--/--/-- (--)
  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


  2009/08/07 (Fri)
  会社のこと

退職しました。


新卒で採用していただいた会社で、2年4か月勤めました。


3年は勤める。 そう心に決めていたのに、このタイミングで退社を選択してしまった。
人間関係は良好、仕事の業種もやりたいことだった。

問題は「会社」だった。

ここでも、たまに会社のことを書いたことがあったけれど、会社組織として
もともと酷かった。

経営者がワンマンで、部長クラスの人たちが精神的に病み、
ある日突然フェイドアウトすることが多々あった。
中途入社してくる大人の人たちも1年もしないうちに辞めていくことも多い。

どうやらうちの会社の環境は 「異常」 らしかったのだ。

私たち若手で、しかも新人で入社してきた者にとっては、
初めての会社がこんな環境で 「異常さ」 に気づくのが難しい。

上長がフェイドアウトした後の始末、尻拭いは新人1~3年目の若手に押し付けられた。




「若手にも早々に責任ある仕事を任せる。それが早期成長の手段。」
こういった指針でもって仕事を与えている会社だった。

確かにこういう考え方はアリである。
あえて高いハードルを設置することで、それをクリアする筋肉をつけるよう訓練するのは正しい。

でもそれって、上長である監督者がしっかりと管理してくれていることが大前提での話しである。

弊社の場合、設置された高いハードルのレベルは
消えた上長の尻拭いも、部の予算管理も含まれており、
そして監督者は、十分に管理してくれてない。
言う言葉といえば「売上が悪い。」「予算達成できてない」 などの叱咤のみ。


それも「成長のため」なの?

本当に?
私たちはちゃんと会社に「育ててもらっている」のか?


だって
経験のない私たちは、必要以上の負荷と責任に、当然の如く仕事上で
無駄な失敗をたくさんしてしまう。
上の人が見ていてくれれば失敗しなかったであろう細かいトラブルがたくさん起きる。

「失敗」は、確かに自分たちを成長させてくれたと思う。

でもクライアントは納得いかない。
こんなミスあり得るのか?
ナゼ責任者が謝りにこないのか?と。


急激に経営が傾き始めたのは、昨年の9月から。
全員給料が下げられ、事務所移転。
外注への支払い遅延。
外注との取引中止。
給料日遅延。

色々なことが続いた。

リストラこそなかったけれど、社員を退社へ追い込むことをしていた。
社員数は半分以下に減った。
けれど会社は社員に対してなんのフォローもしなかった。

我慢がならなくなった私は、取締役と何度も話し合って、
現在の若手しかいない組織体制のことでの業務現場の不安など『現実論』を訴えたが
取締役は、『精神論』を掲げるだけで、現場の改善には努めなかった。

「君はまだ若くて経験がないから分からないだけだ。
 不安や疑問はあまり考え込まず、ただやり込む時期でしかないんだよ。
 必ず目覚ましい成長をするから。」

と言われ続けた。

確かに私はまだ若く、経験もない。
こんな現実を論じられるほどの人間じゃない。

でも、私が訴えたかったのは、給料値下げや事務所移転の不満じゃない。

「現場が業務を遂行するための環境作りに努める」という会社の姿勢がないところ。

私たち若手は、管理してくれる人間や
現場を仕切ってくれる先輩がいない中で模索しながら
毎日終電まで仕事をして、休日出勤もしてやり込む。
先輩がいればクライアントに迷惑をかけなかったであろう、ミスが重なる。
支払遅延のせいで取引ができなくなり、業務が滞る、会社の経済状況。
その改善も上司はあまりしていなかったからだ。


その状態・環境って、社員にとって本当に健康的なのか?


取締役にその気持ちが伝わらず、諭され、消化不良。
そんな引っ掛かりをずーーーっと抱えていた。


最後の決定打は今年の4月。

『会社の経済状況により、査定を見送る。』

という社内メールでの通達。
これには納得いかなかった。

先述したように、給料が上がらなかったことに納得いかなかったのではない。
会社の経済状況など、社員には分かり得ない複雑な事情があるのだろうし、
しょうがないと思った。(ウチはボーナスも元々なかったが、それも問題視していなかった。)

「査定」という、会社が社員の評価をする機会を自らスルーしたことに頭がきた。

たとえ給料が上がらなくとも、社員個々の日々の業績評価はしてあげるべきで、
社員数が減り、規模が小さくなったからこそ、
「君はこれだけ貢献してくれたね。でも申し訳ないけれど会社の事情により、昇給はできない。」
と、コミュニケーションを取るべきだ。

でもそのコミュニケーションをスルーした。
取る気がなかったらしい。

あ、私たち、やっぱり会社に軽視されてるな。
今までもこれからも、きっとそうなんだろうな。

そう思った瞬間、この会社への「納得感」のバランスがガラガラと崩れた。


今まで保てていた「納得感」のバランスとは、

<会社に対するマイナス要素> と <自分への経験価値のプラス要素>。

どんなに安月給でも、どんなに遅くまで働こうとも、その仕事とその経験に
自分が価値を見出すことができていれば、このバランスは保てる。
でも、そのバランスが崩れた瞬間から、ここにいる価値はなくなり、
歯を食いしばる自分がバカバカしく思えてくる。

そう思ったのなら、次のステップを探してみようと思った。


次の就職先が見つからないうちに退職するのはなんとも浅はかだと
我ながら思うけれど、この会社に勤めながらの転職活動は
時間的に無理なので、この夏は無職でのんびりしつつ、
勉強してスキルを上げて、転職先をじっくり検討して見つけるつもり。

実家住まいだからこそ、こんな暮らしが始められることは重々承知。
両親には迷惑をかけるけれど、必ずや次のステップに進んでみせるよ。

どんな会社にも問題はたくさんあって、大変で、辛いことはたくさんあると思う。

「でも、今の会社よりマシなところはたくさんあるよ。
 少なくとも組織的にちゃんとしてるよ。」

とさんちゃんは言う。
私もそれを願う。


とはいえ、曲がりなりにも沢山の経験をさせてくれた、この会社に感謝して、
いいステップアップをはかりたい。


ぶっちゃけ就活ってホントに面倒くさいけどね~~
がんばります。



以上、会社の話はコレマデ。



スポンサーサイト

日々雑多 | trackback(0) | comment(4) |


<<第3回 肉祭 | TOP | お見合い>>

comment











らものみ閲覧OK


 

らもちゃん、お疲れ様。
高収入にこだわらなければ、いい組織ってのはけっこうあると思う。
まぁもちろんそれは実際にそこで働いてみなければわからないというリスクはあるけれども。
仕事を探す時間をしっかりとって、あせらずに探すっていうのが大事だと思う。

あとね、違う会社で働くって、すごくいい経験になるよ。
私も6年間働いた職場を辞めて転職した時、会社によってこんなにも違うんだ!ってびっくりだったし。
本当にいい勉強になったよ。
きっとらもちゃんの更なる成長に繋がるはず。

就活大変だけど、頑張ってね!!

2009/08/07 21:17 | なつ [ 編集 ]


 

●なっちゃん
なっちゃん色々とありがとう。
会社で辛かった時も、いつもコメントで励ましてくれたこと、とっても感謝してました。
なっちゃんも新生活スタートだよね。
らももなっちゃんのようなスタンスでやっていきたいなと思ってます。
これからもアドバイスよろしくね!!

2009/08/08 11:44 | らも [ 編集 ]


 

そんなことがあったんだね。。。
ミィも転職経験者だから思うんだけど、さんちゃんが言うように、ヘンにこだわらなければいい会社はたくさんあると思う!
今は少しゆっくり休んで、時期を見て少しずつ活動を始めたらいいんじゃないかな。転職(就職)活動もなれるまでにはちょっと時間がかかるしね。
らもちゃんの年齢だったら、まだ第二新卒枠でもいけるんじゃないかな??

私なんかでよければ、相談にのるから~!

ブログも移転したので、また遊びに来てね☆
これからも仲良くしてねー!!

2009/08/09 21:01 | ミィ [ 編集 ]


 

●ミィちゃん
ありがとーーー
勉強してスキルアップして頑張るよ。
まだやりたい事が曖昧で非常に情けない感じなのですが・・
今度はいい会社に巡り逢えたらいいな。

ブログ引っ越したんだね!ちょっとおじゃましたけど可愛い~~ミィちゃんらしいね☆
限定記事は読めなかったけど(笑)まだ遊びにいきまーす!!

2009/08/10 11:35 | らも [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://rameaux.blog84.fc2.com/tb.php/166-c55ef431

| TOP |

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。