--/--/-- (--)
  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


  2007/04/30 (Mon)
  ふたりで出した結論

ずっと人間関係を続けていきたいなら、あることをするべきだなと思う。

それは、長い間いっしょにいながら相手の性質をキチンと理解すること。

別に新しいコトじゃない。ごく当たり前のコト。
でも意外と難しい。デキテルと思ってて実際デキナイと感じる。

それができれば、いくらその日たまたま相手が暴言を吐いたって
態度わるくたって、許容できるんじゃないか。
相手の根底にある人間性を見極めていられれば、
大抵のイライラも互いに許容できる。はず。

※彼氏/彼女が暴力ふるったり浮気するのに「ホントはイイヒトなのっ!!」っていう歪んだ許容は論外ですが。

例えば、その日たまたまさんちゃんが「一生結婚しないし。」って
ギャグ(本人曰く)を言ったとしても
らもはそれを真に受ける事なかろう。
さんちゃんはそんな風に回りくどくほのめかすようにもの言いを
しない人だから。


さんちゃんはらもに対して普段からこれ↑を物凄く努めてくれているのを感じる。
らもがいくらガサツな態度をとっても、
ワケワカラズ泣き喚いても大きくらもを捉えて許容してくれてる。

らもは…さんちゃんに対してそれ↑が出来ていないんじゃないかと思う。
自分の解釈のみで憤慨したり悲しくなったりしてるんじゃないかな。。
いわゆる“独りよがり性質”が濃いんだ。
ギャグの通じないタイプの困ったさんじゃん… と自分自身で呆れる。


さんちゃんの今回の言い分はまさにこれ↑で、
 
 普段のオレを見てて、こんな暴言だけ放って
 仄めかそうとする人間だと思ってんの???
 たとえ本気でらもと結婚したくないんならハッキリ言うはずだって!
 
というわけ。

でもらもの言い分としては、いくららもがギャグの通じないコマッタさんだとしても、
 
 最近は友達の結婚話をしては「オレは結婚は…」って感じで
 何回も色んな話されてたし…
 昔はよく「一緒に住みたいね」とか言い合ってたのに
 最近はそんな話てんでしなくなっちゃったし…
 なんか避けられてる気がしてたんだもん 

 それが真意だと思っちゃうじゃんかーーーーーっっっ

というわけ。



さんちゃんは

「ちょっと・・・・オレこのまま勘違いされて
 ヒドイ男のまま終わるのヤなんだけど!!!!!」

「・・・どーゆうこと?  」

「もうちょっとよくオレのこと分かってほしいよ
 ちゃんとくみ取ってみてよ
 それから別れるとか決めてみた方がいい気がするよ。。
 オレ納得いかないもん。

 もうちょっと付き合ってみたほうがいいんじゃない・・?」





らも自身の独りよがり。
それによるさんちゃんへの誤解。

今回の別れ話の理由において、らもにも反省すべき点は色々あった。
らもは一旦は切ろうとしたけど、
もうすこしさんちゃんと付き合っていって、
自分が相手に対する態度を改善できるようになりたいと思った。
そしてさんちゃんのことをもっと見て理解したいと思った。



らもとさんちゃんは
このまま付きあいつづけることを選びました。



さんちゃんは加えた。

「もう少し、自分の思ったことはなんでもいいから言ってみて。
 悪い事じゃないんだから
 らものいうコトだったらオレはなんでも聞きたいって言ったでしょ?」


なんで今まで溜め込んでたんだろう。ってその時思った。
こんなに膿が溜まるまで押さえつける必要は、さんちゃんに対してはなにもなかったことを今更気付くなんて愚か。
プライドなんてこのひとには必要ないんだわ。
プライドよりももっと寛い目で見るべきだったのに。
5年も付き合ってて、まだまだ知れてない。
もっともっと知りたいって気持ちが、
あの付き合い始めた時と同じ気持ちがまた蘇ってきた気がした。


