--/--/-- (--)
  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


  2011/03/17 (Thu)
  地震記録 03

そわそわ
そわそわ


風が強くて寒くて、手がかじかむ。

コンビニでは温かい飲み物が完売。 肉まん大売れ。 棚には物がない。

人々の購買行動が、更なる購買行動をあおり、ずいぶん滑稽な状況になっている。

異様だよ。


いやいやいやいや。  異様な状況にこれから陥るのは ワタシ  。。。

さんちゃんと、さんちゃん母と、ワタシ。。。

てゆうか、さんちゃんはお母さんに、どんな風にらもをピックアップするって言ったんだろう。

どんな風に車に乗り込めばよいのかしら。。。

自己紹介・・?

えーーーー はーーーー 


ぐるぐる ぐるぐる。 余計な心配が頭の中に。


こんな時に、こんな余計なことばっか考えるなんて、我ながら本当に阿呆だと思うのですが、
でもね、9年も付き合ってて、一度も会ったことも無く、
ましてや、自分の存在すら知りもしなかったさんちゃんの家族。
らもはずっとお会いしてみたいとは思っていたけど、
さんちゃんがそういうの必要としない人だったから、会うことはなかった。

敢えて会う機会をつくるなんて、さんちゃんにとっては不自然で、
このように必然的な事態ならば、会わせることをちっとも厭わない。
何ともサラリとした態度。



でも考えよう考えよう。

別に付き合ってるわけじゃないし ?

そうです。

私は 友人その1 だから。 何も悶々考えることはないのだ。




やっと気持ちがまとまったところへ、見慣れた車が向こうからやってくる。

運転席にはいつものオッサン。
助手席にはお母さんらしき女性。

お母さんがどんなお顔をされてる方だとか、じっくり見ることなんてする間もなく
速やかに車の後部座席に乗り込む。

乗るやいなや



「こんな事態に、わざわざ申し訳ありません! 本当にありがとうございます! あ、らもです!」



漫才が始まるみたいな挨拶で始めてしまった。。

  語順 おかしくね  ?   もういいの。。



どうやら、さんちゃんと同じ学校出身の学年が違うコ、というコトまでは
説明を受けていたらしいさんちゃん母。
学年差12コという最大ポイントについては曖昧で。(笑)

お母さんは穏やかな感じで、口数が多いわけでもなく、
3人でフツーに会話が進んだ。
地震の時どんなだったかとか、とか、とか。

しかし、らも自身について何も聞かれることも特にあるわけ無く(笑)

なんつーか、 さんちゃんの母だなー って感じ?(笑)

さんちゃんがこんな風に育ったのが分かるわー みたいな(笑)

余計な情報にキョーミないっていうか。
甘みアッサリ みたいな。

うちのママだったら、どういう知り合いなのかとか、どこに住んでるのとか
ベラベラと色々聞きまくるタイプなんだが、マイペースで全く違うタイプ!

別に嫌な感じでは全くなかったのだが、
自分自身が緊張してて、居心地が良かったわけでもなかった。。。正直ね。。

さんちゃんは、らもの緊張をよそに、案の定マイペース。 ですよねー。

もっと会話をしたかったけど、顔を見ながらの会話じゃないし、しょうがないよね。

さんちゃん母のお顔も見れてないし、恐らく、さんちゃん母もらもの顔なんて
全然見えてないと思う。


ま!! 彼女でも何でもないし どーでも いーこと なんだがね !!!




