--/--/-- (--)
  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


  2010/04/30 (Fri)
  とりあえずスッキリ。

ひさびさに化粧したままソファで朝の5時半まで寝てしまい、
母親に激怒された。

前の会社のころはしょっちゅうやってたけども
最近はしてなかったのになぁ。



先日、とあるライブにでかけたところ、知り合いに会った。
彼女はちょっと霊感があったりなどスピリチュアルな「勘」を持っていて
実際、それで仕事をしている人。

彼女自身、その勘によって感じたものを、常に人に言い回る人ではなく、
要所要所で必要な時にポソっと伝えてくれる。

らもはこれまで、お金を払って見てもらったことはないし、
会って話してる時に何かを言われたこともなかった。

でも、その日はわざわざらものところまでやってきて隣に座り


「らもちゃん、最近彼とうまくいってないでしょ?」


と一言。


そんな表情出してたかしら?
顔つきで分かるものなのだろうか?


実際のところ、さんちゃんとの今後について、ホントに可能性が見いだせず、
辛くて辛くて、考えるたびに涙が出そうになり、
電車乗ってても、仕事中も、下を向けば涙が落ちそうになっていたほど
キツイ時期だったので、彼女の一言に相当ビックリした。





らもはさんちゃんとの未来を思っても、さんちゃんは何も考えてなかった。


実は、そうハッキリ言われてしまった直後のタイミングだったの。

らもはこれまで、それでも、らもが結婚したいという気持ちを
さんちゃんは受け入れてくれるかなって期待と夢を捨て切れずにいた。

でも、もう無理かもしれない。
無理なんだ。
という現実に打ちのめされてたの。

だいたいさ、30代後半にもなった男が、今更誰かと一緒に住んで
結婚するなんてこと出来るわけないじゃん。

8年も付き合ってんだから、らもと結婚したいと思う人間なら、もうとっくにしてるだろ。

なんで自分はそのことを頭のどこかでは知っていたのに
期待し続けてしまってたんだろう。
馬鹿じゃん。


でもね、
やっぱりさんちゃんのことは好きで、この関係を断つだなんて考えられなくて。
さんちゃん以外の人と今後恋愛したりすることなんて想像つかなくて。

さんちゃんと一緒にいるとホントに好きだなぁと思うのに、
拒否されているも同然の自分の結婚願望との狭間で押しつぶされそうになる。

辛くて辛くて、会っても嬉しいのに楽しくなかった。




「らもちゃんには、もっと合う人がいるよ。
 もちろん、今の彼を好きで、それでも一緒にいたいって思うなら
 それはそれで、その方面で運命は進むと思うけど・・・
 でもね、もっと合う人がいるよ!! 
 だいじょうぶ!!! 自信もって!!!」


そう彼女はらもに言った。

さんちゃん以外にもっと合う人なんているの?????

それも信じられないけど。。。




さんちゃんとの別れかぁ。。

今の時点ではまだ考えられない。 というのは、やっぱり好きだから。
結婚をすることが、らもの中で最優先事項にならない限り、
やっぱりさんちゃんとの別れは考えられないのかもしれない。

それが今、徐々に最優先事項になってきているのか、
さんちゃんと付き合い続けても、結婚の意思がないことがストレスになっているから、
らもの気持ちも後々変わると思うけれど。。


彼女の言葉の全てを鵜呑みにして、気持ちが揺れ動かされたわけじゃないけども、
この言葉のおかげて、スッキリしたの。

「さんちゃんだけ」

って思い詰めすぎていて、自分で自分自身に縛り付けてたからさ。

「あ、ワタシさんちゃん以外の人といい出会いが今後あるかもしれないんだ」

って、やっと気がラクになれた。(遅)
これまで真摯なコメントくだすった方々にも言われてたことなんですよね・・・
いつも本当にありがとうございます。



そして、今後は思いつめず、自然な気持ちの流れを見ていこうと思います。

いい出会いがあれば、自然とさんちゃんとも別れる選択をするだろうし。
でも別に先走って、何も今わざわざさんちゃんと別れる必要もないだろうし。
さんちゃんと一緒にいるのが本当に辛いことしかないのなら当然別れるでしょうし。


それに、別れるにしてもちゃんと気持ちに整理をつけたい。

辛いからって、感情的になって衝動的に別れるなんて絶対にしたくない。

だって8年という長さ、決して無駄ではない、大切な時間なんだもん。





そしてそして、気分転換に別の友人と週末弾丸旅行にでかけて気分もスッキリさせました。

今は頭の中が「ケッコンケッコン」にならずに、さんちゃんと向きあえてます。

今日のデートは楽しく過ごせましたし。


まぁ、様子見という状況は変わらないにせよ、
言葉をかけてくれた友人と、一緒に旅行してくれた友人と、
こんなブログにコメントくださっている方々に感謝です。

ありがとう。


明日も仕事がんばろ。

スポンサーサイト

恋愛モラリズム | trackback(0) | comment(2) |


<<残念なわたしたち。 | TOP | タイヤお姉さんにあやかりたい。>>

comment











らものみ閲覧OK


えらいなぁ 

ただ、一言。
こんなに客観的に、かつ相手も思える立場の意見になれるなんて
とても年下とは思えない。
むしろ先輩。
顔も見たことない、ネットワーク上のらもちゃんという存在だけど、尊敬します。

2010/04/30 22:28 | もえ [ 編集 ]


 

らもレス
■もえちゃん
もえちゃん、コメントありがとう。

多分ね、らもは諦めが付かなくてカナリ往生際がわるいんだと思うー 笑笑

馬鹿だと思われるかもしれないけど、
さんちゃんはらもにとって、
かけがえの無い存在だから、関係を切るという選択は難しくてねぇ。。



2010/05/02 12:12 | らも [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://rameaux.blog84.fc2.com/tb.php/210-f406a152

| TOP |

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。