--/--/-- (--)
  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


  2012/06/17 (Sun)
  「モテる」についての分析

らもに彼氏がいないことを気にしてか、
最近、周囲の色んな人が殿方を紹介してくれようとしたり
合コンをセッティングしてくれようとしたりする。

要はお節介ながらも「だいじょうぶかコイツ?」と思っているらしい。


「らもちゃん・・・モテないの・・・?」と。




冷静に、客観的に分析してみよう。

モテるってなんなのか?どういう現象なのか。



【モテる】(一般概念)
男性から「あのコかわいい」と好印象をもたれ、お誘いを受けたりすること。



客観的に自分を見てみるに、ワタシはモテないわけではない。
街中で声をかけられることだってある。 (過去にナンパに乗っかって散々な目にあいましたね。)

でもですね、変な人からしかかけられないんですね。 (過去のナンパの件も然り。)
そんなエピソードならたんまりとあるわけです。


つい最近のエピソード。

社内の男性からお誘いを受けた。


―メール―

彼 『らもさん、猫好き?』


らも 『フツウに好きですよ』 好きでもなければ嫌いでもない。という意味で。



で。これ ↓


彼 『最近、猫触ってないなー』


・・・・

えええええ??????

どんな話題のフリ方。

『あたしも最近猫触ってないんですぅ!』

ていう返信を期待してるのか・・・?

さんざん迷った挙句、当たり障りない、かなり優秀な内容を送信。



らも 『○○さん猫好きそうですよね。』 (自分はどうかということは、さて置いてみた。)



この当たり障りのなさが、奥手の彼を恐縮させてしまったのだろう。




彼 『一緒に猫触りに行くとかダメだよね・・・?』




・・・

そもそも「猫触りに行く」ってなに?
どこ行くの?
猫好きの男女ではあり得るんですか?


ここはハッキリ断った方がよいだろうということで。




らも 『すみません、わざわざ猫触りに行くほど猫すきじゃないです。』






おしまい。


モテるって、内容は色々です。。

スポンサーサイト

恋愛モラリズム | trackback(0) | comment(0) |


  2012/06/10 (Sun)
  結婚式三昧

5週連続で、結婚式やら二次会やらに行っています。


そう、そんなお年頃。

こんなにもお呼ばれするなんて、ワタシ友達こんなに多かったっけ?とびっくりしています。
さすがにお祝儀貧乏。
らも母は「呼ばれるうちが華よ。有難く行ってきなさい。」と言います。

そして、毎回ブーケトスに参加しては逃す・・・

まるで行く末を案じているかのよう。





結婚式って色んなスタイルがありますね。
みんな色んなことを考えて、「来賓に沢山楽しんでもらおう!」と準備しているのね。

ぶっちゃけ、自作自演じゃないですか。
「さあ!ワタシタチを祝って!」ってことでしょう?

でも、これだけ感動させてくれちゃうのは、(らもは毎度かならず泣きます。)
どんなカタチであれ、本人たちの想いが詰まってるからなんだよね。






こうも、立て続けに披露宴に参加してると、いい勉強になります。
食事内容・お酒の内容・お花などなど、ケチリ過ぎてもお金かけ過ぎても…な
「バランス大事!」みたいなのがありますよね。

人に時間とお金を割いて来て頂いて、もてなすわけだからね。



個人的に気になるのは、結婚式に便乗して他のお祝いをやること。

「新婦のお母様が、なんと昨日お誕生日を迎えられました!(←てゆうか昨日だし)
 ということで!
 お誕生日ケーキをご用意いたしました!!
 新婦お母様、前へどうぞ~~!!
 (誕生日ソングが流れる)
 さあ、ろうそくを消して下さい!!!」



はて。

この宴は何だったけ?  っていうね。

ワタシは新郎と新婦を祝いに来ているのであって、新婦母を祝いに来てないんですけど。。 っていう。



こんなことを言ったら、お祝いの場でとっても心の狭い女だと思われるでしょう。
しかも未婚の女だと分かれば尚更、ヒガミとも捉えられるでしょう。

でも、お祝いゴトで何でもかんでも祝いだしちゃうのは主題からズレるでしょ。

仕事だったら、この案はボツですよ。

「お祝いのテンション」が何でもかんでも「オーケー☆☆」にしちゃうところに
イラつくわけです。

でもブライダル業界で働いてた友人いわく
「結婚式は両家のお祝いなわけだから、新婦の母親の誕生日祝いをやっても別に変なことではない」んだとか。


そーなの??????

両家のお祝いに誕生日を介入させるのはOKなの?????????



ギモン・・・

もし、そんな提案をしてくる旦那だったら結婚できないかも。
「オマエ、そんな案出してくる時点で仕事できねーだろ!!!!!」って言いたくなる。








なーんてネ☆
相手できてから言えっていう ネ☆



ちなみに、らもがいつの日か誰かと結婚式を挙げるとしたら
ゴハンが確実に美味しいものを出せれば、それでいいです。

らもの思うコト | trackback(0) | comment(3) |


| TOP |

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。