--/--/-- (--)
  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


  2007/10/30 (Tue)
  牛丼人生


最近特に、さんちゃんのゴハンや身の回りのお世話をしてあげたいと
強く思うようになった。


ずっと一緒にいたいから、というよりかは、彼の食生活が非常に心配になってきた。
もう年なんだしさ。
そう。これはまったくもってらものお節介精神からくるもので
さんちゃんが望んでいるものではナイです。

だって

「 最近、深夜帰宅が多いから、夕飯は連日牛丼屋。 」

なんて発言を聞くととっても悲しくなる。
一緒にゴハン食べる人もいなくて、ただ胃袋を膨らますためだけに
連日牛丼屋だなんてさ。
美味しいもの作っておうちで待っててあげたい。
朝起こしてあげたい。

深夜まで仕事 → どっかで一人で外食 → 寝に帰るダケ
の毎日から“ 帰宅するリラックスさ ”を感じさせてあげたい。


だからこんな会話を切り出した。

「 一緒に暮そう? 」

「 え~~ らもは口ばっかだからなぁ 」

「 何その言い方。 そんな発言したことあった? 
  一緒に暮したくないかららものせいにしてスリ変えるんでしょう 」

「 一緒に暮すって同棲するってことでしょ? 
  実家で暮してるらもが同棲するってママやパパは承諾すると思ってるの? 」


・・・そりゃ 同棲なんて猛反対するような両親なのは確かだけど。。


「 同棲じゃなくてまずは一人暮からするのが先なんじゃないの? 」

「 さんちゃんはいっつもらもの状況から結論を導き出すけど
  さんちゃん自信の気持ちはどうなの?
  それがいっつも全然見えてこないよ。一緒に暮したくないんでしょ。 」

「 そんなわけないでしょ。
  でもね、同棲って流れがあるんだよ。
  もともと一人暮らし同士だとか、お互い地方出身だとか・・
  実家がココにあるらもにはちょっと難しいよ。 」


同棲をし始める環境ではないのも
らもが夢物語にうつつぬかしてるのも
乙女ちっくな妄想いだいているのも分かってる。

でも「ケッコン」という選択肢は一向に出てこないのか。
てゆうか。そこまで一緒に暮したくないんだねさんちゃんは。



一生汚い部屋で一人で暮して一人で病気になって死んじまえ。

いつかオマエなんかふってやる。

一人で毎晩牛丼でも喰ってろバカヤローーーー

スポンサーサイト

恋愛モラリズム | trackback(0) | comment(4) |


  2007/10/25 (Thu)
  さんちゃんパパになる。

セーリが1ヶ月遅れてたんですじつわ。



妊娠てことはナイのは明白なのだけれど、、、だけれど、、、
「 もしも 」 て場合もあるじゃない?

でもやっぱりありえないな。

だってセーリ遅れる原因も明白で。 
それは不覚にも仕事のストレスなのだけど。。


でもでも、健康診断で胸部レントゲン撮るとき

「 妊娠してる可能性はないですか?」 て聞かれ

「ぇ・・・・ ぇぇ。。 ナイれす。。。 」

と自信なさげに答える自分がいたり。。


さんちゃんにも報告はしていたので
ヤツも気にはなってたみたい。↓

「 セーリこないよ~~~ くっそー仕事のせいだ! 」
「 ・・・え? ナマでしましたっけ?中出ししましたっけ? 」
「 顔射はあれどナマも中出しも記憶にないわ。
  ちゃんと話し合ったでしょ! 」

「 でも・・・ 最近のらもお腹出てきたよ・・・? 」
「 それは肉です。 」



トカナントカ胸中を色々と巡っていたんですね。ここ最近。
でも晴れて昨日、来ました。

さんちゃんに「 セーリきたよ! 」なんて
嬉々と報告するのもシャクに障るので(ナゼか。)


「 さんちゃん。。。 お父さんになるのよ!オメデト!!」

て妊娠したフリしてみた。でも即答で

「 セーリきたんだね。 よかったねぇ。 」

て見透かされてたからさらにシャクに障った。(ナゼか。)


でも途中でらももしつこくウソ付き通してたから
「 ホントに病院いって検査したの・・? 」 とか聞いてきてたが。


つまんね。


「 なんでウソついてるって分かったの? 」

って聞いたら、さんちゃんは自信たっぷりにこう答えた。



「 ホントに妊娠だったら
  らもにはそんな話の切り出し方できないはずだから。 」



いざ妊娠したときは絶対この切出し方してやるっっ

日々雑多 | trackback(0) | comment(6) |


  2007/10/19 (Fri)
  罪悪感はあります。

本当は代休を貰おうと思ってた昨日。

ここ最近熱っぽいし、
スケジュール的にポッカリ空いていたので
たまりに溜まった休日出勤の代休を取ろうと思ってました。

が、チョコマカやることがあり結局出勤。



でも通勤中けっこう具合悪くなったので午前中だけ働いて早退する。


ここで不思議なのが早退すると決定した瞬間に
ワリと元気がでてくることだ。
(それは高熱まででてないからだがね。)


会社を出てさんちゃんにメール。


『熱のため今から早退。 一杯いかがすか?』

『いいですね。まだ自宅だから今からおいで。』


早く帰って寝ればいいのに、
合間ぬってでも、コーヒー一杯でも、
会いたいんです。


「うわーーホントに具合悪そうだね。」

会うなりそんなコメントをしたさんちゃんに
らもが食べる気のおきないお弁当を食べてもらう。

らもはややグッタリめで横になる。


そいでそのまま。。。。チョメチョメ。。。。




皆は働いてる昼間っから。
給料ドロボーしてるみたい。
罪悪感はあるのよ?
ホントよ?



