理論派なんだけれど、
「面白味に欠ける性格」という意味では同じ。笑

この超理論派性格を面白がってくれる人は周囲にいるけど、
先天的な性格とは違うかららもにとっては面白くもなんともないんだな。

どうしていこうかなぁ。
自分自身に対しても、子供達に対しても。
悩み中。


こういう点をここでちゃーーーーーんと自覚しておかないとね。
悩み中でもいいから、結論出なくてもいいから自覚だけはしておかないとね。
そうでないと、ある日突然わたしも食われるに違いない。
癌細胞に姿を変えた自分自身に。

「お前が偽りの自分で生きてるんだから、オレら細胞だって変貌しちゃうよ」って。

スポンサーサイト

らもの思うコト | trackback(0) | comment(0) |


  2014/10/13 (Mon)
  さんちゃんと会いたい、と思う。

さんちゃんに会いたいな、と思うことがあります。

彼はらもの中で、人間として魅力的な人であることには変わりないから。

お話をするにはとても楽しい人だから。



なんでこんなこと思うかというと、
別にかつての恋人を懐かしみたいとか、浮気心でもないんです。


結婚をして、他人と生活をしてみて、そして子を産んで、、、という今の生活。
この日常の中で、様々な意見や見解を持ち、闖入者と共有する(もしくはぶつけ合う)ことを繰り返している自分。
さらに、子供が生まれたら、今度は「教育」として責任をもって享受させなくてはならない。


「自分の価値観って、本当にこれでいいのかな?
 どうして自分は○○に対して△△と価値判断できるのだろうか?
 自分の思考能力はなにゆえのもの?」


こんなことを最近ものすごく考えるようになったんです。



つまりは「脳ミソ筋肉の付け方」。

自分の脳ミソ筋肉は誰に教わってついたんだろう?と。


第一に、ベースとしては家族、両親。
そして思い返すと、最も筋力アップしたのは、さんちゃんと過ごした10年間でしょう。

これは確信できる。

そして考え解いていくと、闖入者との生活は、その応用時代なんだと行き着きました。

らもはきっと、さんちゃん離れしないと自立できなかった。
さんちゃんと居た時は、もの凄い刺激と教養を得れたものだから、常に常に、さんちゃんに意見を求めていた。
それが面白かったし、参考になったし。
逆に、無意識に自分の意見や価値観の主張が欠けていた。(だから「結婚」においてはダメになったのだ)

でも今の生活は、さんちゃんとの生活で吸収した多様な価値観が
らもの血となり肉となって、それが活きている気がするよ。


だから、さんちゃん離れした自分が、改めてさんちゃんに会った時
どういう会話ができるのかな。
また違う関係性が築けるものなのかな。
人として魅力的だとさんちゃんが思ってくれているならば
そういったことは可能なのかな。


でもこれは綺麗ごとにすぎないのかな。

さんちゃんにとっては、結婚して出産したらもに会うことは興味ないかな。

全てひっくるめて、結局は、無意味だったりするんだろうか。

そんなことをブツクサ考え続けてしまっているのです。



でもきっと、連絡とるよりも、いつの日か街中でばったり遭遇することを願う方がいいんだろう。
そんなことが起きたら、これは神様がくれたご縁であるんだろうと素直に思えるから。

ね。
そうだよね。

らもの思うコト | trackback(0) | comment(0) |


  2014/10/09 (Thu)
  チャンス

べべを産み落としてはや4カ月。

ゲイの後輩が前に言っていた

「人生は 上り坂、下り坂、  まさか  よ!」

(ほんとに年下かよっていう。。)

いや、まさにその通りでした。

好スタートを切ったかと思っていた新しい生活。
誰か嘘だと言ってくれと、なんでうちの子がと、自分を責めたりしました。


でも今は、その「まさか」たる出来事を受け入れ、乗り越えることが、より人生を豊かにしてくれ
人として自分を成長させられるんだと信じています。

このお陰で、私はこの子に対しても、子育てに対しても、人生に対しても
エゴイスティックに過分に望まず、穏やかに接することができるチャンスをもらえたのだと感謝しなくてはなりません。

普通では気づき得なかった、「当たり前」のことがいかに「有難い」ことなのだと、
本当に大切なことを気づかせてもらえています。
きっと、強くさせてもらえてる。

たくさん学ばなくてはね。


闖入者もいっそうモチベーション高く、頑張って働いてくれています。


子育てでバタバタしているとインプットも浅いものばかりで、TVとかぼーーっと見ちゃうし、
アウトプットするにも集中して取れる時間もないし、
中々自分にプライオリティをおいた生活はできないけれど、
たまにはここにきてアウトプットしたほうがいいな。



ちなみに、、、我が子は  ま  じ  で    かわいい!!!

らもの思うコト | trackback(0) | comment(2) |


  2014/05/14 (Wed)
  このブログの在り方について

臨月に入りました。

いつ生まれてもおかしくはない状況。

名前もうっすらと絞りこみ、あとは生まれて顔見てから最終決定。


闖入者はこのタイミングで長期出張中。
うちのべべさんにはパパが帰ってくるまでお腹の中にいてねと日々お願いしています。

そんな感じで一人で過ごしている産休なのですが、区の母親学級や両親学級に今頃参加しています。

在職中は参加時間が作れず、気づいた時にはもう臨月…
参加ママはうちより予定日1ヵ月半~2か月遅い人たちばっか。


先日の両親学級は、まぁ「両親」だから皆さんご夫婦で参加するわけで…
闖入者は不在のためピンで参加したのはらもくらいだった。笑

人間観察好きなわたくしとしては当然色んな夫婦を垣間見れるオモロイ時間だったわけで。

お父さんの服装や推定年齢からも、色んな職業臭が垣間見えてくる。

皆さん赤ちゃんが生まれてくるのを楽しみにしている様子で、他人事のようにホッコリさせてもらった。

基本的に第一子出産前の夫婦しかいないわけだから、皆さん恋愛して夫婦生活を経てここに辿りついたのは一緒。

十人十色のストーリーがあるんだろうな、と妄想する。(らもヒマ過ぎ&暗)


だからか、最近やたら結婚前の闖入者との時間を振り返ることが非常に多いのね。

なにせ5カ月で入籍してしまったものだから、恋人期間なんてほとんどないんだけど、
思い出が少ない分、鮮明に覚えているというか。

今、こうやってべべを授かれたのも、闖入者が頑張ってくれたからだなぁと感謝。

だってあの人、足しげくチャリンコでうちの実家近辺まで通って会いに来てくれてたんです。
会社終わって、21時ごろ一旦帰宅して、その後チャリチャリと我が家の近所まで会いに来てくれた。
付き合ってるんだか付き合ってないんだか曖昧な関係性だったから、
らもも自宅に迎え入れることもせず、近所のベンチに座ってペットボトルでも飲みながら話す。
そして12時くらいにまたチャリチャリ帰っていく闖入者。

頻度からいって週に3回ほど。(多

イマドキの高校生だってこんなことしないだろっていう。


ハタから見るとと、ただのキモいロミ男。

こいつ、どんだけ自分に陶酔してるロマンチストで、このお熱ブームはいつ冷めるんだろうなんて
結構冷ややか気持ちを持ちつつも、過去の恋愛にガンジガラメになっていた自分の心には
ほどよく罪のない距離間でいてくれるから、ある意味良いリハビリだったのかもしれない。

真夏の暑い夜も、汗をカキカキ、自転車チャリチャリやってくる。
その様子、「バカじゃないの??」ってプッと笑ってしまうよね。



こいつ、ただの陶酔ロミオではなく、ホンモノのマジメ君なのねということが分かってきた頃、
闖入者に対して「信頼」をもてるようになってきた。
とはいえ、100%できてくれる闖入者に100%で応えられない状況だったので、
闖入者と過ごす時間に楽しさと安心を抱きつつも、罪悪感にもさいなまれていた。

逆に闖入者は、この期間、反応があるんだか無いんだか分からんオンナによくぞ粘ってくれたと思う。
正直にさんちゃんへの気持ちを話していたし、本気でらものことを好きだったならば辛かったろうと思う。


でも、らもに対して自分が抱いた「カン」を信じて忍耐強く待っていてくれて
時間があれば色々な所に連れ出してくれた。

泊まりがけで旅行も行ったし、日帰りで遠出もしたし、らもが話した内容の端々をキャッチしては
色んなものを食べに行ったりした。

まぁ、さんちゃんとは正反対の行動をするタイプですね。

本来そういった実直さが大大大の苦手だったはずのらもですが、
あの頃の直向きな一生懸命さがあって、今があるんだと思っています。

そして約7ヶ月後、キチンと闖入者の気持ちを受け入れ、「恋人」という関係性になり、
その後5ヶ月間のうちに、「婚約者」→「夫婦」となってしまった。
そしてあっちゅーまに今度は「親」となろうとしている。

あの頃の甘くて甘くて、ただお互いを求める生活からリアルな生活をしているわけだから変化はあれど、
2人の人生に直向きである姿勢は変わらない闖入者に日々感謝しています。



