2015/07/23 (Thu)
  わたし、我儘で自分中心主義だった。

あれよあれよという間に、赤子は1歳をむかえました。

この1年、色々なことがあったなぁ。

らもが家庭にはいってからというもの、夫婦喧嘩は確実に増えたな。



闖入者からいつも言われること。

「なんでそうやっていつも言い方がキツイんだ?」
「何をしても文句を言われるんじゃないかとビクビクする」

そう、らもは恐妻らしいのだ。

なんでそんな風になってしまうんだろう。
もちろん、自分の物言いがキツくて相手を傷つけるだなんて、本望ではない。

わが身を振り返ってみると。。。
一生懸命綺麗にしてる家に荷物たくさん持ち帰ってきて占領するとか
掃除したてのキッチンで、油いっぱい&強火でジュンジュンバチバチ男料理されるとか
なんでこの日にこの服選ぶ?的なダサさとか
なんだか細々したところが許せず“お小言”が多いという自覚が実はある。

闖入者の性格的に、お小言多くて締め付けられると窮屈で嫌なのは理解しているんだけど、
どーーーーーしてもイライラしてお小言を放ってしまうのです。(しかも自分を棚に上げている。by闖入者)


「お前は基本的に男をバカにしている。信用してないだろ。」

とある日のケンカで闖入者に言われて気づかされました。



そうなのかもしれない。
らもは基本的に、男をバカだと見下している。
そして信用していない。

これが前提なんだきっと。  と、シンプルな結論に達した。

なんでこんな自分に出来あがったしまったのだろう。

考えていくと、そこには父とさんちゃんの存在が大きく影響していると気づいた。

イエスマンで主体性がなく、精神の弱さから遊びに逃げ借金グセのある実父。
母はそんな父にとても苦労させられてきた。
次いつまた借金するか分からない爆弾を抱えているようなものだ。

らもは父に「そういうことは止めて。」と、勇気を出して何度か言ったこともあった。

娘が父親に対しそういった類のことを言うということに、どれだけの勇気と辛さがいるだろうか。
けれどもそんな娘の想いを父本人は微塵も汲み取ることをしなかった。
意を決して、父に戻ってきてほしくて、平穏な家庭に戻りたい一心で起こした行動は拒否された。

「父親に無視される」ということがどれほどの裏切りと絶望にさいなまれるものか、身をもって知ってしまった。

幸運にも、らもはそれまで反抗期も特になくのほほんと平和に暮らせていたものだから
そのショックたるや凄くて、それ以降、父親のことは基本的に人間として好きじゃない。

学歴やスペックはそこそこあって、大企業に勤めてても、こんな人間性じゃ結婚生活だって幸せなものにならない。
その証拠が目の前にいる自分の両親なのだ。

加えてちょうどその当時、付き合っていたさんちゃんの「結婚しない主義」にもブチ当たっていて
本当に、結婚でなんだろう。
世の中の結婚で幸せなことなんてないんじゃないか?
世の結婚してる男はみんなこうなんじゃないか?
結婚したがる男ほど、自分の父親のように裏切るんじゃないか?
だったら最初から「結婚しない主義」のさんちゃんはむしろ誠意あるんじゃないか?
わたしは夢見る夢子か?

「結婚しない主義」のさんちゃんに対しては、
価値観に理解を示しつつも、内心ずっと期待して待っていた。
それは、一般女子にありがちの『わたしに対してだったら彼はいつか変わってくれるはず』という夢を見ていた。

らもはずっと気持ちを押し殺してずっと待っていた。
自分の気持ちを全部吐き出すのが怖かったし、可愛い自分でいたかったし、

でも一線を引かれたまま、その最後の距離を縮めてもらえることはなかった。
さんちゃんとらもの関係はプライベートだったけれど、
さんちゃんの本当のプライベートはさんちゃんだけのもので、
そこへ踏み込ませてはもらえず、2人で1つのプライベートを持つことは出来なかった。


大好きな人と家庭を作りたいという純粋な自分の気持ちと、目の当たりにする現実の狭間で
ずーーーっと悶々していたが、
最終的に、父親にも恋人にも『自分の切望』にたいし応えてはもらえないWパンチを食らったのだった。

期待値が高かった分、その残念な経験の重たさは今やらもの血となり肉となって身体にまとわりついている。

だから基本的に男に信用も期待もしない自分がいるのである。


でもさ、期待や切望を裏切られた(らも目線で)からって、そこまでになるか?
だって世の中思い通りにいかないことばっかりじゃん。
極端じゃないか?
と客観的に見て自問自答したところ、
らもはきっと我儘なんだろうな。というところに考えが至った。

我儘でキャパが狭いから、他人が信用できないのかもしれない。
つまり自分中心主義?ジコチュー?

この歳になって自分がどんな過去を持って愚かな人間なのか噛み砕いて
少しだけ知ることができて少しスッキリした。
何か一つの解明がされた感じ。

じゃあこれからどうするべきなのか。
このまま自分は寂しい奴のままで我儘に生きるのか。。

少なくとも、隣にいてくれる闖入者だけには信用を寄せたいと思う。
こんなどうしようもないわたしだけれど、
他の男性と違い、あなたの言うことや行動には信用を寄せられそうだから、
だから結婚したいと思ったんだよ。
あなたは私の中でそういう意味で特別です。

と、言葉にして相手に伝えてみたら自分も少しずつ変わるだろうか。


スポンサーサイト

恋愛モラリズム | trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード