--/--/-- (--)
  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


  2014/05/15 (Thu)
  京都旅行

こいつ、わたしのことけっこう本気ですきなのかもしれない・・・


そう思い始めたあの頃、闖入者がこんな誘いをしてきた。


「オマエと話す時間が足らない。京都行こう。」


は??? である。


あたしと話す時間が足らないとかそういう個人的な問題か?
あの頃、仕事後や休日夕方からゴハン食べたり程度の頻度でつかず離れずの距離感を保っていたのだが
この誘いに関してはさすがにビビる。

「ふ、ふたりでですか?」

「そうだよ。京都キライ?」

「いえ、大好きですけど(そういう問題じゃなくて付き合っても無いのにリョコー?っていう・・)

「住んでない都市に行かないと気兼ねなくゆっくり話せないだろ?今の時期の京都はいいぞゼッタイ!」

「はぁ。。 京都自体はそりゃそうでしょうね。。

「俺はお前を色んなところに連れ出すって決めたんだ。じゃないとお前動かないもん。
 言っとくけど、エロ目的じゃないぞ?」

「。。。あたりまえだわい。。。
 わかりました、京都行きましょう。」


そんな流れで、急きょ一泊二日の京都旅行が企画された。というかほぼ全て闖入者にお任せ。

そして迎えた当日の朝。

男性と2人で行くにもかかわらず、一泊二日ということで『2日間同じ服でもいっか~』と
替えの下着と化粧道具くらいしか持っていかない超軽装だったらも。

待ち合わせ場所に行き、新幹線のチケットを闖入者から受取り
「あ、チケット代払いますね~」 なんつってバッグからお財布を取り出そうとしたら。



ない。


おさいふ、 ない。



「あの~・・・ すいません・・・」

「なに?」

「おさいふ家に忘れたんで・・・ おさいふ家に撮りに帰りますんで・・・
 先に京都行ってるか、ここで待っててもらえませんかね・・・?」

「もー時間ないよ! ほら行くよ!」

「ももも、文無しで京都なんてムリ!!!」

「いいから早く!!!!」

「ちょっと! ムリですってば!!!」

「もう新幹線出るから!!!!」


ア~~~レ~~~~ と、のぞみN700系にて連れ去られ
しょっぱなからそんな大失態をブチかまし、京都旅行は始まった。

お寺巡り、タクシー代、食事代、宿泊代 ぜ~~~~んぶ闖入者が立て替え、ワタシ完全なヒモだった。


「なんか土産で買いたいもんあれば言えよ?」

「イエ・・・ わたしヒモなんで・・・ そんなもの大丈夫ッス・・・」

そんな遠慮のカタマリだったわりには、非常に気候も良く、緑も花も綺麗な京都に着いてから
だんだんと観光を楽しみ始める図太いらも。


夜は日本酒を飲みながら、京都の精進料理をつつきつつ、しっぽりと話す。

日常から離れ、違う空気と環境下では、心の解放感がいつもとは明らかに違った。
ぜったい話すことはしないと決めていた、さんちゃんとのことも、ポツリポツリと話してしまった。

なぜなら、真摯な気持ちでこの土地まで連れ出してくれて、まっすぐな気持ちで向き合ってきてくれる闖入者に対して何かを応えたくなったから。

それまでは、闖入者が直球すぎて、怖すぎて、避けたくて避けたくて逃げ腰だったと思います。

さんちゃんへの気持ちが大きすぎて、まだ大事にしていたくて、正直フラフラしていた。
そもそも、さんちゃんと闖入者は全くの別物で、同じ土俵には立ち得ない存在だったので
比べる事すらも出来ず、気持ちの整理なんてものはつくはずがなかった。

だから、この京都という土地での時間は、自分の中の何かを動かすキッカケとなったことは間違いなかった。


「俺はお前を色んなところに連れ出すって決めたんだ。じゃないとお前動かないもん。」


と言った闖入者の一言は、まさにその通りで。


いつまでたっても応えられない、ズルい自分になんでこんなに、一生懸命でいてくれるのか、罪悪感を覚えるほどだった。

その夜、道ばたで初めてキスをされたことを覚えてる。
しかもガブリとかぶりつかれるようなキスだった。

「ぎゃ!!! 何するんですか!!!! この酔っぱらいめ!!!」

「だってお前、京都に来てちょっとは心開いたもののまだまだだからさ〜〜」

と言いながら、ガブリガブリと何度も。


そしてその夜、まだ定まらぬ思いとは裏腹に、一線を越える。


。。。。なーんて、そんな最後までロマンチックな展開であるはずもなく、
期待を裏切らないオモロい展開に。

なんと。 闖入者がダメだったっていう。
これまた中学生的なヘナチョコな結果に爆笑。

「うわーーー‥ らもがなんで裸で目の前にいるんだって思ったら。。。
 なんで大事ならもとこんなこと出来るんだって思ったら。。。
 うをーーーー なぜだーーーー」

と言ってましたけど。

おいおい。
いい年こいて、しかも恋愛遍歴聞く限りらもよりよっぽど偏差値上じゃないですか‥
その純朴発言は正気か?

ウトウト寝て、ふと目が覚めて、気分が高まって何度もやってみること一晩中。
結局最後までは至らず。
あぁ‥あの朝は朝日が眩しかったよねぇ‥


女のワタシとしては、シラけるわけじゃないけど、
別にヤルこと自体が大事とも思ってないので、どーでもいいや、って感じだった。

闖入者も男として情けないとかショックを受けてる訳でもなく、
らもに対して申し訳ないという気持ちも抱く訳でもなく、
未だ体験したことのない「できなかった」ことが面白かったようで
「気持ちが入りすぎるとこんなことあるもんだな〜〜」とか言って幸福感に満たされたおめでたいヤツだった‥

どーなの。。

どーせ日本酒飲み過ぎでムリだったとかじゃないかとらもは密かに思ってるんだけど。

翌朝も、二日酔いの様子でスタバでコーヒー飲みながら、それでも昨夜は幸せだったと恥ずかし気もなく言う。

この人、ほんとに変な人だな。。とらもが思ったのは言うまでもない。


ともあれ、進展があった京都旅行。
お互いに、確かな何かを認識出来た時間だった。
らもにとっては、さんちゃん以外の人と長時間いたのは初めてだった。
でも居心地良い時間だった。
こんなことってあり得るんだなって思えた。


後日談;闖入者はあの日、出すもんを出せなかったから、メンズの生理的システムにより、翌日ずっと下っ腹が痛かったらしい。笑

スポンサーサイト

闖入者 | trackback(0) | comment(0) |


<<何の為に頑張れるか。 | TOP | このブログの在り方について>>

comment











らものみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://rameaux.blog84.fc2.com/tb.php/265-10249503

| TOP |

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。