なんでそーゆうコトする体力は残ってるんでしょうネェ。

さんちゃんとの日々 | trackback(0) | comment(3) |


  2007/10/08 (Mon)
  落ち着く と感じる時

あんまりにも気持ちよくて幸せで嬉しすぎるので
こんな質問をした。


さんちゃん、らもとエッチしててどんなこと感じる?コーフンする?

コーフンじゃないなぁ。。

コーフンしないの?

落ち着く。
らもとエッチしてると すっごく落ち着く。




大切な人に
「コーフンする時間」ではなく
「落ち着く時間」を与えられているということの方が
とても価値のあって、自分に自信を持てる。
らもにとっては。


大体同じ流れで、ヘンテツもなく、
(多分)普通のエッチしかしない私たちですが
お互いが落ち着ける時間。
最高に幸せな時間。


あの最高の言葉は一生わすれないわ さんちゃん。



恋愛モラリズム | trackback(0) | comment(6) |


  2007/10/03 (Wed)
  脳のくんれん。


なんのために勉強しなきゃいけないの?


勉強は  だいきらい。


しゅくだいも テストも めんどくせー。


こんな数式なんて明らかに人生には関係ないし。



そう思っていたワタシでした。
そのわりに高校からは一変、頑張りやサンでしたけど。


ともあれ、何のために勉強するのって・・・
「自分のためヨ。」とママは言っていましたが
「らもには必要ないよ。」ともちろん子供は思うわけで。


でもね、勉強できる環境があるならば
しといた方がいいよ。
と、最近激しく思う。


数学とか英語とか確かに実生活に直接は関係のない
分野の学問はやまほどあって、それをやらなきゃいけないのは
めんどいしつらいしだるいんだが

知識として、、というよりね。
色んな教科を通してね。

「数学的」「文学的」「倫理学的」「物理学的」な脳ミソの動かし方の

くんれん できるんだ。きっと。


そうすると、「騙されない人間」になるよ。

人ってのはちょっと知恵つくと悪くはたらくからね。

無知な人は、悪知恵マンに言いくるめられ、
新聞契約され、度を越えると、洗脳され水晶とか買わされる。
さらに度を越えると、ある人に崇拝して人生任しちゃうようになる。


こわいよーー かなり。






先日、免許更新にいって
駅前でソッコー騙され1000エン取られた らも です 。

日々雑多 | trackback(0) | comment(0) |


  2007/10/01 (Mon)
  活き活き生活のために

論点:生活を豊かにし、活き活きと暮していく方法とは
   一体どうすればよいのでしょうか。


「書くこと」は文字を持つ人間にとって、非常に大事なことだと思う。
「書くこと」は自分の思考を整理し、客観視できる手段であると同時に
創造性もあることから、自分の脳ミソの可能性を広げる事ができる。

とりわけ「書くこと」は嬉しい時よりも、孤独を感じた時に
される行為である確率が高いのではないだろうか。
何故かというと、孤独や絶望などの耐え切れない思いを消化(昇華?)してくれる行為だから。


では、らもは何でこんなにもブログを更新していなかったかって。

さんちゃんもらもも忙しすぎて会えていなくて、
淋しくて淋しくてたまらなくて。
でもそんな時に文章なんて書いたらウジウジしたことしか書けないなぁ
そんな文章書きたくないなぁ
かといってムリに明るい文章も書けないしなぁ

なんて思っていたらキーを打つ手が止まってしまった。

要するに、そんな時こそ「書くこと」をするべきなのに
その「書きたい欲」すら消え失せていた状態だったようで。。


さんちゃんと会えないのは、誰のせいでもなく、
誰かがイジワルなわけでもなく
らもも忙しくてさんちゃんも忙しかった。

さんちゃんも3日徹夜とか、
らもも14日連勤とか、
お互いヘトヘトになっていた。

上司に怒られてそれでも踏ん張って毎日をこなしてて
時々とっても虚しくなったりしてポロリとしたことも多々あって
気付いてみれば自分の誕生日以来、まともにさんちゃんに会っていないことに気付いて。

ああホントに好きな人にも会えない生活って
らもが望んでる生活なのかしら。。
こんなに働きづめである必要があるの?
自分の時間をなくしてまで?

留学してた時に会えなかったのは距離の問題だったけれど、
近くにいるのに時間の問題で会えないってどうゆうコトなんだろう。

そんな風に淋しく思ったりしていた。


時間的にも精神的にも自分にヨユウがなかったことから
PCを開けることすらもしなくなってた。
「気持ちや思考を綴る」ことすらできる体力がなかったし
綴る為に脳ミソを使うことが疲れすぎてて無理だった。

とっても貧しい脳ミソをしてたと思う。



でも、一昨日の土曜日にやっとさんちゃんに会えた時、
本当に元気をもらった。
本当にたくさん笑った。

この週末の二人の時間のために、働けるようなもんだ。
そう思った。

シンプルに自分の仕事捉えられるようになったら
シンプルにさんちゃんといることを楽しめるようになったら
自然と「書きたく」なった。




結論: 休日はとっても大切です。
    自分の時間を持ちましょう。
    好きな人と会いましょう。
    好きな人との間で、会って顔見て話すに勝る至福はない。

らもの思うコト | trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。