そして、らも宅に到着。

「思ったより早くらもの家着いたねぇ」 って呼び捨てで言ったり、
何も言わずに、らもん家までの道のりをスイスイ運転して、裏道まで入っていたさんちゃん。

その慣れた感じ、コイツ日常から送り迎えしてるな的な感じ、丸出し。
不審に思われませんかね? ま、どーでもいいか。


「本当にありがとうございました! 本当に助かりました!」

とお礼を言ったまでは良かったのだが、
お母さんが、道中、お手洗いの心配をしていたことが気がかりだったせいで

「あ、よろしければウチのお手洗い行かれますか?」

とトンチンカンな提案を、最後の最後でしてしまった。。 もう死にたい。。


さんちゃん母。

「・・・・(ちょっと考えて)・・・ いや、大丈夫です。 うふふ。」

って断られちゃった☆

危機に瀕していない限り、初対面のコの家(しかも実家)でトイレなんて借りませんて。





自分の印象なんて、もういいの。もういいの。もういいの。

嫌な顔をせずに、らもをピックアップして送ってくださって、
ご自身も早くお家に帰りたかったことと思いますが、

「通り道だからいいのよ。 それにホラ、裏道行ったからむしろ早く進んだし。 ふふ。」

と言ってくださったことが本当に有難かったです。

その後、さんちゃん母とさんちゃんは、大渋滞に巻き込まれ相当な時間がかかったものの、
無事に家にたどり着けたと聞き、安心しました。

無事であること、それだけでいいの。

本当に感謝しています。
ありがとうございました。



こういった災害時に、さんちゃんと運よく連絡がついて
さんちゃんに会えて心底ホっとした自分がいた。

自分の大切な人や、大切な人の家族が無事であることが
どんなに幸せなことであるか、身にしみて感じます。

そして助け合いが生む「安心さ」が、精神安定を保たせてくれて
頑張れるエネルギーとなる。

ライフ・イズ・ビューティフルで描かれたような極限事態じゃないけれど、
少なからず、「愛」の成せる力の大きさを知りました。

回線がパンク状態の中、
さんちゃんと電話が通じ続けられたのは「愛の力」じゃなくて
ただ運がよかっただけだけど、

あの日、やっぱり、そこに「愛」はあったような。

そんな気がするんです。

スポンサーサイト

さんちゃんとの日々 | trackback(0) | comment(0) |


  2011/03/15 (Tue)
  地震記録 02

オッサンよ。人が心配してるのにそんな反応ないだろうが。

「オレらよりも、生きるか死ぬかで大変なのは現地の人だよ?」

ですって。
ハイハイ。そのとーりです。 でも心配だったんだもん。


電車が止まってるから、徒歩で帰ると言ったら

「オレ車だから迎えに行ってあげるよ。
 でも道混んでるから、らもが歩いた方が早く家に着くかもしれないけど。」 と。


有難いことにそんなご提案をくださって、一旦電話を切る。



この災害のさなか、元カレのその優しさに、正直、嬉しくて。
私は、やっぱりまだ気持ちがさんちゃんにあることを、認めざるを得ない。。。




会社命令で18時には完全退社。

「じゃあ、あとでね。」と電話を切ったはいいけど、回線が混み合っててほぼ繋がらないー。

とりあえず、さんちゃんにかけ続けながら、家の方向にむかって歩き始める。

すると、かかるんですね。電話。
あれだけ混み合ってるのに、5分くらいで運よくかかるのよ。


「もしもし? あのさ、オレ、母親を迎えに行かなくちゃならなくなっちゃった。」

「あ、そーなの?それはお母さん優先で送迎してあげて!
 らもは徒歩でも帰れる距離だから大丈夫だよ。」

「いや、だから、母親をピックアップしたら、らもんとこに行くから。」



え ーーーーー。 あのーーーー・・・ 

さんちゃん母と車に同乗するてことですか・・・ ?



ワタシ、怖気づく。


「・・え、   いい。  いいよ。 迎えに来なくて。

 大変だし。 お母さんを早く送ってあげてよ。」


「なんで? 運転するのはオレだから別に大変じゃないよ。 じゃ後でね。」




よ り に よ っ て 、 今日、この日に。 初対面 ですか   。


付き合ってた9年間、一度も会うことがなかった、さんちゃんの家族。
らもの存在すら知りもしなかった、さんちゃんの家族。

そして別れた今になって  会うって。 

おーーーい。

いや、この災害時、余計な私情は排除すべきなんだけれど、、、けれど。




ミョ~~~~な緊張感を抱えながら一人黙々と歩く。


大通りは徒歩で帰宅する人たちでごった返し。道路は大渋滞。
まるで民族大移動のような感じ。

その波にのまれながら歩いていると、携帯が鳴る。

「今どこ? 今母親と会えたからそっち向かうね。」



ついに、、対面。

さんちゃんとの日々 | trackback(0) | comment(0) |


  2011/03/15 (Tue)
  地震記録 01

この地震の被害の大きさ、被災した方々のことを思うと、
自分がこうやって家で食事をし、眠れることの有難さを身に重く感じます。

幸い、らもの家族の安否は確認できています。
けれど、ニュースで様々な被害の光景を目の当たりにするたび、
被災者の方々の悲痛に言葉もでません。
そして自分たちの社会が受けた打撃に胸が痛み、今後の生活に不安がつのります。

