2007/01/30 (Tue)
  究極の甘えと安心

さんちゃんに
「話すことないからもう切るね。」と言われて
どうもアマノジャクならもは翌朝、
いつもはさんちゃんを起こす為に電話するのにしなかった。

まだ悶々ジメジメした気持ちでいたから
美容院にいってパーマかけて少し気分変えた。

その夜メールをくれたのはさんちゃんの方から。
電話もしてくれて、翌日会うことになった。

電話のさんちゃんの様子は至ってフツウ。
悪びれた様子もなければ(当たり前だけど)
らもを心配するような様子でもないし
怒ってもいない。
「険悪ムードになったの忘れちゃったの?」
て聞きたくなるくらいホントにフツウ。

それがかえって、らもには助かる。

さんちゃんはケンカしたとしても、
厳しくらもに何かを言った後でも、
ネチネチ尾を引くタイプじゃない。
すぐに切り替えてくれる。
むしろいつもアマノジャクで尾を引くのはらも。(笑)

さんちゃんがそういうタイプでいてくれるお陰で
らも自身、だんだん冷静に考えられるようになってくる。

家のことそれは考えあぐねてもしょうのないことで
このまま暮していくしかない。
悩んでいるよりも、最善の状態で生活できるように
家庭を回していく努力をするんだ。

さんちゃんは厳しく「自立しろ」という態度をらもに見せる。
甘ったれたい時は今回みたく
それが辛辣に感じてしまうけれど、
やっぱりコミュニケーション上での甘えはよくないね。

主体性のない父親や、自己中なおばあみたいに
困っているなら尚更わかるはず。
2人みたくなりたくないなら尚更わかるはず。

とにかく自分の足で立ちたい。と思ったよ。
それでさんちゃんと一緒にいれたら最高に楽しいんだろうな。
さんちゃんも最高に楽しんだろうね。

スポンサーサイト

恋愛モラリズム | trackback(0) | comment(8) |


  2007/01/26 (Fri)
  弱りすぎだわ・・

3日前、連絡が途絶えていたさんちゃんから連絡が入り
真夜中の夕飯に付き合うことになった。

我慢してたけど、別れ際に泣き出してしまった。

「なになに?  どうしたの???
 泣いてるだけじゃ心配させるだけでしょ??
 言いなさい。
 それともなに?らもはそういうところよくあるけど
 相手にただ心配だけさせたいだけなわけ?


なんか酷い言い方・・・
とは思うけど、事実ではあるので・・
とうとうさんちゃんに最近あった家でのことを話してみた。
(もともとの家庭内のことは話し済)

そうしたら

らもはヒトを思いやることができる優しいコだけど
自分も辛くなって、オーバーフロウするまで尽くしちゃう。
自分にストレスが掛かるまでのことはしなくてもいい。
いくら家族だからって、時には逃げることもってしたっていい。
自分に一番ストレスのかからない付き合い方をしていったっていいんだよ。


って言われた。

言ってることは良く分かる。
らもの性質もよく捉えてくれてて納得だってできる。
それが一番上手い付き合い方なのかもしれない。

でも、いくら家族でもされど家族であって
らもが時には離れてみたって、問題はただ残されるだけで・・・
さらに・・

「でもさ、こういう時って、一つ辛い事があると
 他の事もなんでも連鎖するようにツイてなく感じてきてさ・・」


なんて言われたときには・・
ああ・・言ってしまえ。と思って。

「だから!さんちゃんにはこのこと今話したししょーがないけど・・
 こんな時に連絡が全然取れなくて辛かったよ。
 でも仕事忙しいのかと思ってたけど・・
 聞けば別にフツウの忙しさとか言うし・・
 徹夜でゲームしてたりするし・・
 ホントに家のことと連鎖して辛かったよ。」


こんなことを言ってさんちゃんを責めたいわけじゃないのに・・
まるでさんちゃんのせいみたいなこと・・
ああ依存心の強いワタシ・・
でもこの日は

「だから何でも話しなさいね。
 らもの話すことだったら何でも聞きたいのわかるでしょ?
 重い事でも詰まんないことでも何でも話してほしいよ。
 それだけオレにとってらもの話は聞く価値があるんだから。
 溜め込んじゃダメだよ。」


と言われて、
じゃぁ聞いてくれる時間設けてください。と思いつつも
少し安心して、ストレスは緩和されて、その日は別れたのでした。

でもね・・昨日ね・・またね・・
優しくも厳しいさんちゃんが・・
 

さんちゃんとの日々 | trackback(0) | comment(5) |


  2007/01/24 (Wed)
  ナレソメ③

今日2回目の記事だけど
さっきのがあんまり暗いので
ナレソメの続きでも書こうと思います。

ナレソメ①ナレソメ②ではさんちゃんとらもが
付き合い始めるまでのことを書いた気がします。

4年も前なんだねぇ

一応は受験生のハシクレでした。
らもには一応志望校があって、
一般推薦で受かりたいなぁ・・・
でも落ちたら一般入試で挑むしかないから頑張らなくちゃ・・・と
予備校通いにいそしんでいました。

だからさんちゃんにもこんなこと言ったことがある。
「付き合うっていっても・・・らも 忙しいよ・・?
 それでもいいの?」

でもさんちゃんの返事はこうだった。

アヒャヒャ。゚(゚ノ∀`。゚(゚ノ∀ヽ゚)゚。´∀ヽ゚)゚。ヒャヒャ
 会えないからって 『じゃあ付き合うの止めるね』 って
 言うとでも思ってんの? おバカねぇ。」


本気で申し訳なく思って心配してたのに。
笑い飛ばされたし。

でもよくよく考えると、学生のらもがした心配に対して
社会人として忙しく働くさんちゃんにとっては
「イヤ、むしろボクの方が会えないですよ?」と思ったろうね。

高校生のカワイイ心配ゴトでした◎ (`L_` ) ?

でも「学生如きの忙しさなんて・・」とは言わずに
「そんな心配しなくてもいいよ」と言ってくれるさんちゃんに
高校生を見下さない優しさを感じたよ。


彼氏=さんちゃん 彼女=らも として初めて会ったのは
付き合う事を決めたカフェでの一杯から
2週間後とかだった気がする。

その日は高校の終業式の日で
予備校もなかったので会うことになったの。



 

ナレソメ | trackback(0) | comment(2) |


  2007/01/24 (Wed)
  甘えたい。

今日はカナリ暗い内容ですのですいません。


スッカリ枯れ果てているこの頃。

エロちぃことをしたいとも思わんね。

さんちゃんは仕事で忙しいらしく、メールすらもくれません。


そんな時、タイミング悪くらも家では
自己中・高プライド・欲張りな姑と
ダラシナイ・鈍感・非主体性の3拍子揃ったらも父親の
この御二人がそれぞれのパワーを発揮してくれた。

こんな子供のような親子を抱えているらもママ(&らも)は
疲れ果てて殺されそうです。

本人には主体性が皆無なので、裏切ってるとか
家族を傷つけて悲しませてるとか、忘れちゃうみたい。
加えて、人に気を使うことも空気も読めなければ、
なるべく問題を直視したくないから逃げる。

らもは今度父親がなにか問題を起こしたら
ママを連れて家を出るつもりでいます。
そのことをパパには何度も脅しでなく本気で言っているにも拘らず
裏切られているから。
ママにとってこの環境が身体にいいとは思えないよ。
らもだって病気になりそうなくらい途方に暮れる。

子供に喧々囂々と泣きながら言われて
父親として恥かしくないんだろうか。
彼には父親としても夫としても自覚がないんだろうね。
タダの弱くて人に頼ってばっかのコドモ。

