--/--/-- (--)
  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


  2014/05/14 (Wed)
  このブログの在り方について

臨月に入りました。

いつ生まれてもおかしくはない状況。

名前もうっすらと絞りこみ、あとは生まれて顔見てから最終決定。


闖入者はこのタイミングで長期出張中。
うちのべべさんにはパパが帰ってくるまでお腹の中にいてねと日々お願いしています。

そんな感じで一人で過ごしている産休なのですが、区の母親学級や両親学級に今頃参加しています。

在職中は参加時間が作れず、気づいた時にはもう臨月…
参加ママはうちより予定日1ヵ月半~2か月遅い人たちばっか。


先日の両親学級は、まぁ「両親」だから皆さんご夫婦で参加するわけで…
闖入者は不在のためピンで参加したのはらもくらいだった。笑

人間観察好きなわたくしとしては当然色んな夫婦を垣間見れるオモロイ時間だったわけで。

お父さんの服装や推定年齢からも、色んな職業臭が垣間見えてくる。

皆さん赤ちゃんが生まれてくるのを楽しみにしている様子で、他人事のようにホッコリさせてもらった。

基本的に第一子出産前の夫婦しかいないわけだから、皆さん恋愛して夫婦生活を経てここに辿りついたのは一緒。

十人十色のストーリーがあるんだろうな、と妄想する。(らもヒマ過ぎ&暗)


だからか、最近やたら結婚前の闖入者との時間を振り返ることが非常に多いのね。

なにせ5カ月で入籍してしまったものだから、恋人期間なんてほとんどないんだけど、
思い出が少ない分、鮮明に覚えているというか。

今、こうやってべべを授かれたのも、闖入者が頑張ってくれたからだなぁと感謝。

だってあの人、足しげくチャリンコでうちの実家近辺まで通って会いに来てくれてたんです。
会社終わって、21時ごろ一旦帰宅して、その後チャリチャリと我が家の近所まで会いに来てくれた。
付き合ってるんだか付き合ってないんだか曖昧な関係性だったから、
らもも自宅に迎え入れることもせず、近所のベンチに座ってペットボトルでも飲みながら話す。
そして12時くらいにまたチャリチャリ帰っていく闖入者。

頻度からいって週に3回ほど。(多

イマドキの高校生だってこんなことしないだろっていう。


ハタから見るとと、ただのキモいロミ男。

こいつ、どんだけ自分に陶酔してるロマンチストで、このお熱ブームはいつ冷めるんだろうなんて
結構冷ややか気持ちを持ちつつも、過去の恋愛にガンジガラメになっていた自分の心には
ほどよく罪のない距離間でいてくれるから、ある意味良いリハビリだったのかもしれない。

真夏の暑い夜も、汗をカキカキ、自転車チャリチャリやってくる。
その様子、「バカじゃないの??」ってプッと笑ってしまうよね。



こいつ、ただの陶酔ロミオではなく、ホンモノのマジメ君なのねということが分かってきた頃、
闖入者に対して「信頼」をもてるようになってきた。
とはいえ、100%できてくれる闖入者に100%で応えられない状況だったので、
闖入者と過ごす時間に楽しさと安心を抱きつつも、罪悪感にもさいなまれていた。

逆に闖入者は、この期間、反応があるんだか無いんだか分からんオンナによくぞ粘ってくれたと思う。
正直にさんちゃんへの気持ちを話していたし、本気でらものことを好きだったならば辛かったろうと思う。


でも、らもに対して自分が抱いた「カン」を信じて忍耐強く待っていてくれて
時間があれば色々な所に連れ出してくれた。

泊まりがけで旅行も行ったし、日帰りで遠出もしたし、らもが話した内容の端々をキャッチしては
色んなものを食べに行ったりした。

まぁ、さんちゃんとは正反対の行動をするタイプですね。

本来そういった実直さが大大大の苦手だったはずのらもですが、
あの頃の直向きな一生懸命さがあって、今があるんだと思っています。

そして約7ヶ月後、キチンと闖入者の気持ちを受け入れ、「恋人」という関係性になり、
その後5ヶ月間のうちに、「婚約者」→「夫婦」となってしまった。
そしてあっちゅーまに今度は「親」となろうとしている。

あの頃の甘くて甘くて、ただお互いを求める生活からリアルな生活をしているわけだから変化はあれど、
2人の人生に直向きである姿勢は変わらない闖入者に日々感謝しています。



このブログは子育てブログにはなりません。
さんちゃんと付き合ってた時期も含め、闖入者との人生のことを書く場所。
私の人生の愛するパートナーとのことを思い、振り返り、書き溜めるところにしたい。

これまでバックリとしか書いてこなかった闖入者との付き合い初期の頃のことは
今後、思い出しては詳細をポロポロと書きだすと思います。

子供が生まれても、家族の介護が発生しても、貧乏になっても、自分が病気をしても
これを書くことが、自分の人生の根幹を再認識でき、正し、貫ける方法なわけです。







スポンサーサイト

らもの思うコト | trackback(0) | comment(0) |


<<京都旅行 | TOP | 産休と産後の復帰について>>

comment











らものみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://rameaux.blog84.fc2.com/tb.php/264-53389556

| TOP |

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。