2009/11/27 (Fri)
  しょーもない女子なんだよ。

らもには幼馴染のアヤという子がいます。
もう20年近い付き合い。

家同士も仲良し。

らもが居なくても、アヤはらもんちにいてゴハン食べてたりする。
また逆も然り。

互いの家に行き来してくっちゃべる。
彼氏の話も、服の話も、美容の話も。 べらべらべらべら。。。。


一昨日、アヤがらもんちに来てお茶しながら雑誌をペラペラめくりつつ
あーだこーだと話をしていたら、話題は自然と互いの彼氏の話に。

らもは、普段は彼氏の話や悩みを話さないタイプなのだが、
その日はアヤに対して、心で思うままに、カッコつけることなく、しょーもない気持ちをぶち明ける。


そして、改めて分かった。

私たち、しょーもない女子なんだよ。  ってこと。2人とも。




「けっこん」


したくてしょーがないみたい。



「けっこん」 の 確約  が


欲しくて欲しくてしょーがないみたい。



けっこん にすがる、つまんない女子なのだ。





らもはさんちゃんに、「そんなに結婚したいの?」と呆れ顔される。
アヤは彼氏に「結婚?またその話?」と面倒臭そうに言われる。



おおおおお


不毛地帯をたどるわしら。



でも・・ らもが察するに、アヤの彼氏は、アヤとの結婚をちゃんと考えてる。
両親に紹介するとか、国家試験受かって仕事始まったらとか色々考えてるように伺えるもの。

その点、さんちゃんよりよっぽど希望がもてるのではないかしら。


てことは、不毛地帯たどってんのは   らもだけか  ?
















「男は、誰しもが結婚てものを絶対にしたがるもんじゃないよ。」  byさんちゃん





ワタシは・・・  仕事を探そう。

スポンサーサイト

らもの思うコト | trackback(0) | comment(0) |


  2009/11/17 (Tue)
  脱毛記録⑥

兼ねてから あすこ の部分を脱毛しております。




まさに  !!  前だけ残す  !!  ふんどし!!!   な状態。




とはいえ、たった1回の施術だけでは完全ツルツルにはなりません。
1か月くらいはツルツルが続くけど、眠っていた他の毛根くんがニョキニョキ生えてきて
あっちゅーまにもとのジャングルになります。。。



つい最近2回目の施術にいってまいりまんた。   めたくそ痛かったーーー
現在はレーザーにより死んだ毛根くんのお毛達が枯葉となり抜け落ちている時期。

1回目の施術のあと、たった1ケ月間とはいえ、ツルッツルになったらもの あすこ。


寒い。

なんだか ヒューヒュー と風を感じる。
ハゲてしまった方の寒さを感じる。
前だけ残しているとはいえ、子供の あすこ のようで恥ずかしい。


そして

生理の時期はとても楽です。
ムレなくて、清潔でいられるからとてもヨイ。

水着の時もラクチンでした。


そしてそして

さんちゃんの感想は。



大 絶 賛  !!!



「わーーーー ツルツルまんちーーー」 

「丸見え・・・・  かわいい・・・・」


と大喜び&大コーフンです。


触りやすく、舐めやすいんだとか。

毛がないと、舐めてる時はクチビルにチュウしてる感じだとか。

毛という邪魔なものがないと、入れやすいんだとか。  

それからというもの、69が大層お気に入り。




みなさまも、彼氏が喜びます。 大コーフンします。 ぜひお試しあれ。



しかしながら、この脱毛は、彼氏の名前を刺青で彫るくらいの行為かもしれません。
別れてしまったあと、次の新しい彼氏になんと言い訳をすべきか。。。

でもでも、最近の女の子はしてる人結構多いらしいです。 クリニックの人の営業トークかもしれんが。

らもの周りの友達も2~3人はしてるっていうし、そんな珍しいことじゃなくなってるよね。


ただし、 激 痛いので。 覚悟を。

らもボーテ | trackback(0) | comment(0) |


  2009/11/09 (Mon)
  逆プロポーズってどうなんでしょう。

よい秋晴れが続いてよい季節です。

そんな昨日の日曜日、さんちゃんとのデートに、ニットのケープを着て出かけた。
(15年前にオバサンがどっかの国に旅行行ったオミヤゲなんだけど流行り廃りのないものは長持ちするよね。)

ニットケープって、冬アイテムだけれど、真冬になんて寒くて着れやしまてん。
この時期限定。
この時期逃したら来年まで着れない。

昨日の気候にはバッチコイなアイテムでした。 ぬくぬく~~




会ってまずコーヒーをタリーズで一杯。
らもはタリーズで毎月配布されてるフリーペーパー「ジェイヌード」を楽しみに読んでるんだけど
昨日読んだ号の中の連載コラムのテーマが


「逆プロポーズ」


『結婚したくないわけじゃないけどしたいとも思わない』 という男性が多い昨今
「逆プロポーズ」ってどうなの?という検証をしている。

例によっては鳩山幸夫人や、夏目雅子さんの「逆プロポーズ」伝説まで掘り起こし
「逆プロポーズできる女性」のタイプまで分析。


ここからは、らもの主観的分析ですが。

逆プロポーズが成功するキャラって絶対あると思うんだよね。
なんてゆうか、イノセンスなキャラっていうのかしら。
こんな大胆な発言してもそれでも愛される、もしくは逆にもっと愛されてしまう魅力的な人。

