--/--/-- (--)
  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


  2007/12/09 (Sun)
  芸能人に便乗

ずっとタイミングがなく切り出せなかった。

さんちゃんと付き合ってることを家族に明かすこと。




この5年間よく黙って過してたな~と自分でも感心しますが、
イチイチ嘘ついて外出するらもを疑わない母にも感心します。。


らも姉は、らもとさんちゃんが付き合い始めた当初から知っていたけれど、
なにせ当時は18歳の高校3年生。
12歳年上の彼氏ができました!て報告したら
親はこころよく思ってくれないだろうと思ってずっとヒミツにしてたの。

うちの両親はワリと保守的だから。

ただ、「さんちゃん」 というよく遊んでくれるオニイサン(オッサン)の
存在があるということは教えていた。
1年前とかにはその 「さんちゃん」 て人のことが
好きということも教えていた。
(らもの片思いという風に母は捉えていたと思う。)


というのも、前の彼氏と別れて5年以上もムスメに彼氏どころか
好きな人もできないなんて!!
とワリと気にしていたよーなので。。。

そらそーだよな。

「ねーねー らもちゃんっっ
 好きな人いないの?」

母よ。どんだけ気にしてんの。。
そんな質問に対して 「好きな人はいないよ。」 と答え続けるのに面倒になってきたので

「好きな人はさんちゃんだよ。」

と言ってみた。

「やっぱりそうかぁ そうだと思ってたよっ  (既にもう付き合ってるけどね。)
 でもさ、12歳上でしょう?頑張ってね。  (うん。もう付き合ってるけどね。)
 

「頑張ってね。」 が母の本心からなのかは分からないけど、
一応、ムスメの恋愛成就を願ってくれていたようだ。

大学を卒業してらもも社会人になれば
付き合ってることを明かしても、もう心配されないだろうと
いつ報告しようかとタイミングをはかっていたのだけど
らもとしても 「さんちゃんと付き合うことになったよ! (実は5年前からだけど。)」 
と言うのはナカナカこっぱずかしく、勇気の要ることで。。


今更、
あ~~ でもさんちゃんと付き合ってるって言ったら
「このコは近い将来ケッコンするに違いない!」
とか期待されかねないな~~~ 
そーなると面倒臭いな~~~~
とか思ったりして、ナンダカンダ就職してから半年以上経ってしまってた。



でも報告する日はある朝突然訪れるものだ。
そしてサラリと言ってしまえるものである。


「へーー阿○寛ケッコンだって!!
 へーーーー!!ラ○クのtetsuも!!」

なんて『歳の差婚』が騒がれるニュースを2人で見ていた直後、

「らもちゃん、今年の年末はまたお友達と一緒に過すの?」

という母の投げかけに対し

「いんや、さんちゃんと付き合うことになったから
 さんちゃんと年末は過すと思う。」
(ここ5年間も、ホントはさんちゃんと過してたんですがね。)

と答えた。

会話の流れ的に、自分はどーしてこのタイミングで
カミングアウトしようと判断したのかは
未だによく分からない。

でも芸能人のみなさんのメデタイ出来事に便乗させていただいたことは確かです。

「うっそーーーーっっっ!!
 さんちゃんはらもちゃんでOKしてくれたってこと??
 よかったね!!!
 なになに?どっちから告白したの?
 どーゆう流れで???」

母の反応は想像していた以上に嬉々としていた。
ムスメの片思いが実った(ことになっている)のだから当たり前なのでしょうか。

「どーゆう流れって・・・
 (5年も前だから覚えてないけど)どーやらさんちゃんもらものことが好きってことが分かったのよ。」

「えーーそれじゃ分かんないよ~
 それともなに! 告白じゃなくてもうプロポーズされたの!?」

「それは断じてナイです。
 ケッコンのケの字もナイです。(ココ重要)
 でも、さんちゃんはらものことが好きなんだって。(適当)」
 
「ふ~んそっかぁ。
 でも良かったね!!!」

「うん。」
 
「さんちゃんに 『うちのコ大事にしてね!』 って言っといて!!」

「うん分かった。言っとくよ。」


こんなにスンナリと母がムスメの恋愛事情を受け入れたのは
絶対に、世の中で 『歳の差婚』『歳の差恋愛』 が流行ってるとばかりに
市民権を得たことが起因しているような気がする。

ありがたいです。




後に、らもはさんちゃんにこう報告した。

「ママが 『うちのコ泣かしたら承知しないよ!』 って言ってたよ。」

ちがうやんけ。
いいのいいの。このくらいプレッシャーかけとけ。

オッサンは恐縮しながら

「ハイ。 承知しましたっ。 命に代えてでも!」 

と背筋を伸ばして答えていた。
よしよし。
宜しく頼みます。

スポンサーサイト

恋愛モラリズム | trackback(0) | comment(4) |


<<夢にみたちびくろさんぼ | TOP | 根暗推進委員会>>

comment











らものみ閲覧OK


 

ママさんの反応、可愛くてステキ。
良かったね、らもちゃん!
身内に反対されるのって、やっぱキツイもの。
『命に代えてでも!』
これはしっかり守ってもらわなきゃーだねwww

ってか、すごく、すごーーく自然なカミングアウトにびっくりですw
普通に聞き…じゃなくて読み流すとこだったw

2007/12/09 13:17 | なつ [ 編集 ]


 

素敵なお母様★
てか、よく5年もだませたねー!知ってても知らないフリしてくれてたのかな??

若干ミィの母と似た臭いがしますw

2007/12/09 23:24 | ミィ [ 編集 ]


 

自分のカミングアウトを思い出しちゃうわ…
でもやっぱり、頭ごなしに否定されるより、うれしいよね☆
5年はサバ読みすぎだけどね(;¬_¬)

2007/12/16 21:05 | うりつき [ 編集 ]


 

●なっちゃん
らもママはホントに嬉しそうにしてて逆にビックリしたのはこっちでしたww
「命に代えてでも!」というセリフは現在何かとあれば、らものタテとして持ち出されておりますwww

●ミィちゃん
らもも「もしや気付いてるんじゃないかな??」と思ったりもしてたけど、どーやらマジで気付いていなかったらしいの!!!
観察力ナシな母ですが。。。
その代わりカミングアウトした今は毎日しつこいぐらいイロイロ聞いてくる。。
でもミィちゃんママほど親切でもないんだよね~
気まぐれ母なのよ~~

●うりちゃん
らもも、うりちゃんがカミングアウトした時のことが頭にカナリよぎりながらの告白でした!!
ただ恥かしすぎて「告白」って感じにはならず
スルーしてしまうほどにサラっと言ってしまったけどね、、
5年はホントにサバ読みすぎだよな~って自分でも思う(笑)
そのせいでイロイロつじつま合わせるのが大変!「さんちゃんちって行ったことあるの?」って質問にも「ん~まだない。でも○○に住んでるのは知ってる。」とか。。

2007/12/25 08:35 | らも [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://rameaux.blog84.fc2.com/tb.php/102-d2bd2c8d

| TOP |

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。