--/--/-- (--)
  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


  2007/03/31 (Sat)
  テーマは香り

らもの最近のハヤリはチマタで言うアロマキャンドルてやつ。

今までそんな「癒し」なんて誰が求めてやるもんか。
なんて思って、売り場もお店も素通り。無関心。
無駄な買い物だと思ってた。

でもね。
友達んちに泊まりに行った時に友達がアロマキャンドル灯しててね、
香りのある空間てすっごいいい!てことを知ったの。
こ、、こりは「癒し」とかの次元ではない!!
自分の部屋がこんなに居心地のよい空間に変わるのか!!

と感激したのであります。

というコトで最近のらものテーマは香り。

卒業旅行も香りのメッカ(?)を訪れたこともあり、
イロイロ買い込んできました。

驚いたのは、香水のブランドが同時にアロマキャンドルもたくさん作っているということ。
もう一つは日本にいるときは香水といえばCHANELとかGUCCIとか
チマタで群がられてる洋服や鞄のブランドが作ってるものしか目に止まってなかったけど、
(日本がそういう売り方しかしてないからなんだけど)
“香水のブランド”ていうのは実は星の数ほどあるということ。
その創設者は“香りの博士”としてれっきとしたポジションがあるということ。

その香りの研究者であり、ブランドを築いた人たちが尊敬されてるのは
やっぱり香りのメッカだからだろうか。

注目して街を見るとけっこう売ってるのね。アロマキャンドル。
これだけ需要のある文化なんだわー。この国。
日本でも香を炊いたりするけど文化的習慣じゃない。  よね?
あ、実はお香のブランドとかあるのかすら?
らもが知らないだけ?

そして意外とアロマキャンドルてたけーの。 高!!
ローソク1個でこれかよ・・・と思うんだが、
これは研究者の敏感な鼻によって配合された賜物。
それぞれのブランド、商品にコダワリがてんこもりなのです。
そこでANNICK GOUTAL, diptyque, L'OCCITANE で計6コのキャンドルを購入。
持って帰ってくるの重かったす。

3つ目のL'OCCITANEは日本でも有名だと思うけど、
他の2つはその友達のお陰で知ったくらい今までのらもには無縁だったブランド。
さすがコダワリお持ちの香りのブランドだけあって、面白い香りがたっくさん!!
選びきれなかった!! 未だにアレも買っときゃ・・とか思っていたりしている。。
果物やお花の香りから、草木、野菜、はちみつ、クリスマスをイメージした香りまで。

というわけで眠る前にキャンドルに火を灯してみたりしてる最近のらもなのですが。
これらに火を灯すまでに部屋の模様替えやら掃除やらから始めたもんでね。
すごい気合の入ったサマなんですわ。
これまたシャレっ気が出ましてね。らもの部屋。
インテリアちっくに飾られてる。キャンドルたち。
意外にも?高いだけあって?すぐ溶けて無くなったりしないの!!
でもいずれ溶けるだろうし、空になったグラスは何かに使おう。

いい香り放って、部屋はキレイに片付いてるし、居心地が良くなった。
匂いによる精神的効果は・・・・・「ある」と認めざるをえない・・!
居心地がよくなることでリラックスできてるから。

しかしこれが「癒し」だとは断じて言いたくはないけど。



ちなみにらものお気に入りの香りは  サヤエンドウ。

スポンサーサイト

らもボーテ | trackback(0) | comment(2) |


  2007/03/30 (Fri)
  これからのあり方

入社式まであと3日。
卒業してから残りの時間をおしみなく遊び続けてます。

地元に帰ってしまう友達と会ったり、就活中の年下の友達に会ったり、
さんちゃんとはホボ毎日顔をあわせてる。

それはたった2時間のコーヒーだったりゴハンだけだったりだけど、
らもが就職したら昼間と夜には到底会えなくなるから
さんちゃんも時間を作ってくれてるみたい。
(さんちゃんの仕事もそんな忙しくない時期みたいだし。)

ところで。 友達と会ってて言われることといえばコレばっか。

「らも、さんちゃんとはどうなるの?」「結婚とかしないの?」

らもは答える。

さんちゃんは結婚をしたいともしたくないとも考えた事がないくらい
結婚観がゼロらしいから、結婚はしないだろうねぇ・・

「へぇ~・・・ でもさ・・・それって・・らも的には悲しくないの?
 らももさんちゃんと結婚したいとか思わないの?」


ウン。モチロンらもは思うよぉ~~
さんちゃんとの家族つくれたらどんなに楽しいかなって思う。
やっぱ悲しいよ。それをサラリと言われるのは。
でもらももやりたいことあるし、別に今すぐ結婚したいわけじゃないしね。
だから今のとこは別に問題視しないでおいてる。
でもいつか、そんな横柄な態度をサラリとらもに向けてたどんでん返しで
テメェ振ってやるからな!!  てもくろんでる。ひっそり。

「ぎゃっははは!!!
 アタシには耐えられないけど!!!らもも変だね~~
 そんだけさんちゃんていいの?
 長く付き合ってて他のオトコに惹かれることもなかったの?」


そもそも言い寄ってくれる殿方もイナイがな。。
でも男友達と遊んでても、新しく出会っても
やっぱりさんちゃんの脳ミソの魅力にはかなわないなぁって思うわ。
さんちゃんの価値観てさ、フラットでぶっとんでるから
常にらも自身の価値観がどーなってるかって振り返させられんの。
いかに自分が無自覚に価値観を構築してたか知らされんの。

「それってノロケなのか分かんないですけど・・・
 とにかくらもだけが惚れる“さんちゃん脳ミソ”なのね・・
 まぁ確かにかなりフラットにモノ見てるよね。さんちゃん。」




うん。 フラットすぎて辛い時あるけどね。 こっちは。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

そんな会話。

そのせいか、最近のらもは改めて、
さんちゃんとのあり方と自分自身を考えてしまう・・

らもの思うコト | trackback(0) | comment(2) |


  2007/03/27 (Tue)
  糖尿デブから解放されて。

帰国した日のことを今更ながら書こうと思います。

帰国の便は乗り継ぎアリのハードなものでしたが
一番ハードだったのは飛行機の中。
せっかく窓際取れたのに・・隣が欧米太りした日本人のオジサン(糖尿)。

せ・・・  せまい・・・

ね・・・   寝れない・・・

そんなに太ってる(間違いなく糖尿)なら
老後の一人旅満喫できる生活ならファーストクラスでもとりやがれ!でぶ!!

あーあ・・ 糖尿のくせにビール飲んじゃって・・・
パンにジャムたっぷりつけちゃって・・・
しかも残りのジャムまでスプーンで食べてるし。
あーあ・・ しっかり中間食のカップラーメンまで食べちゃって・・・

それでアータ、らもがオレンジジュース飲んでるの見て
「若いコはカロリー気にせずジュース飲めてイイネ~」だなんて言ってんじゃないよ。
らもは若いからジュース飲めるワケではないの!!
アータもそのビールとジャムとカップラーメンさえ摂らなきゃ
オレンジジュース10杯は軽く飲めんの!!

まぁカナリの知識と教養のある殿方だったので話は面白かった。

そして着いた日本!!
やっと糖尿でぶから解放!!
さんちゃんが迎えに来てるハズ!!

さんちゃんとの日々 | trackback(0) | comment(5) |


  2007/03/25 (Sun)
  大正ビジン。

こんにちは。

時差ボケが抜けないまま、お墓参りに卒業式をこなしました。

卒業式はみんな袴でベッピンで、ホレボレしちゃった。
らもも袴着たけれど。
ワタシ大正時代の美人?うふっ。
とばりにを極めましたな。
黒ロングの髪はアップ。
ブーツ履かずにぞうり。
ハイカラさんの紅緒ちゃんではなかったけれど。

でも着物っていいね。だーーーいすき。
髪の毛結ってもらってる時も気分サイコーー!!
いつか着付け教室に通いたい!!
今回は袴だけレンタルで、着物は母親のを着たんだけど
やっぱレンタルより柄やモノがいいすな。と思ったわ。他人の袴見て。

アイツの袴へーーーんなの!!
へーーーんな頭!!
へーーーんな柄!!
へーーーんな色!!
らものが絶対カワイイもんねーーー!!!

と横目で見ておもっていた。アタクシ。
うけけ。
卒業式ってのは誰もが自分が一番カアイイ!!と思ってるもんなのさっ
あれ?違います?
イヤイヤ、あれだけ時間かけてお金かけて準備してんだから
キレイにカアイクなんないと、それこそ納得いかないんだってば~

まぁ卒業式は涙もなくフツーに終わりました。
一番泣きそうになったのは、ママが送ってくれたメール。

「本当によく育ってくれたの一言につきます。
 らものまっすぐな気持ちと周りの人達の支えがあって
 今のらもがあるように思います。
 あなたの周りにいて関わった人達全てに感謝して式に臨んでね。」


らもがこの4年間、やりたいことやってとても充実した生活を送れたのは、
本当に周りの家族・友人・先生・さんちゃんのお陰。
そんな環境に自分があったことをすごく感謝してます。
「らもがその環境を作ったんでしょ。」という風にも考えられるけど
やっぱり一人じゃこんな風に過せなかったし、
こんな生活作れなかったもの。
心底そう思う。
みんなみんな、ありがとう。お世話になりました。

この4年間をムダにすることなく
自分の足で立っていられる人間にならなけりゃ。

卒業式の夜はさんちゃんと会ってゴハン食べた。(飲み会行カズ)
高校の卒業式も成人式の時も晴れ着見せられなかったから
今回は見せれてよかった。

「らもが社会人になるなってへーーーんなの。
 やめとけばぁ??」


なんて言ってきた。
イヤイヤ、誰もキミも養ってくれないんで。
ワタシ働きますよ?

女なめんなよ!!


旅行から帰国した日のコトはまたかきまーーす。

日々雑多 | trackback(0) | comment(6) |


  2007/03/20 (Tue)
  帰ってまいりましたー

約3週間の卒業旅行。
堪能してきました。
バックパッカーで小汚い3週間だったけど満足満足。

旅に出るとアジア人だと馬鹿にされてイライラしたり・・
同時に惨めになっちゃう自分も正直いたりして・・
でも、アホか!!アジア人のドコが可笑しいんじゃ!!
あーあ、あんな馬鹿にする奴らのに合わせて自分の品格下げて卑下して
ワザワザしょぼんとするなんてそれこそ馬鹿馬鹿しいワ。
と思い直して。
そしてその分、出会った人の親切さに心ホッコリしたり・・

異文化の中に入ると、人間の原点を見直すことが出来る気がするよ。

やっぱりナニがナンデモ大事なのはコミュニケーションだろう。と。

その為には道具になる言語能力が必要になるんだけどさ。
語学に長けているに越したことはナイんだけどさ。
でもでも、やっぱりどんな中身のあるコトを言えるかっていう
日々の自分が煮詰める脳ミソの熟成具合を問われる。
そこが一番キモだよ。

だから、ボキャ貧だろうが発音が悪かろうが、
熟成された脳ミソを持つ姿勢さえあって、
コミュニケーションを真剣にとる態度に出れば通じるはずだと。
相手は何かを感じ取ってくれようとすると。
キレたい時にゃ日本語でぶちまけたっていい。

とはいえ、語学が分かっていると旅が余計に面白くなるのは事実。
メニュウ見るのも、看板見るのも標識見るのも、
周りが何話してるか分かるだけで余計に面白い。充実する。

最終的な結論は、語学しなきゃなぁ。したいな。てのと、
それにともなって脳ミソの熟成を日々怠ることなく続けにゃ。
笑え。話せ。見る。読む。寝る。怒る。

そして毎度のように
人に感謝することはほんっとーーに大事だと今回も気付かされた。

もうすぐ卒業式よん。
あしたはおじいちゃんのお墓参りにいってきます。
まだ時差ボケあるけど、どーしても会いたいの。

らもの思うコト | trackback(0) | comment(4) |


| TOP |

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。