--/--/-- (--)
  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


  2009/08/14 (Fri)
  不毛な駆け引き

兼ねてから、親戚や親から

「永久就職しなさいよ。 お見合いしない?」

と、言われているワタシ。



ここ最近、自分でもバカかと思うほど、“さんちゃんの結婚意識”に敏感になっていた。




「らもちゃん可愛いね。 大好き。」

こんな風にさんちゃんは頻繁に言ってくれるんだが、らもは事あるごとに

「結婚したいくらい?」

と冗談ぽく聞き返していた。その時さんちゃんも

「うん。するよ。」

と冗談ぽく返事をする。

冗談のやり取りとはいえ、この返事を聞けると一瞬安心できるのだ。
されど冗談のやり取りなので、安心は一瞬のものだった。
だから、しつこく「結婚したい?」と繰り返しさんちゃんに聞いていた。

バカか自分。

冗談ぽくしか聞けなかったのは、さんちゃんには元々
結婚観がゼロであることを認識しているから。
真面目に聞くと、真面目に返される。
私は彼の真面目な答えは知っている。
だから、この冗談めいたやり取りが精一杯だった。

なぜだろうか。

さんちゃんは、普段から愛情をもってらもに接してくれて、
私はこの人にとても大切にされていることをキチンと感じることができているのに
なぜか良く分からない不安で張り裂けそうな気分になるのだ。

「結婚の約束」

をすることが、気持ちの量りになり、保証となるなんて考えは
浅はかだってこと、もっと大事なものはちゃんと目の前にあること、
分かり切っているのに。でも、なぜかこだわってしまう自分。

もちろん結婚したいと思う理由は、

・一緒にいる時間を増やしたい(らも両親は同棲がNGなので)
・ゴハンや洗濯など、やってあげたいことがたくさんある

など、具体的なものはいくらでもあるんだけどね。




ある日。

あまりにもしつこいらもに、さんちゃんはこう聞き返す。

「なんでそんなに俺と結婚したいのー?」

軽い感じで聞かれたものの、こう核心をつかれると、急に恥ずかしくなるものだ。

「一緒にいる時間がもっと欲しいからっ」

と即答する私。

「そっかぁ。 嬉しいよらもちゃん。」


----- 終了 -----



一方で、さんちゃんの「引越したーーい」という話が出る際にも

「一緒にくらそ?」

としつこく言っていたワタシ。
一緒に暮らす → 同棲はNGなので = 結婚しよ
という同義での投げかけだったのだが

「らもちゃんちは同棲ムリでしょ。」


----- 終了 -----


こんなのの繰り返しな毎日。
だから冗談ぽくしか結婚について聞けないでいるんだよ。


カラ振りする自分の気持ちにショックは隠せない。
行き場のない自分の気持ち。

さんちゃんは、今の現状で満足してるのかもしれない。
これ以上もこれ以下も求めてないのかもしれない。

確かに、寝床は違えど、頻繁に会えているし
自由気ままなさんちゃんは、誰かと一緒に暮らすのは面倒なのかもな。

なんて、ぐるぐる考えあぐねる日々。


そして、しまいには

「らもちゃん 可愛い。 大好き。」

「そ。 結婚してくれなくていいからね☆」

「あれ? こないだと違うね。 結婚したくなくなったんだ?」 (人事風な言い方)

「うん。 お見合いするから。」

なんてアマノジャクな返事の仕方になる日も出てきた。


正に  ザ・ウザい女  症候群に見舞われた模様。
こんな不毛なやり取りしたって、何も生まないのにと分かってはいても、
自分の気持ちのカラ振りに耐えられず、こんなコミュニケーションをしてしまっていた。


ある日。
とうとうウザいらもに切れたさんちゃんはこう言い切った。


「こないだからなんなの?
 結婚したいとかしたくないとか。
 何を図ろうとしてるの?
 何を駆け引きしようとしてるの?
 
 なんでそんなに結婚て制度にこだわるのかよく分からない。

 結婚してもしなくても
 俺は、らもちゃんのことが一番大事で好きだし、
 この先ずっと一緒にいるよ。」




それは、これ以上にない普遍的な愛の言葉。
さんちゃんには図りも駆け引きも通用しない。
問題は制度じゃなく、心で接すること。
それがさんちゃんの魅力。


こう真面目に言い切られ、
確信迫られたのは初めてだったからビクっとしてしまった。

なんと言い返せばいいか分からず、また
なんとも言い返せない私は、ただただ、ひたすら

「うん。  。。

 うん  そうだよね。
 
 うん。。そのとおりだよね。」

と言っていた。

これ以上の世俗的なくだらない価値をふっかけたりするのは
私たちの間では意味を成さないことを改めて痛感させられた。


その日以降、私はさんちゃんに対して
「結婚したい?」 とか 「一緒に暮らそう?」 などは言わなくなった。
言う気が失せてしまったというか。

さんちゃんとの関係は良好。
相変わらずとっても仲良し。

結婚より大事なもの。
さんちゃんのらもへの気持ちを大事にすること。
らもはまだまだやらなきゃいけないことたくさんある。
仕事だって見つけなきゃ。

まぁいつもどおりの結論に至ったというわけです。
自分の気持ちは消化不良、だけどさんちゃんの気持ちはよく分かった。
さんちゃんの気持ちを理解できる間はこのままでいよう、という毎度の結論です。


お見合いの話は・・・ 保留中。
叔母からは30歳の医師との話を持ちかけられているけれどね。
この点はまた書きます。


スポンサーサイト

恋愛モラリズム | trackback(0) | comment(5) |


<<さんちゃんが家にやってきた | TOP | 脱毛記録⑤>>

comment











らものみ閲覧OK


 

そんなことが!らもさん頑張りましたねv-60
一緒にいるけど結婚しないっていうのは、死ぬまで恋人ってことですか?ちょっと寂しい。。。二人の将来に、一緒に責任をもってほしいな。私なら子供ほしいし。。。
30歳医者いいですね♥
続きがまたまた気になります~!

2009/08/14 13:33 | ake [ 編集 ]


うん... 

結婚観ない人と付き合うのは、進路が決まってない高校生な気分だよ(笑)
足元がおぼつかないっていうか、未来が見えないって言うか...
今らもちぁん就活中だしさらにそういう事考えちゃうのでは?

ちなみに私は2年近く付き合ってるけど、結婚の話がでるたびに
相手の宗教にとらわれて喧嘩になるよ(´ヘ`;)
その度に別れてやる!と思うんだけど
結局好きだし、2年も一緒に居たから別れられず
そんな事繰り返しながら
生活してますがな(´Д`;ヽ≡/;´Д`)/

彼が居るのに新しい出会いが用意されてる環境なんて、うらやましすぎて変わって欲しい位よ-ぉ!(笑)

2009/08/18 07:52 | もえ [ 編集 ]


 

らもレス
●akeさん
さんちゃんは、確かにらもと付き合う上で「責任感」はあって、らもの性質をよく理解してくれて、真面目に付き合ってくれているけれど、それが「=結婚」とはならないよう。
この荒んだ世の中に、子供を作りたいとも思ってないみたいだし・・

●もえちゃん
お久しぶりです。
もえちゃんのところは宗教なのね・・
家族問題にもなるし、大変だね。
らもの友達も自分の家の宗教問題で彼と別れたり、親から別の人すすめられたり、親とうまくいかなくなっちゃったり・・辛い経験をしてるコがいるよ。
「結婚は家族同士の問題である。」「恋愛と結婚は違う」ということで果たして割り切れるのか?良くわかんないよね。

2009/08/24 11:19 | らも [ 編集 ]


 

うちも結婚観ではけっこう悩まされてます。
らもちゃんとことは少し違うんだけどね;
彼氏は結婚してすぐ子供が欲しい、
私は結婚してもすぐには子供欲しくない。
だからなかなか結婚できない感じ…。

でも、経験としてはお見合いしてみたいかも!
相手がどんな人なのかは会ってみないとわからないし(付き合ってみないと、か)。
お見合いしてすぐ断ったって別に問題ないんだし。

将来のビジョンで意見が違ったら、きっとお互いがお互いを間違ってるって言っちゃうよね。
(よく言われるw)
でも、その人にとってはそれが正しくて、それをとやかく言うのが間違ってる。
らもちゃんが結婚を望んでも、それをさんちゃんさんが否定するのはおかしいから。
本当に結婚したいと望むなら、お見合いの体験もいいかもしれないと思うよ。

2009/09/03 10:38 | なつ [ 編集 ]


 

らもレス
●なっちゃん
なっちゃんのところも色々あるんだね。
でもりゅーくんとは結婚の意思を持ち合ってるんだぁ☆
子供は授かりものなわけだし、あまり考えすぎずタイミングよい時に結婚してもよいのでは?
さんちゃんなんて、子供は欲しくない人だからその点についても微妙ですな。
将来のビジョンを互いに持って今後のことを考えるってことすら、らも達にはまだできていない気がするよ。
というより、さんちゃんは先のことは考えずに今だけを考える人だからさ~~~
だめだねこりゃ。

2009/09/04 13:17 | らも [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://rameaux.blog84.fc2.com/tb.php/170-575626e7

| TOP |

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。