--/--/-- (--)
  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


  2011/06/25 (Sat)
  収支のバランスとマニキュア主義

一時期ブームのように皆がしてたジェルネイル。

ワタシもあのプックリ&ツヤツヤの爪に憧れてかじりましたよ。



派手な爪でもなんでもOK(むしろ小奇麗にすることが絶対)な仕事なのですが
自分の好み上、いつもシンプルなクリア×1色のグラデーションにしてました。

他人に自分の手のお手入れしてもらうのってすごく気持ちよくて癒されたし、
手元がキレイだとホントに女子力上がる気がした。
仕事してても手元見るたびに 「ウフっ」 て思ってたし。怪

何よりも、マニキュアみたいにすぐ剥げたりしないから
お手入れがラクチンだったのがよい。





でも4か月間のマイブームで終わってしまったんですわ。



というのは、すごいコストなわけよね。
最低でも月1で通うわけじゃん。
毎月毎月10,000円強かかるわけです。

そんなランニングコストたるや、ちょっとどーなの???

と思えてきてしまってね。


こーゆうのは人それぞれの価値観で違いますね。

毎月爪に1万以上払っても、それが楽しみであり絶対的価値になる人もいるわけで。

一方、美容院ですら3ヶ月に1回行くか行かないかのワタシ。 しかも今んところ4ヶ月行ってないけど?
爪にそこまでお金をかけるのであれば、その分整体やリンパマッサージに費やしたいと
価値を見出すタイプなんですね。

本当は望むもの全てにお金をかけられたらどんなにいいかと誰もが思うんだろうけど、
そうも行かないのが現実で。


何にどうお金をかけるかっていうのはバランスを見極めるのが必要ですね。
まさに「収支のバランスが大切☆」です。
このフレーズを金貸し金融がキャッチコピーにしてるのが恐ろしい。。

らもは職業柄もあって、アクセサリーやお洋服にお金がかかる。
美味しいものを食べに行くのも好き。
海外旅行も好き。

だから、平日のお昼はお弁当持参。
1人での外食はしない。(スタバ行くくらいで、オナカ減ったら家に帰る。)
ムダ外食を頻繁にせず、キチンとした美味しいものを食べに行くように。

あとは、スキンケアやメイク類は、海外に行く人に安く買ってきてもらう。(迷惑)
携帯もあんま使わないので毎月¥5,000以下だし。



そして爪はマニキュアで。


面倒くさくても塗るぜっ


実は実は、こないだ台湾行った時に買った1個¥160ほどのマニキュア。
色の種類がO.P.I並みにいっぱいあって8色くらい大人買いしたんですね。

安かろう・悪かろうのモノだとナメていたらドッコイ。
めちゃめちゃ塗りやすくて、持ちもよくて、乾きが早い!
何といっても発色がよい!!!!!

爪すらもヤスリで手入れせずに爪切りでバッチンバッチン切るし
マニキュア塗るのもサッサカやりたいらもにとって、
こんな商品はありがたいのです。


かなり気に入りました。

買ってきてよかった~~~~


収支のバランス保持に役立つどころが、気分も女子力も上げてくれたツワモノです。
しばらくマニキュア生活を楽しめそうだ。

お土産としてもいいので、台北いく方はお勧めです。
ちなみに新光三越の向かい側にあるテキトーな100円均みたいな雰囲気の雑貨屋にてゲット。笑






スポンサーサイト

らもボーテ | trackback(0) | comment(0) |


<<食器マニア | TOP | ツバメ>>

comment











らものみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://rameaux.blog84.fc2.com/tb.php/245-85972204

| TOP |

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。