らもは、鈍感さとその非主体性からくる
父親の反省する心を改善する心意気の欠如に
怒りも呆れも通り越して、ただただ、
もう深く悲しませられるだけなんです。

それぞれの家庭にもそれぞれの人間性の問題はあると思うけど、
おばぁと父親には手の施しようがないくらいに
毎回毎回、奈落の底へ突き落とされます。

父親に裏切られた傷ってのは非常に大きく深いものです。

らもはしょっちゅう
ママと父親の間に入っては父親に言い聞かせている。

あぁ情けない両親。まともに話し合いもできないのだ。
父親はママにいわれっぱなし。何せ自分の意見などナイからね。
ママの言ってることも馬耳東風だろうね。
その場が早く終わればいいとか思ってるんだよ。

そしてなるべくおばぁのお世話もするようにしてる。
働き始めたらおばぁの世話は一挙にママにのしかかるから。
今の内だけでも・・・

年末に自分の父親を亡くしたママの負担を
少しでも減らしてあげたいんだよね。せめて4月まででも。

こういう状態は常にあるんだけど、
今回みたくピークに達した時には
らもの拠りどころであって欲しいさんちゃんとの
連絡がとれずにいると
まさにダブルパンチなわけなのよね。

らもだって甘えたいもん。
いっつも両親とおばぁへの気遣いばっかりで
本当はこんな家サッサカ出たいくらい。(ママを思うと出れないんだけど。)

家族に揉みくちゃにされて心身ともにボロボロだよ。



らもだって甘えたいんだよぉ・・


うぇーん・・


さんちゃんのばかーー


ろくでなしカゾクーーーーっっ

らもの思うコト | trackback(0) | comment(3) |


  2007/01/21 (Sun)
  意外と淡白気質な・・

平穏に暮しております。

さんちゃんは忙しいらしく、中々メールの返事もくれません。
まぁイイサ。
働け働けーーー

と思いつつも、やっぱり淋しい・・・

ちょっとさ、一日24時間働いてるわけじゃないんでしょ?
終電過ぎて帰るのかもしれないけど
タクシーの中でらも宛に一通したためてもいーんじゃありません?

たま~によこしたメールでこんなことが。

『返信遅くなりまして・・
 ごめんね仕事ができないノロマで・・』


『いいえコチラは大丈夫です。
 しかし・・
 この・・

 ノロマがっっ( ゚曲゚)!!!』


と怒りをぶつけていてもさ、
やっぱ会いたいじゃない?

しかも会えないくらい時間ないらしいのに、
らもがDSのスーパーマリコちゃん全クリの自慢したら
徹夜で自分も全クリしてたりするし。

ちょっと・・・・
じゃったらメールの返事とか電話とかすれよ。


こうなったら強引に約束を取り付けるしかないと
らもはがんばった。ええ。がんばったよ!!

恋愛モラリズム | trackback(0) | comment(6) |


  2007/01/16 (Tue)
  色々見えてきた。

ケッコンどーのこーの考えるのから脱出しました。

あんな現実味ナイこと(らも達の間で)考えてたって
お肌に悪いだけよぉ ウフッ


・今のさんちゃんからの愛を大事にすること

・今の2人の時間を充実して過ごすこと

・今らもがやるべきことに集中すること


これを踏まえて日々を楽しく生きる方が
とっても生産的ですよね。
キモチ良く暮せるよね。

ウンウン。

そう思い始めたら、本当にさんちゃんのらもへのスキスキが
身に沁みて感じてね。


このひとホントにらものことスキなのねぇ・・・

このひとホントにらもがカワイクてしょうがないのねぇ・・・


てな具合に色々見えてくるわけなんです。えぇ。

えーじゃナイカ。ノロケさしてよ。

らもの思うコト | trackback(0) | comment(6) |


  2007/01/12 (Fri)
  残されたしワタシタチ

最近、自分のことも家族のことも友達のことも
いろいろと胸中巡るらもです。

といいつつさっきめたくそ太しクンなうんちでてスッキリ。詰まるかとおもったわ~


2泊3日で祖母の家にお泊りにいってきました。

祖父が亡くなってまだ四九日もたってなくて
葬儀後の雑務に追われる日々で忙しいながらも
祖父の為にゴハンを作ることも、
同伴で会合に出席することも、
代筆で書類を記入する事もなくなる現実は辛いだろうな。