新しいスタートを切ってみようと思います。




その日の2日後、出張から帰ってきて20日ぶりに会う。
今までと変わらない待ち合わせの仕方で、今までと同じカフェでコーヒーを飲む。

でも、全然味がちがいました。  新しい味でした。

スポンサーサイト

恋愛モラリズム | trackback(0) | comment(6) |


  2007/04/29 (Sun)
  プライド捨ててちょうだい。

別れたい。   別れて。


そう言ったら完全に最後になってしまう最後の札を出しちゃった。
そんな感じの、半ば諦めのような、ふっきれたような、
もうどうにでもなれーーー
こう思ってるんだらもはーーーー   って思いだった。

さんちゃんはきっと引きとめたりしないし、
スムーズに受け入れて、スムーズにバイバイするって思ってた。




「らも 別れたいの  ? 本当にそう思ってるの? 」




正直、この言葉で決意が揺らいだ…とゆうか、言葉に詰まったの。
だって本心を言えば別れたくないんだもん。
さんちゃんを大すきなのは本当だから。
でも一緒にいて思いやれないなら意味ないじゃない。
そもそもらもの「大すきなさんちゃん」て現実いなかったりするのか?
これはらものイメージ上の「大すきなさんちゃん」なのか?
もしそうだとしたら、らもってサイテーー。
どのさんちゃんを見て今まで付き合ってきたんだか。

こんな風に色々グチャグチャ思いを巡らせていたんだけど


「うん  ・・別れたい。。」 

「・・・そう。。  なんで? もうオレと付き合っていけない?」

「 さんちゃんの自然なままの感情による一言一言に傷つけられるの。
 あげくに…  お互いを思いやれなくなってるから。。」

「…まぁ 別れたい理由ってのは
  きっと一つの物事や事件に特化してるもんじゃないと思うから
 説明するのは   むずかしいよね・・。」

「うん… でも 今らもの言ったのは本当だよ。
 やっぱりケッコンの事とか、盛ってるからじゃなくて
 フツウに傷ついてた。常時言葉にして言わないらももダメダメなんだけど…
 でもね、普段は、お互いを思いやれてスキあっていられたから
 問題視してなかったんだよ。 でも  最近は
 思いやる事もできてなかったでしょ。。。」

「  …  そうだね …
 別れたいっていうのを ムリに引き止めたところで楽しいことは待ってないだろうし…」

「うん・・・まぁ そうだよね・・」

「じゃあ 別れようか・・・」


その時気付いた。らもはさんちゃんの本心聞いてない。
いくら引き止められることはなくとも(らもも引き止めて欲しくないし)
でも、受け入れられてオワリなんて消化不良だ。
そっちもプライド捨ててちょうだいよ。


「さんちゃんはどう思ってるの?  別れたい?」


「オレは・・・・   
    
      別れたくないよ。

 でも別れたいらもと付き合っても幸せじゃないのは明らかだから。」

この言葉を聞いて、正直 ホッ  とした自分がいた。
すぐさまそんな自分はつくづくアホだなと思ったけど。
情けないけど、ちょっと嬉しかったのは、ヒミツの本音。



そうしたら
さんちゃんは急にベラベラ話し出した。



「 てゆうかさ・・・

 オレの結婚観のことってなに?
   
 オレらもにずっと前から言ってるけど、
 オレは年齢とか周りが言うからとかの影響で
 『結婚したくて結婚』はしたくないんだって。
 『この人と結婚ていう制度を利用してみたい。楽しそう』
 って思えた人に会って初めてしたくなるんだと思うんだよ。」


「ウン… それは前から言ってたよね・・・」

「それがらもを傷つけてたの?
 それじゃあらもはオレが『そろそろ結婚したいから、らもちゃん結婚して』
 って言ってきたら嬉しいの?」

「そんなん嬉しいワケないじゃん。 
 さんちゃんがそのスタンスでいることは分かってるよ。
 それに、その点はらもも同じだもん。

 らもが傷つくのは違くてね、「一生結婚しませんよ」とか他人に言ったってことを
 シャーシャーとらもに告げるさんちゃんの態度。
 さんちゃんこそ、そんな態度とってらもが嬉しがると思ってるの?」


「つーーか それはギャグでしょーーーーぉ??????????
 オレが本気でらものことを足蹴にする扱いすると思ってんの???
 普段のオレみててソレ思うわけ?????」


「ギャグだとぉぉぉーーーー????

 なにそれっっっ

 『普段のオレ見てるだろうからギャグと見なしてくれ』なんて
 
 言葉足りないんだよっっ

 確かにさんちゃんは普段からコミュニケーションを大事に扱う人だよ。
 でもだからって言葉たりないのはやめてよねっっっ」








ああ…   なんだか変な方向になってきた・・・・




なに?


このひと、ギャグって・・・・? ・・・?

普段は何でも丁寧に何度も言うくせに
なんでコレに限ってギャグで片付けろ で、
普段のオレ見ててわかるでしょーー? なの??????






てれてんの ?





恋愛モラリズム | trackback(0) | comment(4) |


  2007/04/23 (Mon)
  プライドを捨てた

電話が鳴る音を携帯ごしに聞いていたら
不思議にも?必然的にも?今までの思い出が溢れかえってきた。

さんちゃんと付き合うことを決めた時、
12歳も年上の人と付き合うことは高校生のらもにとっては未知の世界に飛び込む感覚で、
もしかしたら騙されるのかもしれないし
すぐ終わる恋愛かもしれないと思った。
でも、その時はそんなことよりも、さんちゃんともっと話したくて、
もっと一緒にゴハン食べたくて、もっと一緒に笑いたいっていう気持ちの方が勝った。
どう転んだ結果になろうが、後悔しない。一緒にいてみたい。

周りの人に「つーか彼氏ロリコン?」とか
「12歳年上なんて絶対本気じゃないよからやめときなよー」と言われるのは
アル意味予想通り。そらそーだ。明らかにロリコンだろうに。

でもさんちゃんがらもに対する確かな気持ちを感じられていたから
そんなこと聞き流してた。
それは疑いや不安は驚くほどに取り除かれる程の
真剣にらもに向き合ってくれたり大切にしてくれる姿勢だった。

とは言え、逆にそれは、さんちゃんがケッコン観念ゼロであることと連結していて、
つまり、「ワタシは○歳だからそろそろ結婚してないと」という観念がゼロの様に
「ワタシが12歳年上だから高校生のらもと付き合うのは不自然だ」とは
思わないということ。

大衆観念に惑わされないシンプルな論理。
これにらもは救われていたと思うよ。
12コ下の学生だからとバカにされることもなく、居心地のよい楽しい生活を送れたんだもん。

そんな生活が、今この電話の末に、終わりになるかもしれない。

今はお互が思いやりをもてずにいるから。
ただ一緒にいたくて付き合い始めたのに、
一緒にいても思いやりをもてないのなら意味ないじゃん。

この生活が終わるというのは、何か大切なものを分かってて捨ててしまうような気もするけど
もしかしたら、自分とさんちゃんのこれからにはいいことなのかもしれないとも思っちゃう。
まだ迷ってる。
というか自分だけではこれは決められないよ。
だから話し合いたい。
始まりの時みたいに、後悔しないために、真意へ飛び込む。
さんちゃんはどう思ってるのか。
「別れ」という結論を出す・出るのを覚悟での電話。

ものすごい緊張。


恋愛モラリズム | trackback(0) | comment(6) |


  2007/04/22 (Sun)
  プライドを捨てる

今、らもはさんちゃんとの付き合いをどう思っているのか。

さんちゃんとくだらんコトで笑ったり、ふざけたり、人間観察したり、食べたり、
可愛がってもらったりなどの楽しいこと。
そして、キツイ物言い、汚い部屋(笑)、結婚観、頑固さ、淡白さなどの辛いこと。
この2つはどの男女関係にもある2面性だけれど、
らも達は楽しくて愛しい方が勝っていたから後者も許容できてた。
この2面はいずれも価値あるものだった。今までは。

でも今は、今この現状では後者が許容できなくなってる。
正直、笑ってる瞬間でも、可愛がられてる瞬間も、さんちゃんのらもに対する気持ちを疑っていて、
それを抱えたままだったの。

色々悩んだけど、さんちゃんの結婚観に執着するのはアホらしいと。
とにかくさんちゃんがらもを好きなのは確かなのだから
今を楽しむ、今のワタシタチの時間を大切にするって理解した。

でもそれは、たぶん、自分の不安な気持ちをさんちゃんにぶちまけるのが恐くて
真意をさんちゃんに問う勇気がなかっただけだったんじゃないかなぁ。

だって恥かしいし、惨めだし、
「ケッコンケッコン」て意識してばっかいる人間みたいでイヤだったんだもん。

そんなプライドを持っていました。

むしろそのプライドを肯定してた。そんくらい持ってて何が悪いんじゃ!!
女なめんなよ!って。

でも、こうやって連絡を取らなくなった今、
本気で別れたほうがお互い思いやりをもてずに喧嘩を繰り返して
イヤな気分にならずに済むんじゃないかと思うようになった今、
ちゃんと連絡とってケジメをつけたいと思い始めたの。

こんなに楽しく5年間付き合ってきたんだから、
終わる時はちゃんと終わりたい。このままズルズル自然消滅みたいなのはやだから。

最近ケンカばっかで、お互い思いやれなくて、
やなトコ突付き合うようなコミュニケーションしかとれていないこと。
正直に、結婚観のことで傷ついていて、さんちゃんとの関係に不信感をもっていたこと。
このことを話そうと思った。惨めでもいいや。プライドなんて捨ててしまえ。

それでさんちゃんの正直な気持ちを聞くんだ。
そのためならプライド捨ててやる。そのくらい真剣。
初めて考えた「さんちゃんとの別れ」は、そのくらい裸にならないと後悔すると思った。

それでも不信感が残るようなら別れを選ぼう。
もう変なワダカマリを一人で抱えるのはもう止めたい。



そう心に決めて、さんちゃんとコミュニケーションを投げてみようと
電話した。

それは出張先での夜で
明日仕事だし早く寝るべきなんだけど、居ても立ってもいられなくなって
20日ぶりにさんちゃんのメモリーを開いて
携帯のボタンを押した。

恋愛モラリズム | trackback(0) | comment(6) |


  2007/04/18 (Wed)
  どうしたいのか。

今後、さんちゃんとどうしたいのか。考えてみました。

きっとこのままだったら、さんちゃんから永遠に連絡は来ないでしょう。

さんちゃんは自分が悪いだなんて思ってない時は絶対連絡とってこないし、今回は本気でらもを見限ってるのかもね…

らもが連絡を取った場合、何て言う?

さんちゃんに謝って欲しいのか?
いんや、謝って欲しいとかいう次元じゃないよ。二週間以上連絡とってないんだし。

らもの言い分を言ってスッキリ元通り?
これだけスパンあけておいて、「スッキリ元通り」なんて出来るの?
これから付き合い続けていくとしても、
さんちゃんに結婚観ゼロとかの価値観で悲しむのがもういや。
常にさんちゃんとの未来に諦めをもって付き合ってゆくのは辛い。
キスしても手ぇつないでも、諦めるという悲しさが付きまとって
満たされないよ。
ウソでもいいからあんなこと言わないで欲しかったなぁ。
そしたら無邪気に楽しく付き合えたのにーーー   なんちって。


じゃあ別れる  ?


らもが今「別れたい」って言ったら「うんわかった。」って言うと思う。

それでおしまいになる。

絶対に「どうして?」「別れたくない」とか言わない。
思ってても言わない。今現在はもう思ってないかも知れないけど。。

でもやだ。さんちゃんの反応を試すような事はしたくないな。

でも気になる。
さんちゃんはらもと付き合い続ける事を今はどう思ってるのか。


さんちゃんはらもとどうなりたいのかなぁ?


別れたらもうさんちゃんとの復活はありえないだろうなぁ






いまごろ、やっと涙が出てきた次第です…

らもの思うコト | trackback(0) | comment(7) |


  2007/04/16 (Mon)
  涙は出ない。

さんちゃんと連絡がぷっつんして、まる二週間経ちました。

仕事が忙しいお陰で、思いつめてモンモンする隙間もなく、
ただただ、日がどんどん進んでいってる。

らものケータイは最近オヒマ。

無我夢中で仕事をこなして、一息つくまもなく新しいプロジェクトに参加する。
上司は早く現場を知って、らもの役割を身体で覚えて欲しいんだと。
大手企業じゃないからいわゆる『研修期間』なんてものはない。
そんな研修してるヒマがないくらい会社の人は忙しそう。
らももそれに喰い付いていく。
新人だからと簡単な仕事ばかりやらされるとかじゃなくて
ちゃんと考えさせられて行動取らされる仕事が与えられるのは有り難いけれど。。

仕事帰りの電車の中はもう身体は半分眠ってる状態。
大学に9時から行って、バイトを夜中までやってたのに比べたら
明らかに動き回ってる時間は少ない。
でも疲労がすごい。
やっぱり仕事する責任感を意識しすぎて緊張してるんだと思う。
仕事に対しての愚痴はまだない。

でもなんつーか、この気持ちをなんと言葉にしたらいいのやらわからないや。

日中ふとしたときに思う。

さんちゃんはどうしてるんだろうなぁ。

今年度からはじめることにしたアレはどんな感じなんだろう。

恋しくならない。    なんてことにはなってない。やっぱ恋しい。

ケンカの内容なんて実際もうどうでもよくなってきてて、
電話しようかな、なんて思う。 でも…

気持ちが薄れていると言えばそうだし、強がって意地を張り続けてると言えばそう。

前のらもだったらさんちゃんとケンカしたら泣いてモンモンしてたけど
今は涙も出ないくらい「さんちゃんとの不仲」に集中できないのかも。

働く彼氏や旦那サマがいかに家庭や彼女に淡白になるのかが今頃わかる。
もちろん賛同してるわけじゃなく、自分が働き始めてやっと余裕なくなる意味がわかったの。
それだけ。

らもは働く立場も、待つ立場も知っているなら、早く仲直りして、
自分は他と違う、ちゃんとやっていく姿勢をもちたいのに。。

今回のことは仲直りしたとしてもワダカマリとして残らないかな…

さんちゃんと一緒にいないことがどんどん平気になっていっちゃう。

さんちゃんはどうなんだろう。

きっとらもから連絡するまでしてこないだろうけど。。。

どう思ってるのかなぁ? 少しは淋しく思って恋しがったりしてくれてるのかなぁ?
なんてバカなこと考えてみたり。


支離滅裂な思いを密かに隠し抱えている今日この頃。


恋愛モラリズム | trackback(0) | comment(3) |


  2007/04/15 (Sun)
  独身・高所得の20代女子

今日は貴重なお休みの日。
女3人でちょっとお高めのレストランにランチをしにいったよ。
3人とも初任給もらう前からかなりフンパツしてますが。

 いいのよっ これで栄養とって来週もがんばるのさっ

なんて言ったりして、現代日本に溢れかえる独身・高所得の20代女子ぽくふるまってみせる。
いやいや、らも達はその道まっしぐらになること間違いなし。
むしろそれを望んでる。
 
 お金はいくらあっても足りない。
 どこそこ行きたい。 なにそれ食べたい。
 自分の欲しい物を自分で稼いで手に入れる。


このスタンスで仕事して遊んでいる部分は大いにある。

ワタシ達3人(らも・A・B)の会話はこんなかんじ。

A: そういやBって留学中の彼氏ともう1年以上続いてるよね。ながーー!!
   結婚とかの話はないの?

B: うーん…あるっちゃあるんだけど…
   彼氏2コ下の21じゃん?帰国するのが早くて5年後だとして、
   それからまず同棲したとして、もし合わないとなった時、
   アタシが28になるまで待たせておいて別れるなんて申し訳なくて出来ない
   みたいなこと言ってくんの。

らも: 心配してくれるのは分かるし有難い(?)けど…
    そんな先の罪悪を考えても今は無意味だよね。
    しかもなーーにが「申し訳ない」じゃ!!
    別に『28まで待ったのにヒドイ!!アタシの5年間返せ!!』なんて言うわけないじゃんね。

B: うん。もし別れることになったとしてもそんなこと言わない自信がアル。
A: だよね。そんな依存的なこと言うわけないじゃん。
   むしろそんなスタンスで付き合い続けないよね。
   でもさ、彼氏には罪悪感持たせるだけ持たしときなよーー せっかくだから☆

らも: そうだねっ せっかくだから罪意識すりこませときなよ☆
B: その方がヘタなことしてこないかもね☆
ABらも: わっはははははははははははh


なんて恐い会話。 なんて強気な会話。 そしてなんて不安定な会話なことか。

これはワタシタチの 『そうだったらラクなのに』 的な希望。
だって実際そんなに強くできてない。

Bはきっと、彼氏を待つのは淋しいしもどかしいし、
Aは彼氏がいたらなぁ欲しいなぁと思ってるし、
らもはさんちゃんとの関係がこの先どうなるか不安でいっぱいのはずなんだ。
素直じゃないんだワタシタチ。

でもね、こう思わないと、日常に押しつぶされてしまうの。

素直に聞き出せなくて、素直に甘えられなくて、素直に気持ちを言えなくて、
だから自分でガードつよくして ツン として生きるしかないみたい。

らもは昔の方がさんちゃんに何も考えず無償に甘えてた気がする。
今は有償。 なにかを期待してるのか、なにか不安を負っているのか。

淋しい女子たちなんです。

恋愛モラリズム | trackback(0) | comment(0) |


  2007/04/10 (Tue)
  文房具ダイスキ。

文房具好きなので、銀座伊○屋や東○ハンズ、MU○I、L○ft、大好きです。
その他海外のセレクトショップも好きだけれど、
わざわざ海外のものを高く日本で買う気はしないかな。
海外に行って買うわい。  
なんてセレ部発言してみたり。プへ。

勉強も、仕事も、使う道具一つでモチベーションが変わるの。
使い慣れてるボールペンの芯がつぶれてしまって
他のペンで代用してる時の筆記の汚さとヤル気なさといったら。
ルーズリーフだって、自分のお決まりのメーカーのじゃなきゃ嫌で、
忘れた日は、別の紙にテキトーにノートとって、後で書き直してたくらい。
変なトコにこだわるんだよねー。

だからさんちゃん選んだのか?

ところで。らもは最近オフィス通いなんてコトし始めたわけですが
オフィスってトコには事務用品で有名な通販会社
○ウネットやア○クルなんかのカタログがあるの。常駐。

「らもちゃん、これ見て必要なの選んで何でも注文してね。」



えええええ!!!!  いいーーんですかっっっ!!!!



社会人10日目のらもはまだ慣れません。。。

「経費で買える・払える」という感覚が。。。

「自分で払わなくても会社が払ってくれる。」
それは勤務上必要なものは会社が買うという論理のもので、
当たり前っちゃーそうなんだが、非常に気がひけるのだ。

らもは文房具は好きだけど、バンバカ買えるほどお金も無かったので
1本使い切ったら、1本買う。ボールペンのインクは¥68の詰め替え用!
みたいな感じのケチなんですね。しまり屋サンとも言う。

○ウネットやア○クルのカタログには
らもがヨダレを垂らさんばかりの文房具が業務用サイズ&量で売られてる。
「欲しいのなんでも買っていい」らしいけど…
いいのかな…
いーーんじゃねぇか?
欲しいの買ってもらって仕事のテンション上げれるし?





結局買ったのは名刺ホルダーだけでした。。
他の物は全てオフィス内の使われてない余りモノを利用することにしたの。
事務用品以前に、やっぱ会社ってトコロはゴミを大量に出すところで、
無駄になったプリントや資料で溢れかえってる。ヘドが出そうなくらい。
余ってる事務用品で使えるのがあるならソレ使うわ。らもはね。
新品にも惹かれるけど。


やっぱらもはエコな人間なのかしら~~~~?    キャキャキャ


それではまた明日から出張です。
やれやれ。オヤジ陣の酒に付き合うのも仕事並みに疲れるわ。。

日々雑多 | trackback(0) | comment(5) |


  2007/04/09 (Mon)
  頭から消えつつある・・・

ウチのオッサン さんちゃん。


なんか最近思い出していません。

1日に10回くらいは思い出すけどさ。   多。

いや、でも前は1日に1000回くらい思ってたからネ。   過多。


仕事覚えるので精一杯で、ついていくのに精一杯で、
どんなに緊張して集中するもんなのか、分かってきた。

やっと、世の中の働いてる人の大変さを知った気がする。
そしてらもの仕事がさんちゃんと同業チックなもので、
(らもは同じ事やらないけど、同じ部署の人はさんちゃんと同業なのよー)
だから、今ならさんちゃんの仕事の大変さがわかってきたの。

そして 自分が恥かしくなる…

そりゃさ、彼女からのメールにウツツぬかしてるバヤイじゃないよな。ウム。

ワガママ言って悪かったなぁ…
こんならもにお付き合いしていただいて本当に申し訳なかったなぁ…

相変らずさんちゃんとは連絡が途絶えているけれど、
こうやって改めて感謝してみたりして。

でもやっぱりらもから連絡する気が起きないの。

なぜ。

らもは自分の仕事のことでイッパイイッパイだからなのか…?
いや、それじゃぁホントに自分の事しか考えてないヤツじゃん。
さんちゃんはいくら疲れても会ってくれてたんだから。

いやいや、らもは自分の仕事の忙しさに便乗させて
さんちゃんとのこと考えるのもみ消してるな。やはし。

でも結果的に、さんちゃんと会わない生活に慣れてしまったわ。

きっとさんちゃんも同じだと思うけど…


この時代、この御時世、これまでもワタシらを思うと…




  自 然  消    滅     か   ?

    つーか   それ    って    どー  な  の  ?





あはは。

とりあえず遅れてた生理も来たことだし、
リセットダイエットでもしながら暮していよーっと。

卒業旅行から帰ってきてチョイと痩せたのにさっ
あっとゆうまにムチムチたんにもどってしまったわ。。。しょぼん。。
出張で飲まされ食わされるから私生活で節制しないとな。ウム。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


  2007/04/07 (Sat)
  社会人て・・・

大変なんですね。

らもは2日に入社して、コッソリ希望してた部署に配属されて
踊るような気持ちでいたワケなのですが
入社3日目にして上司にくっついてソッコー出張3泊4日。。。
本日、土曜日の夕方に帰宅であります。


ぐったり・・・・  (´Д`)


代休とか・・・?  く  れ  ま  せん   の  ??   (´Д`)
 

なーんて思うけど。
取れたりもするらしいけど、上司が働き続けてるのに取るわけなかろうに。

まぁいいのダ。
上司がみんなぶっ飛んでる部署で楽しいから。
とにかく仕事を覚えるのダ。

入社して3日目にして出張とはハードで疲れるんだけど、
普段飛び回っててオフィスにいない上司と密着して一緒にいれたから
お互いのことを知り合えたと思うの。
だから案外ラッキーなのかしらね。

でも自分の名刺も持ってないのに、この出張でクライアントの人々から
たくさん名刺もらってしまい。。。
なんか順番が違うような。。。
オフィスの電話取る仕事を覚えるよりも先にナマイキにも
クライアントから名刺をもらって仕事してるらもって。。。 あわわ

お金を稼ぐというのはホントに大変なコトなのだと心底思ってます。
そして、世の中のオジサマ達の働きぶりや飲みっぷりにも感心する次第です。
らもお酒弱いし嫌いなのに飲まされまくったーーーー・・・  げろり。


話し変わって、とにかくモノ入りです。
書類が折れずに入るくらいの大きなバックとか名刺入れとか。
お金がとぶよーー まだお給料もらってないのにーー

あ、でも悩んでたスーツは買わなくて正解でした。
そんなもの必要ない部署でした。
なーんか今まで通りのラクな服装で問題ナシって感じです。
上司からも入社初日に
「なんでスーツ着てんの?はよしまってしまいなさいね。
 ボクみたいなこんなんでええのよ。」 
  関西人で面白いの。
とか言われるくらいなんだよ。
でもジャケットくらいは買おうかなぁ。
ああああ おカネ・・・・



あ、

スーツ選んでる時にムカツクいちゃモンつけてきたうちのオッサンですか?

どーしてるかって?

なんか入社の日にイケシャーシャーとまたメールでお誘いしてきたので
冷たくお断りしました。

ゆえに、オッサンの消息は絶たれました。




さぁーー 明日は友達と花見だぁーーーー  わーいわーい



|゜∀゜)ノ らも
 

日々雑多 | trackback(0) | comment(4) |


  2007/04/01 (Sun)
  入社式前日に・・



単刀直ニゥに言って、喧嘩をしたということです。。




入社前日になにやってるんだか。
いや、その予兆は前からあったように思う。
というのも、ここ最近毎日のように顔をあわせていたらもとさんちゃん。
泊まりにいきまくったし、一緒に寝まくったし、手ぇつないであるきまくったし、
ゴハンも一緒に食べまくったし、エチだってたくさんした。

