--/--/-- (--)
  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


  2009/01/02 (Fri)
  新年をむかえて

年末エッツが終わった時には既に年を越えておった。


「あ!!! やだ!!! もう年越えてる!!」

「あ、そうなの? ちょうどらもがイった時に0時になったに違いない。
 や~~ね エロいコは。
エロく年が終わりエロく年がはじまったのねぇ・・」

「ちがうわいっ さんちゃんが最後イった時でしょっっっ」

ギャースギャースやったのち、ゲラゲラ笑いながらバフンと二人でおふとんに包まって

「2008年もナカヨシだったねぇ。 どうしてこんなにナカヨシでいられるんだろうね。
 さんちゃんのおかげだね。」

なんて話をしつつ、午後3時くらいに帰路にたちました。

深夜の寒い車の中。
乗る直前にコンビニでホットカルピスとホットココアを買ってらもの家へ向かう。
一本120円。身体にしみわたる温かさ。




突然、さんちゃんがこんなことをポツリと言いはじめた。







らもは驚くほどに人を信用する。
信用するがゆえに、自分のフトコロの深い所まで相手の侵入を許すタイプ。

とても無防備なんだけれど、相手に対してとても寛容。

らもの「信用する、相手を否定しない」性質が良いように作用すればこの上ないんだけど、
でも、相手によっては、らもを言いように言いくるめてしまうことも可能で、
らもは自分を抑えて我慢したりだとか、言いなりになってしまったりすこともあり得ると思う。

とくに俺みたく年上なら尚さら、そういった傾向に陥りかねないかもしれない。

でも、そんな状況を作らないようにいたいといつも思ってるんだ。



と。
こんなことを考えていてくれていただなんて、びっくりしたというか。
さんちゃんらしいなぁと非常に納得してしまったというか。

だって全て当たっているから。

さんちゃんの「結婚観」にしたって、実際はさんちゃんの価値観を尊重するあまり
自分の主張は抑えてしまっているし。
仕事でも、理不尽なことがあっても肝心なところの主張はできず、
ただ呑みこんでしまうことが多い。


これは、究極のモラリズム。
こんなに自分以上に自分を熟知してくれていて、大切に扱ってくれているなんてこと
あっていいのかな。
この妙な嬉しさと照れと、申し訳なさでいっぱいな気持ちの表し方が分からなかった。


「・・・さんちゃん。 なんでさんちゃんはこんなにらものこと考えてくれてるの?
 らもはさんちゃんのこと、ここまで考えてないかもしれないよ ?」

「フン。オレは天才だから分かんのよ。
 らもごときが!オレの本質を考えようったってオツム足んないの当たり前!」


と締めくくりは見くびられて終わった。


「あと一つ。 言いたいことがあるんだけど、まだまとまってないから
 また今度ね。」


ですって・・・!

甘いこと言われたから辛いことかしら?



2009年も仕事では大変忙しく、色々変動のある一年になると思います。
辛いだろうし、イライラするだろうし。
でもさんちゃんがいればパワーもらえるから大丈夫。

この人をオツム足りない私なりに、一生大切にしようと思いました。

スポンサーサイト

恋愛モラリズム | trackback(0) | comment(0) |


<<脱毛記録④ | TOP | 納豆明太パスタ>>

comment











らものみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://rameaux.blog84.fc2.com/tb.php/150-85b2178c

| TOP |

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。