--/--/-- (--)
  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


  2013/03/01 (Fri)
  闖入者に求婚される

付き合い始めたのが9月初旬。

指輪を探し始めたのが9月中旬。

ロードオブザリングが終了したのが10月下旬。

なんならその間、闖入者は海外出張に2回も行っているのだが、
わずか日本にいる間に、彼は精力的にらもとの関係性をぐんぐん濃いものに進めていった。


うちの家族にも会ったし、向こうの家族にも会った。
闖入者は、らもと出会って数か月たったころ、

「好きな子ができた。なんかピンとくるんだよね。
まだ付き合ってないけど、そういう関係になったら、たぶん行くところまで行くと思う。」

と自分の家族に言っていたそうです。
それ以来、家族に対して、寝ても覚めても「らもが」「らもに」「らもの」と
口を開けばらもの話ばっかりしてたんだとか。

まじでサム気がしますね。

なので、あちらの家族はらもと対面したときに、「これがあのらもちゃん!」という感じだったそう。



そんな感じで、ソッコー両家公認の仲に。
指輪を探していることも、オーダーしたことも、闖入者がらもと結婚したがっていることも周知となっていました。
でも、プロポーズはされていないっていう。

挙句、肝心のエンゲージリングの仕上がり日を知らされていなかったワタシ。

オーダーしたあのコがいつ仕上がるのかなぁ~そしたらプロポーズするつもりなのかしら~
なんてぼんやり思っていた。

わたし達の日常的な会話は、リングをオーダーした日から二人の人生の話が多かった。
仕事をどうやっていくか、子供のことも。
とかく闖入者という人物は、妻ができることで生まれる責任を全うすべく
仕事に対して意欲的になるし、向上心が生まれると。
ぜってーーー地位を築いてみせると。

これは口先だけのカッコつけじゃないな、ということが
これまでの闖入者の行動歴でお分かりだと思いますが、
わたしも同じように、この人なら本当に頑張ってくれるんだろうし、
こういう人のためならわたしも頑張れるな、付いて行けるなって思っていた。



その日は金曜日で、お互い実家暮らしゆえに週末はお泊りしようという約束をしていた日。
(お泊りって、ラブホですよラブホ。こんなに頻繁に御用達する日がくるなんて思ってなかった。)

21時くらいまでお互いセカセカ仕事して、待ち合わせしてゴハンをサクッと食べたいつも通りの夜。
そしてお泊りするのでラブホ街をフラフラ歩く。

特にコダワリも何もないのでいつも適当なところに入るのにその日に限って
「うーーん、ココじゃないな。。。 ココでもないな・・・」
と中々決めない闖入者。

ラブホなんてどこも一緒なんだからサッサと決めてくれよ…とじゃっかんイライラしてきたらも。


ら「何がそんなにダメなの?どこでもいーじゃん。
  あたしはそれよりも、このラブホ街を長時間ウロウロしてる方が恥ずかしいんですけど。怒」

闖「んーーーー・・・・そうだな、そうだな。じゃあいいか。ココにしよう」



あーーーもーーーー歩き疲れたし寒いし。と思いつつ、
部屋に入ってソファにだらーんと横たわっていた。

そしたら闖入者がソファの前にしゃがみこんで、らもの顔を覗き込んできた。
そして横たわるデブ主婦のような体勢だったらもを正すように起き上がらせてくる。

なんなのよーーう。こちら歩き疲れてるんですけど。と思い
ダラリとした体勢を改めないらもに、闖入者は話し始めた。



「あのさー、俺が働いてるこの業界ってさ、他の業界とちがって忙しい上に
 このご時世、上り詰めるところまで上りつめないと十分稼げないしさ、
 幸せになるには現状ほど遠いけどさ…」

「いや、それはさ~~~、前から言ってるけども、何を持って幸せとするかってことじゃん?
 それは人それぞれの価値観が違うからさぁ~」

と話をさえぎって意見するらも。この時体勢はもちろん横たわり主婦。



「いや、だからね、
 なんていうか、本当に、自分が稼いでらもに十分な生活をさせてあげられるだけの見通しが
 現段階では立ってるわけじゃないんだけど、
 それでも俺は死にもの狂いで仕事して、らもとの人生を充実させていきたいと思ってるよ。」



うんうん、とうなづきながらいつもの会話の調子で

「そうねーーー。まあさ、あなたの今の会社の場合さ…」

とまた意見しようとしたら





パカッ




と黒い四角い箱が目の前に差し出された。




「俺は何の確証もないけど、一生らもを守っていくし、絶対らもを幸せにする。
 それだけは自信があるよ。
 だから、結婚してくれる?」




横たわり主婦、やっと事態を把握し、身体をお越しでピシャンと背筋を伸ばす。

しかし言葉が出てこなかった。




「ね、らも。
 俺と結婚してくれる?」




うん。


うん。




と、うなづくしかできなかった。
感動して言葉に詰まる、とかそんなロマンチックなことではなく、
こういう時、どんなリアクションをとってよいか、単純にわからなかったのだ。

あれだけ横たわって、あーだこーだエラソーなご意見がツラツラ出てきてたのに。



やっと


「はぃ。」


って言葉だけが出てきた。

その言葉を聞いて闖入者がとてもにこにこしていた。


そして、指輪を取り出して、左手の薬指にはめてくれた。



このプロポーズの時間わずか1分ほど。

実感は当然のことながら湧かず、そんなに重要な出来事が起きた自覚もなく。

でも闖入者は人生最大の緊張と仕事を終えた気分になったのか

「はぁ~~~~~~~~~~~~~~~~…!!!!」

と脱力してベッドに横たわっていた。

「すげぇ緊張した~~~~・・・
 今日のオレ、とりあえずもう終了。」


どんな言葉を並べて、どんな風に言おうか、
闖入者のことだからたくさんたくさん考えていたに違いない。

そもそも、今日仕事を抜けてオーダー書の控えを取りにいったん家に帰り、
リングを受け取ってからさらにまた帰宅し、精巧な一眼レフでリングを一通り撮影したらしい。
(全部で2時間くらいのでやり遂げたとか・・・)

そんなバカさ加減も含め、彼がとてもとても真剣だったことがわかりました。

ニューヨーカーみたいに道端で膝まづいてのプロポーズではなく、
ラブホのソファの前にしゃがみこみ、横たわって寝そべる彼女にむかっての
へなちょこシチュエーションでしたが、
この左手の薬指にキラリと光るダイヤモンドは、
一点の曇りもない、透明な、闖入者の気持ちそのもの。

それがらもの手の中に収まっている。

「こいつはオレ自身」

なんだそうです。
ちがうけどな!笑



いただいたリングは毎日つけていて、そのまま仕事してるから
どうしてもリングの地金が傷ついてしまう。
それでもいいんですって。



そして11月中旬のこの日から、結婚準備が本格的スタートいたします。

スポンサーサイト

闖入者 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。