シカシナガラ 一緒にいすぎるとお互いイライラしてくるらしい。

お互いに疲れてくんのかな?
お互い、相手への思いやりが欠けてくる。
ちょっとした語弊がお互いをカチンとさせる。

さんちゃんの場合、らもが脳ミソ使わないで根拠ナシ発言した時、
でかい怒りを爆発させる。しかもシツコイ。
「ちょっとなにそれ。アナタちゃんと頭使って言ってんの?」って。

らもは頭が悪い。
話の展開をグチャグチャにする傾向がある。
自分の意見の根拠を突き止めてないあまりにそうなるんだと思う。
だから論点が一転も三転もしてしまう。  しょーもねーな 自分・・・

その都度さんちゃんをカチン・カチンとさせるわけなんです。。

ハァ~・・・

今回も同じパターンでね・・・
今日は会った時からお互いイラついてたから、素直に謝らない。
というのも、今日会う約束をしてて、らもは朝にさんちゃんを起こしたのに
奴は2度寝こきやがり、イケシャーシャーと14時くらいに連絡をよこしたのだ。
らもはその時、奴んちのすぐ近くにいたけど奴を迎えに行きはせず
そのまま一人で先に目的地まで行ってやった。寝坊にムカツいてたから。

置いてけぼり喰らったさんちゃんは、ナゼかヘソを曲げてフテ寝したという。
しかもらもから折れて1時間後に連絡してやったら、まだ自宅だという。
らもはまだソコで買い物がしたかったけどさんちゃんちの近くの町まで迎えに行った。
やっと会えたにも拘らず、お互いがお互いにムカついてた。
らもがお店で選んでたスーツをみるなり一言。
「なにこのデザイン?」
ですって。

らものムカつきは頂点に達する。
確かにさんちゃんをおいて先に行ったのはらものイジワルだけど
そもそもさんちゃんが寝坊したんじゃん!
しかもらもはこうやって家の近くの町まで戻ってきたじゃん!

無言のままカフェに入ってコーヒーを飲む。 気まじぃしコーヒーもまじぃ。
そこからある話題になり、またもや?いつもの如く?らもが
根拠のない無責任な発言をした。ら。さんちゃんカチンときて。

出ましたー。 「ちょっとなにそれ。アナタちゃんと頭使って言ってんの?」 が。

さんちゃんはカチンときた時、すぐに人を「アナタ」とか「アンタ」って呼ぶのがらもはイヤ。
すごい不愉快。人を名前で呼ぶことすら拒否なのか? と。
でも喧嘩の最中に「アナタって呼ぶのやめてよ!」と言うと
喧嘩の論点がズレ始めるので、らもは喧嘩後に言うようにしてた。

でも今日も言われた。 ので さすがに最中に言った。
「アナタって人のこと呼ぶのやめてって言ったでしょ!!」

でも事の発端はやはりらもの根拠ナシ発言にあるから攻め続けられた。
でもらもは寝坊されたこともあったので謝る気がなかった。
(今回の自分の発言はそこまで起こられる筋合いナシというのがらもの本音でもあったし。)

とにかく、すんごぉぉぉい不愉快で心外だった。
ので、 カフェから出て「どうする?」と聞いてきたさんちゃんに
「帰るよ。」と言い捨て、背中を向けて別れてきちゃった。
きっとさんちゃんもフツーにそのまま帰宅しただろう。

自分の頭悪い根拠ナシ発言にもホトホト呆れるし落ち込むけど
(その都度怒られてるからね・・・)
なんだか物言いのキツイさんちゃんと会話するのもホトホト疲れたわ・・・

つーか フツー自分で寝坊しといて更にフテ寝するか??!

腹いせにスーツではなくトレンチコート(¥130,000)買ってやろうかと思ったが
サイズがなく断念。
ザンネン。せっかく勢いづいてたのに・・・
買ってやろうてゆう気が次はいつ起こるかわからんのに・・・

一緒にいすぎるとお互いの思いやりが欠けてきて→傷つけあって→疲れる。

このパターンを、いい加減になくしたいんだけどね・・・
でももうイイッス。
しばらくイイッス。

さんちゃんとの日々 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。