このブログは子育てブログにはなりません。
さんちゃんと付き合ってた時期も含め、闖入者との人生のことを書く場所。
私の人生の愛するパートナーとのことを思い、振り返り、書き溜めるところにしたい。

これまでバックリとしか書いてこなかった闖入者との付き合い初期の頃のことは
今後、思い出しては詳細をポロポロと書きだすと思います。

子供が生まれても、家族の介護が発生しても、貧乏になっても、自分が病気をしても
これを書くことが、自分の人生の根幹を再認識でき、正し、貫ける方法なわけです。







らもの思うコト | trackback(0) | comment(0) |


  2014/03/04 (Tue)
  日本のプロダクトクリエーションについて

お腹のベベも順調に育ってきました。


性別がわかると一気に現実味をおびてくるものです。
胎動を感じた時も


うわー らもってやっぱ妊娠してんだわ。お腹にベベさんいるんだわ。


と実感が湧いたけれど、性別を知ると、ここに一つの「個」が存在するんだと認識させられる。
ペットでもない、たまごっちでもない、すげー「責任」がここにあるんだと。


ということで、今まで妊娠中といえど会社と家の往復の毎日で、自分の事ばっか考えてましたが
ベベさん用に買うものの準備も始めなくてはと色々リサーチ中。


何よりらもを悩ませるのが、ベビーカーの選択。

世の中色々ありますね。
国内メーカー、国外メーカー、多種多様。


らも得意のリサーチとマーケティングで情報を集めた結果。

日本のプロダクトはデザインと色のチョイスがダサすぎる。という境地に達した。

日本はプロダクトデザインにおいて、マーケティングに頼りすぎてる気がする。
これだけ日本にも優秀なプロダクトデザイナーやグラフィックデザイナーがいるんだから、
かれらの「デザインはこれだ!」っていうのに任せたら?

マーケティングは大事だけれど、いわゆる大衆的なものってダサイわけじゃないですか。

例えば、日本で一番売れてる女性ファッション雑誌は「non.no」だっていうけど、
じゃあアレ読んでる女の子はみんなおしゃれと呼ばれる人なのか?と聞かれると分かるでしょう。

プロダクトデザインにおいて、日本は機能性に優れたものは世界トップクラスで作れるのに
デザインがダサイから1位になれないんですね。
単純に、純粋に「かっこいい!!!!」と思わせるブランディングや価値付けをするのがヘタっぴ。
いくら燃費悪くても、高くても外車がかっこいくて可愛いのはデザインがイケてるから。



今回らもが選ぶベビーカーにおいては、携帯でもないし、おもちゃではないので、
もちろんのことながらべべさんにプライオリティがありますので、機能重視で日本製がダントツ。

でも、色々見ていくと日本のってほんとに可愛くない。
デザインと色で言うとノルウェーブランドのSTOKKEが秀逸ですね。
フォルムにしろ、色にしろ本当にかわいい。
使ってて毎日嬉しい楽しいと思える。

アメリカのBugabooも人気だとか。

でも日本人の庶民のライフスタイルには日本ブランドがやはり一番なんです。
だから買うなら日本ブランド!という所までは辿り着いた。

でも決められないくらいダサい。泣きたいくらいに。

芸能人ママたちは海外ブランドを買う中、ある有名モデルが日本のAir Buggyを愛用した事で
爆発的に人気になったという話を聞きましたが、
そこの商品、デザインは欧米風でありながら、日本の機能性も兼ね備えてて具合がよい風に見える。
でも、そもそもブランドロゴがダサすぎるのでらもの中では却下となりました。

おそらくAPRICAにすると思いますが、機能性がそんなに変わらないのであれば
色が優れている1年前の古いモデルを安く買おうと思う。

他のブランドも柄だの色だの色々出してるけど、どうしてファンタジックなものばっかなの?
フツウの無地作ってくれればそれでいいのにね。。
色の組み合わせ方もヘタクソよね。


ベビーカーに限ることではない。
ベベのために我が家もウォーターサーバーを導入しようとアレコレ調べてみたものの、
まずサーバーがダサくて家の中に置く気になれない。
すてきなのがあるかと思いきや、肝心の水が悪かったりして。


スタイル至上主義といえばそうなのだが、軽視しちゃだめだ。
別にわたしはスノッブでスタイリッシュでおしゃれ生活がしたいわけではない。
お金を出してモノ選びをするならば、それ相応のものを買いたいだけ。
デザインてものは人間の脳ミソにしかできないものなんだから
もっと脳ミソ使う世の中になってほしい。。

らもの思うコト | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。