こんなこと、何の足しにもならないけれど、

被災地の方々には心よりお見舞い申し上げます。

ということしか言えない。





とりあえず、自分が体験したことを書きとめようと思う。

地震が起きた時、らもはどうせいつものレベルだろうとポケ~としてたんだが、
その時、ナマズのよーな危険察知をした人が
「ヤバイよこれ!!逃げた方がいい!!」と即判断してくれたおかげで
早い段階で、会社の外に避難してました。

道路に避難してみると、周りのビルが、しなるようにグワングワン揺れてて
CGで作られた映像を見てるみたいだった。
地震の規模の大きさを初めて実感できた。

立ってられなかったもん。

区役所から警報がウゥ~~~~~って鳴ってて、
通りすがりの外国人観光客は泣いてた。

そら泣くよねぇ。。

それから1時間は余震が続いて、ずっとビルの外に出っぱなし。
慌てて避難したもんだから、薄着だし、携帯も何もないし。

そしてナゼか手にはパンプス片足にぎっておりましてね。 えぇ。
↑オフィスに置いてあったサンプルの靴。


まさか自分がこんなサザエさん的なことやっちゃうとはね。。

こんなんちっとも役にたたねーなーもー。
さむいーーー。

みたいな1時間でした。。


「え!!らもちゃん・・!! なんでパンプスーー!!」

と、社内の人から言われまくったのは言うまでもなく。



やっとビルに入れるも、壁にヒビが入ったり、オフィスの家具やモノがかなり落ちてた。
でも損害は大きくなかったので良かったです。

やっと手にした携帯。
ほんっっっとに回線が混み合ってて、誰とも連絡が取れなかった。
時間をかけてどうにかこうにか、家族の安否確認ができてホッとした。




そしてやっぱり気になるのは、、、さんちゃんの安否。




必死で電話かけ続けました。
不通でかからなくて、100回目くらいでやっと回線をキャッチ!

電話に出たさんちゃんは・・・


「・・・・もしもし。」


「・・もしもし。。? 生きてる?」


「・・まぁ、花粉で鼻詰まりすぎててほとんど死んでるよーなもんだけどね。」




おーーーーーーーーーーーーーーーーーい。


それかよ。


こっちは心配してんのに!
相変わらず可愛くない。

皮肉で始まった久々の電話でした。


さんちゃんとの日々 | trackback(0) | comment(0) |


  2011/03/10 (Thu)
  気になるアイス


ずっと気になっているアイスがある。



ちなみに、らもは普段からアイスが特別好きなわけではない。


でもこれは食べたい!と思っていたもの。

    ↓

chocolat strawberry

冬季限定のこの品。

アポロ好きのらもとしては、このショコラストロベリーは見逃せんのだ。


でも、冬って寒いじゃないですか。
別に冷たいものを欲さないんですよね。


そんなこんなで、冬季限定品の発売から早3ヶ月。

なんと、ハーゲンダッツ春の限定アイスの中吊り広告が目の前にドーンと登場したのだ。

らもがショコラストロベリーを心から欲する前に、春の限定品に入れ替わってしまうことが判明。


ハーゲンダッツは人の気分なんて待ってくれないのよね。
皮肉にも「消費者の気分」なんてものは、
いつの間にか彼らのプロモーションに合わせるように作られてしまっているんですよね。。


クスン。


その日の帰り道。
足早にコンビニに立ち寄り、念願のショコラストロベリーをゲット。

もちろん、まだアイスを食べたい気分になっていないのですが、ひとまず安心。

今は我が家の冷凍庫で大人しく眠っています。


早く暖かくなって心の底からアイスが食べたくなりますように。
食べるのが楽しみ。

らも食 | trackback(0) | comment(0) |


  2011/03/09 (Wed)
  書くこと

仕事で今後、外部に向けた文章を書くことが時折出てきそうな雲行きに・・・

というのも、下っ端のらもは、これまで携わることのなかったのだけど、
この度、部署の先輩や上司が産休やら休職やらで、有能な人員が欠けてしまうので
書く業務が課せられることとなった。

背に腹は代えられない・・・というか。
猫の手でも借りたいという状況なのよ。

こうやってブログではツラツラと自分勝手に綴っているけれど、
外部に向けた公的文章って、ほんと~~~~~に文章力が必要だと実感。

「訓練」てことで、ある商品の紹介文を任されたんだけど、ダメ出し連発 笑

「文章力が無い」だって 笑


主観的で良いとされるブログと、主観を排除しなければならない公的文章。

書くこと って、ほんとに難しいです。


まずは自分のボキャブラリーの乏しさに泣けてくるよね~~。

この26年間どんな活字に触れてきたかバレバレですわ。
恥ずかしい。


ま、ステップアップのチャンスをもらえたということで
真摯に取り組みたいと思います。

まずは考える・書く・読むをみっちりやろう。
自分が「書く立場」になったとたん、世の中にあふれるコピーの見方が変わってくる。

そして考えすぎず(←らもの悪いクセ)、シンプルに、書くべき軸をぶらさずに。



書く力がつくと、話す力もつく。

もっと自己表現が上手になれれば、何かいいことあるかもしれない。

少なくとも、この社会で生きやすくなるかもしれない。笑

らもの思うコト | trackback(0) | comment(0) |


  2011/03/06 (Sun)
  それでも人生は美しい ?【追記】

クリスチャン・ディオールのデザイナーをつとめる
ジョン・ガリアーノさんが差別発言によって
解雇されちゃいましたね。


そのニュースを聞いた時は

え??!解雇??!

とも思ったけど、

もともと差別発言で逮捕されてたくらいなのでディオールにとっては
彼の素行には常々頭を抱えてたんだろうな。



「自分は反ユダヤ主義じゃない」って本人は言ってるらしいけど、
無意識に出てしまっている「反ユダヤ的発言」てことでしょ?

それが一番タチわるいよねぇ。。



口論の末、相手を罵倒するために出てきた言葉がそういった差別的発言。

自分を守るために、他者を排除するよう無意識に働いてしまうんでしょうね。



前回の記事でも書きましたが、人間てホントに罪ですね。
本当に有能なファッションデザイナーのジョン・ガリアーノさんだって、ホント罪。

日常の些細な場面でも、相手を傷つける発言をして自己を守る行動に出てしまうことはたくさんある。

自分に優位性を持てると、人は安心するんですよね。

逆に言うと、フラットに無抵抗・無攻撃でいられることはほんと~~に難しい。
永遠に無理なんじゃないかな。
戦争もなくならないと思う。←話が大きくなりすぎた。



そんな中、パリはパリコレ真っ只中。
デザイナー不在の中、ディオールのショーが行われた。




ディオールの2011年秋冬コレクション



とてもとてもステキでした・・・


完全にらもの主観的感想だけれど、
本当にディオールらしい、美しいものばかりだったな。


これだけ魅了するコレクションを発表するジョン・ガリアーノさんの才能に改めて感動しました。


ショーの最後にいつもデザイナーがフロントロウのお客様に顔を出して挨拶するけど
今回はディオールのアトリエチームの人たちが白衣を着て登場したとか。
ユニークで面白かったです。
ま、ジョンさんだけじゃなくアトリエチームの人たちのショーでもあるわけだから、本人がいなくたって、これで充分なんだがね。


一方、本人のブランド『ジョン・ガリアーノ』のショーは中止みたい。

残念。

でもきっとお髭のジョンさん↓はまたファッション界に復活すること間違いない。
     john.jpg

どんなに罪なことしても、こんだけの才能を認められていて、
それを活かせるチャンスを与えられ、掴めるのだから
彼にとっても、「それでも人生は美しい」と思える日がきっとくるんだろうね。


それでいいんだろな。 人生って。



らもの思うコト | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。