仕事もできて自立してる女性か否かが問題ではないと思うんだよね。

駆け引きせず、決してブリっこではなく、決してガっついていない、
そんな自然体な内面を持つ人は、非常に愛くるしいよね。

稀少な存在だと思います。

だから誰しもが逆プロポーズしたところで成功するとは限りませんと思うのね。



はて、ワテラの場合はいかがでしょう。

らもは、自分の性格上駆け引きが得意な性分ではないから大胆なことも言える。と思う…
でもワタシには「イノセンス」な愛くるしさは皆無です。
恐くて恐くてしょうがありません。

一方、さんちゃんの性格上、きっと彼はこういう「逆プロポーズ」を
面白がってくれるに違いないでしょう。

「らもカワイイ~~~ そんなこと言ってくれて。」 とケラケラ笑うでしょう。

問題はその後。
さんちゃんは本気で受け止めてくれるのか。
ちゃんと具体的な話として発展できるのか、そこらへんの真意がさんちゃんから
未だ読み取れておりません。

それが恐いのだ。

「らもとケッコンしたら、きっと楽しいよ

と可愛く&積極的に言えるのは、さんちゃんが「Yes」と言ってくれるのを
確信している状況が前提としないと辛いす。
結局スルーされたらどうしよう・・・とかを考えるとホントに辛いと思ってしまう小心者。

まだまだ、ビビり性分の方が勝っているという状況です。

だからいっつも結婚に関してはリスクヘッジして、ふざけて冗談ぽく話して、
本気感ゼロにしてしまうんだ。



あと、らもとしては、結婚観のないさんちゃんだからこそ、
さんちゃんからのプロポーズに価値がある気がしてさっっ

なんて・・・受け身な自分への言い訳です。



受け身であるべからず。
自分の人生を切り開くのは自分だ。
能動的に。


なんてよく聞く言葉。

わかってるけどさ~~~~・・・  わかってるんだけれどもさ~~~・・・・



逆プロポーズはこんなビビリ者にはハードル高すぎです。

生きるのってめんどくせーーー

グダグダ。





恋愛モラリズム | trackback(0) | comment(0) |


  2009/11/04 (Wed)
  らもの匂いがする!!


香水とかってつけますか?

らもはそこそこ好きで、いくつか持っています。
以前書いたけれど、アロマキャンドルとかも好きです。 →過去記事
海外にいくと面白いのがいっぱいあって必ず買います。
こないだハワイに行ったときもTOCCAのアロマキャンドルのCleopatra と Isabella を買いました。
すっごいいい匂い~~~



仕事の時はつけません。
営業職だったのでクライアントに会う時に匂いをプンプンさせるのがイヤらしくて嫌いだったの。

フツウ、営業って、対人を気遣い香水をつける人多いよね。
特に男性では、男臭さや汗臭さを気にして香水つける人いるし。
たまにつけ過ぎで窒息しそうな人いるけどな。

「花粉症で鼻が効かなくて…」なんて言って鼻をグシュグシュさせながら我が家に来た保険会社営業マン(若者)は
ホントに鼻がおバカさんになっちゃったんだろう。
スゲーーーー臭かった。 



自分自身の場合、何となく、若いペーペーの営業女子が匂いさせるってのが
イヤラシイ感じがしてしまって、つけてなかったんだけれど、休日はチョイチョイつけます。
お気に入りは ANICK GOUTAL の Petite cherie
洋ナシの匂いがホンノリしてよいニホイです。

さんちゃんも付けます。
男臭いのでなく、石鹸の匂いがホンノリするやつとか。
最近のお気に入りはCLEANのやつらしい。
日本の老舗、WAKABAが出してるやつで、コットンとかシャボンの匂いがよい。
らももハンドクリーム持ってるよ。


そんなわけで、たまに2人でフレグランスを物色したりします。
クンカクンカしてあーだこーだ言い合うのは楽ちい。


「らもーー これイイ匂い!!これ買おうよ!!」

と言って、先日さんちゃんがらもに勧めてきたのは
Chloeのオードトワレでした。

匂い良し。 ボトルかわゆし。 でチマタで大人気のChloeちゃん。
みんな付けてるからな~と敢えて避けていた品だけど、
確かに、ホントにイイものなのです。

「ローズの香りって言っても強くなくて、不思議な匂いだねぇ。
 しかもChloeだし。
 ボトルもかわいいね。
 らもつけて!!!」

さんちゃんがそんなにお気に入りならば、ということで買いました。


その翌日。
メールが届きました。



「今日、電車の中で、らもの匂いがしたのでらもがいるのか?!と思って
 振り返ったら違う人でした。」


そりゃそうでしょう。
だって大人気の香水ですもの。


また数日後。
こんなメールが。


「今日、電車の中で、らもの匂いがしたのでらもがいるのか?!と思って
 振り返ったらまた違う人でした。」


そりゃそうでしょう。
だって大人気の香水ですもの。


この商品が売れまくってることを知らないさんちゃんは、
今後も街中でこのChloeの香りがする度に振り返り、
一喜一憂し、忙しい日々を送ることでしょう。

面白いので、逐一してくるこの報告をしばらく楽しんでいます。

さんちゃんとの日々 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード