--/--/-- (--)
  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


  2008/06/21 (Sat)
  デートパターン

世の中の恋人たちには、それぞれのデートパターンがあると思います。
無意識のうちに、互いの趣向や生活パターンが融合して
自分たちのデートパターンが構築されていっているはず。

今日はさんちゃんとらもの週末デートパターンを一挙公開。 そんなに一挙ってほど無いが。


週末のデート。のんびり自宅で起床。のんびり準備をしつつ電話でさんちゃんを起こす。

家を出る時さんちゃんにまた電話。
(1)二度寝していたら怒る。 (2)シャワー浴びてたら上出来。 (3)もうすぐ出れる状態だったら合格。


ともかく電車3駅乗ってさんちゃんを迎えにゆく。(家近いんです。)
この時点で、いつもだいたい12:00~14:00の時間帯。

上記(3)の場合、最寄り駅で待ち合わせ。
車で迎えに来てもらい、まずは一杯飲みに出発。
簡単に済ますならスタバやタリーズ程度のコーヒーショップへ。
オナカも減っていたらカフェなど、とりあえずコーヒーが飲めるところへ。

こないだまでブームだったのが、おじいちゃんが集うような喫茶店へ行くこと。
モーニングの厚切りトーストをほおばりながらコーヒーを飲む。 
おいちいなぁ 厚切りトースト (´ω`)



上記(1)(2)の場合、駅を出たらパン屋さんでドーナツを、コーヒーショップでコーヒーを買う。

さんちゃん宅に着くと、たいていパンツイッチョでいるオッサンに食糧配給。
二人でもぐもぐ食べるのだが、大抵そこからエッチに発展してしまう。 ええ、真っ昼間に。

さんちゃんはせっかくシャワー浴びたのに汗まみれ。
らもはせっかくメイクしたのに落ちちゃう。

なんのこっちゃ。
結局(1)(2)の場合はデートの出発が16:00くらいになってしまうのであります。
もう日が暮れかけています。
多分ね、さんちゃんとらものエッチって長いんだと思うのよね。
なぜってイロイロするからっ☆

出不精のワタシタチは、いたって遠出などいたしません。
街に出てショッピングがいつもの流れ。
デパートや複合施設にもいくし、路面店が立ち並ぶ町にもいく。
あと電気街にも仕事用の機器を買いにゆきます。 
(こないだの事件はソコへ行こうと思っていた矢先の出来事で、さんちゃんが寝坊していなかったら事件に出くわしていたかもしれません。。)

ドライブが好きというわけではないが、ほとんど車移動。
このガソリン高騰の中、惜しみなくブンブン走っております。

そして夕食。 
さんちゃんちのキッチンは使われてないので100%外食。
わりと決まったお店のローテーションという感じ。 食の保守派といえましょう。

最後はやっぱりコーヒーで締め、帰路にたつのが23時半ごろ。


以上が 「今日は一日デートができたね♪」 という一日。
頻度としては、ワリと珍しい一日です。

大抵は、夕方にはバイバイしてさんちゃんは仕事へいく。
もしくは、朝の(昼の?)コーヒーだけ飲んで仕事へいく。
ハタマタ、夜にらもを送り届けてから仕事へいく。

さんちゃん曰く 「仕事をしなくていい日は一日もない」 だとか。
「いくらでも進めておくべき作業がある」 んだって。

要するに、仕事の時間を割いてらもを会う時間をつくっているというスタンスです。
ちょいとカチンともきますが、恩着せがましい物言いではないので許すとします。
らものために時間を割くのではなく、さんちゃん自身がらもと会いたいから
仕事の時間を割くということなんだそうだ。

とはいえ、IKEAいくとか、アウトレットいくとか、温泉行くとか、ディズニーランドいくとか
らも的に羨ましく思うプランは多々あるのです。
でもこんなんじゃ実現するのは難しいよね。。



思うことはたくさんあるにせよ、
これがさんちゃんとらもの、無理のないノンビリなデートパターン。

スポンサーサイト

恋愛モラリズム | trackback(0) | comment(0) |


  2008/06/14 (Sat)
  肉祭

今年も肉祭りを開催することになりました。



※肉祭【ニクマツリ】:らもがさんちゃんに肉三昧のリッチな食事をプレゼントするという
  年に一回の行事。さんちゃんへの感謝祭。



社会人になって初任給でご馳走したのがきっかけで、今年は2回目の開催となります。



肉のカタマリのみならず内臓もだいすきなさんちゃん。
ということで、今年は兼ねてから食べたがっていた、“アンドゥイエット”という、
内臓入りソーセージを食べれるお店をリサーチ。

なにを隠そう、このアンドゥイエットは、らもにとってゆかりのある土地のお料理なので、
そんじょそこらの中途半端なものじゃ納得できないのだ。

調べに調べて、やっとこさこじんまりとしたビストロを発見。
グルメ通の方のブログをみても、みなさん満足の好評なお店で、
気取らない本格的ガッツリな男らしい料理を作っているお店のよう。

いつも行き当たりばったりの食事で、予約してレストランへ行くなんてことから無縁の私たち。
年に1回くらいは前もって約束して、予約とってちょっとオシャレなディナーしたら
気分が上がるってもんです。

そして、ちょうど二人の記念日に肉祭を開催することにしました。なんてラッキー。うきうき。




「その日は記念日なので・・・」  

と予約した際に付け足した。
それは予約席を、いい場所にキープしてもらえないかな~というヨコシマな思いからだったんだが、

「何か特別なご用意などされますか?デザートのケーキなどで・・・」  

と違うポイントで気を使ってくれた店員さん。
しかし、さんちゃんはデザート食べない主義だし、そういう祝い方にはヤリガイがないのだ。
そもそも 記念日=祝う というアタマですらナイかも?

「え!いや、いいですいいです。二人だけのこじんまりとした感じで十分なので!
 スミマセンわざわざ!」

と、恥ずかしくなってしまい、せっかくの気遣いを丁寧にお断りした。
だったら記念日だなんて言わなきゃよかったと反省。


ともかく今年の肉祭の目的は、さんちゃんがらものゆかりの土地のお料理の味を知ってもらって、
美味しく食し、満足してくれること。

「何よりもアンドゥイエットを楽しみにしてますから!」

そういって電話を切った。



予約が取れたことをさんちゃんにメールで報告すると

「わーい。ステキよらもちゃん。タヨリになるわ。」

ですって。


マル6年、7年目を迎える今年の記念日までもうすぐ。

さんちゃんとの日々 | trackback(0) | comment(2) |


  2008/06/01 (Sun)
  結婚の条件

友達と久々に再会したらば、
彼と結婚する話が具体的に進み始めたという報告を受けて、ヨロコビの祝賀会食。
家族感覚でナカヨシの友達だから、双子の片割れが結婚するキブンだよ。

話の流れで一つ心理問題を投げられる。

「 結婚する相手に求める条件を4つあげて! 」

らもはうーーーんと悩んだあげく、

1、主体性
  (判断力・決断力のある人…借金しなさそう!)
2、舌が合うか
  (お酒が飲めないらもがOKで、高価高級じゃなくも美味しい食べ物が分かる人
   …家族はずーっと食卓を共にするんだから一緒に食事を楽しめる人じゃないと!)
3、会話
  (視点・価値観が面白いと思え、合う人
   …興味もてる会話じゃないと一緒の空間にはいられない!)

と言った。 そしたら最後に「 じゃあもう一つ4つ目あげるとしたら? 」と。

実はコレ、4つ目こそが本来思う条件になるんだとか。
一般的に「 結婚相手の条件 」と聞かれた時にすぐ出てくるのは
優しいとか、誠実とか性格全般、他は経済力とか、ルックスとか、顔とか
そういった分かりやすいアイコン的な、現実的な条件。(否定的な意味じゃないよ。)
でも、本当に自分が大事とする条件は、4つ目でやっと出てくる
という心理をついたテストなんだろう。

なんてこった。 らもは条件1~3さえも悩みまくって出したから4つ目はもう出てこなくて
「ルックス?good遺伝子?経済力?」 なんて頭によぎっていたんである。 全くの逆走ですが。
結局、また脳みそ絞って 思いやり と回答した気がする。

友達は、1優しさ 2誠実 3会話 ときて 4自分の力で生きていける(こうとする)人 
と言ったらしい。

友達はそんな自分に大反省をする。
「1~3は本当のこととはいえ、相手に求めることばっかな条件だなあ、
 唯一二人で一緒に築いていこうとするものって3ダケじゃん。
 結婚は二人でするものなのに。」

と。
「相手に求める条件」 て質問からして、この手の質問は、
相手にボールを投げるのみの 「投込み条件」 が出るのは当然だもの。
相手がどれだけの打率で打ち返してくれるバッターか、
駆け引きしながらできる限り剛速球(条件)を投げたい!

そもそも結婚自体、制度なんだし、お見合や政略結婚てモノも存在することからして
「条件に合った上での契約」 という要素はあるワケから、
らもは 「投込み条件」 だって正当性あると思うんだけどね。

だって赤の他人が家族になって衣食住共にするんだから条件立ててもいいとは思うのよ。
それくらい大変だし覚悟のいることってことだし。

でも条件満たしてりゃ100%永遠に幸せかってそれは当然違う。、
最終的には人と人のつながり次第、つまり 「キャッチボール」 が何よりも大事なんだということ。

そんなのみんな分かりきってるよね。
分かりきった上で 「やっぱりさ~結婚相手はお金持ってる人のがいいよ~~」 なんて、
自分の年収はサテオキ 「投込み条件」 出してみたりするのが楽しいのさっ

話は脱線したけども、結局何が言いたいかって、
大反省できるこの友達こそ、確実にステキな結婚ができるに違いない。 ということ。
そして彼氏(現)と一緒にキャッチボールのある幸せな生活を送れる人なんだと思う。

この心理テストさんちゃんにも今度してみよう。


あ~してくれ こ~してくれ のらもは当分結婚なんて不向きなんでしょうな。

らもの思うコト | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。