クレジットカードや銀行の口座を
祖母名義に書き換える作業をしながら、涙を流していました。

祖父が逝ってから、歩く気になれなかった毎日の日課の散歩コース。
「らもちゃんとなら歩けそう。」とはじめて足を踏み入れてみました。

「ここでね、いつも座って休んでたの。」
「まだ丈夫だった時はここの階段も悠々と上がれたのよ。」
「このくらいのペースでね、そりゃゆっくりで・・・」
「私が先に進んじゃうとね、無理して早歩きして
 追いつこうとするんだから。」


などなど寂しそうに色々思い出したみたい。

らもは泣いたり、遺骨に話しかけたり、寂しそうにしている祖母に
なんて声をかけたらいいのか分からなくて。
気の利いた言葉がでてくればいいんだけど。
全ての言葉は今の祖母に無効な気がして。
ただ黙って聞くのみでした。それしかできないんだもん・・・

祖母は「らもちゃんが泊まりに来てくれてよかったわ。」
肩を抱いて言ってくれます。

さんちゃんから天皇の誕生日記念にもらったDSの脳トレで
大笑いして少し気が紛れたかな?

最近、さんちゃんが結婚観ゼロであることに異常に意識してしまうのは
やっぱり祖父の死があったからじゃないかなぁ
と思えてくるのね。

らもの思うコト | trackback(0) | comment(4) |


  2007/01/09 (Tue)
  プレゼントのおまけは…

タンカを切ってさんちゃんの家を飛び出し
8キロほどの道のりを歩いて帰った7日。

結局仲直りは出来たらもです。いい天気だね。

昨日の8日は友達Aと夕飯を食べたの。
中学の頃からのナカヨシ組の一人だけど2人きりで会うのは何年ぶり?

ゴハン食べながら話しまくったよ。

Aもさんちゃんのような(?)ワリとシッカリ者の彼氏(?)がいて
お互い彼氏を付き合っていく上で
似たような思いを感じることが昔から多くてね、
話のつきない共感の嵐の夜だった。

らもはもともと友達にさんちゃんとのことは話さない。
ケッコンの事とか胸中抱える悩みはあるものの、
基本的にはさんちゃんとは常にナカヨシだから
「最近どうなの~~?」ときかれても
「相変らずオジイチャンですわ。」と答えて終わらしてしまう。

『さんちゃんにケッコン観がゼロ故、もどかしい思いをしてイル。』
なんて、カッコワルイじゃん。
ホント見栄っ張りすな。

でも昨日は、Aになら話せるかなぁ、理解してくれるかなぁと思って
さんちゃんのケッコン観とか、
さんちゃんとの付き合いを親に言おうか言うまいかとか、
初めて打ち明けてみた。

Aはすごくよく聞いてくれて、理解してくれて、
本当に嬉しかった。

Aと別れた後、さんちゃんと会ってまた、ケッコンに関して
奈落の底に突き落とされるような彼の意志を目の当りにしたのだけど
昨夜はAにたくさん打ち明けられたことでスッキリしてるから
さほど大きなショックも受けず
傷ついて辛いちゃ辛いものの
淡々とさんちゃんの意志を静かに受け止められた。

さんちゃんとの日々 | trackback(0) | comment(5) |


  2007/01/08 (Mon)
  ちょっと反省

年末から年始はカナリなかよしだったらもとさんちゃん。

31日~1日:イルミネーションを見にいって
      明け方まで一緒だったでしょ?
2日:夕方2時間ほど会って、お茶したりデパートの初売りみたり。
3日:×
4日:さんちゃん仕事。夜から会ってお泊り。(姫初め(・∀・)b)
5日:昼間にゴソゴソ起きて街へ繰り出しらものアウター探し。
   さんちゃん夕方から職場へ行く予定が結局一緒に夕飯食べて
   夜中から自宅作業することに。
6日:昼間から会ってらものアウター探しに精を出し続ける。
   さんちゃん夜から仕事。


すごくない?

3日以外まいんちよ?

らもが自宅にいる時間とさんちゃんと手ぇつないでいる時間と
ドッチが長いかしら?てぐらい一緒にいるのよう?

年始からすんごいナカヨシ*:.。☆..。.(´∀`人)
そらブログ書くヒマもないですて。クスッ

そして昨日7日。

らもはとうとう望みのアウターを手に入れた!

最近らもとさんちゃんはスコーンづいてんのね。
(1週間前は親子丼づいてもいたけど)
でも簡単に食べれるスタバのスコーン(\210)はあんま美味しくない。

とゆうことで、
ヒマになるとキッチンに立ち尽くすオンナになるらもちゃん。
作りましたよーー。
愛するさんちゃんの為に。

ウマーーーァァススコーンをっ

そして砂糖ナシの生クリームも泡立てようと
動物性生クリーム脂肪分45%を購入!!

そして夜8時半くらいからさんちゃんとまた会う。
美味しく夕飯を一緒に食べて、さんちゃんちでデザートタイム。

DSでスーパーマリオしながら食べたよ。

「おいしーーーい!!」

といいながらスタバサイズのスコーンを3コも食べてくれた。
食後なのに・・・
嬉しかったなぁ。。

しかし事件はそのあと起きたわけです。

さんちゃんとの日々 | trackback(0) | comment(4) |


  2007/01/03 (Wed)
  2007年明けまして。

喪中につきオメデトウは言えませんが、
ミナサマ、どうぞ今年も宜しくお願いします。

さんちゃんとらもの日々を見守ってください。
そしてらものグチを聞いてくださいね(´ω`)



祖父の葬儀が終わって気付いたら年末でした…
ツリーもいつのまにか門松に変わってやんの。ヾ(´A`。)

祖父のことで滞ってた大掃除や年始のしたくを
集中4日でやりきりました。
らもパパもらも姉も仕事で忙しいので
らもママとらもでお雑煮と御節作りました。

らもはイイ嫁はんになりますぜ~~~(ノ´∀`*)ウホ。

喪中なのになんで御節やお雑煮作ってるかて?
それは同居してる父方の祖母がクセモノでしてね。
嫁(らもママ)の父が死んでも、自分自身は喪中じゃないからと
年末年始の行事は例年通り遂行を要望するのだ。

因みに自分は高齢故にチンと座っているのみ。

大掃除も窓拭きも料理もぜ~~~んぶママ!!+らも!!

祖父が死んだ時には弔いの意も伝えてこなかったね。あやつ。
お香典の金額ばっかり気にしてた。
挙句に「あたしは足腰悪いんだから葬儀に行けないのトーゼンでしょ」的な態度。

だれもアナタが来れるだなんて思ってないし、
無理に来いとも言わないよ。
でもママを気遣ったり、弔いの意を表してもいんでないの?

葬儀の2日間の自分の夕飯は誰が用意するのかを気にして、
決して「あたしはテキトーに店屋物でもとるから気にしないで」
とは言わない。
結局、近所の方が用意してくださる事になった。
でも葬儀の後帰宅したらも達への第一声は
葬儀について気を掛けるのではなく
「あの人のゴハンまずかったわ~~~~っ」という感想を言う。

ママが余りにも可哀相だよ…

あ、グチになっちゃた。

おばぁの事はいずれ書くつもりなのでまた今度。
我が家のおばぁはママ方の祖母とは対極に
自己中な見栄っ張りおばぁなのです。

そうそう、大晦日のこと書こうと思ってたんだ
忘れてたーーー(´Д`)

さんちゃんとの日々 | trackback(0) | comment(6) |


| TOP |

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード