2016/12/02 (Fri)
  女の性欲


「女の性欲」
非常に個人差があると思うんだけど…


結婚前の恋人同士の男女はさておき、夫婦間における女の性欲って曖昧。

とかく、らもの周りの既婚友人達と子作りの話題になる度に
「そもそも行為自体が面倒くさい〜〜」
「欲しいけどやる事やらなきゃいけないってのが億劫だよね〜〜」
というテンションの人が多い。
1人が言い出すと、かならず全員が同調するあの空気に違和感を覚える。

なんなの?
これ社交辞令なのかしら?


それは、旦那も自分も共にセックスめんどくせー生活なんだと言いたいのか、
旦那の性欲はあるけど自分はセックスめんどくせーと言いたいのか
よく分からないけど、なんとなく「セックスする/しないの主導権はワタシなの」と言わんとする態度がウッスラ見えるのは気のせいか?

なんか、ウソついてない?
みんな本当は性欲あるんじゃないの?
だって求められたら嬉しいし、したい時あるでしょ。って思うんだけど。


恋人時代とは違い、「実生活」を共にする結婚は
ロマンチック要素が激減することは確かで
お互い仕事で疲れてるし、更に子供もいたら、母親の体力はセックスのために残す事など相当難しいのは事実だろう。

旦那さん側だって激務やプレッシャーで平日は疲弊している人が多いのが今の日本。
ラテンの国のような国民性でもないしね。

でもさ、あんだけ女性ファッション誌で「いつまでも女でありたい」とか「美しい母」キャンペーンしてて需要があるわけだから
やっぱりみんな男性に求められる女でいたい願望は強いわけだ。
でもそれは求められてナンボであり、能動的に「あたしヤリたいんだけど」と男性を誘う自分はカッコ悪いというスタイルを強調させたに過ぎない。



つまり、内に秘めた性欲は隠しつつ「求められる女」であることに価値をおくメディア操作に、がんじがらめになってないかと思うんだが。


かくいうらもは、性欲はしっかりある方だと自覚している。
激務で忙しい時代も、産後フラフラでも、セックスは別腹だったし。
むしろした方が元気出るし。
しばらくしてないなーと思うと闖入者が溜まってないかと余計な心配するし。
ただ自分からガツガツいける方でないタイプなのでオヤツもらえるのを楽しみに待っているネコって感じ。(犬と揶揄しないのは分かりやすい態度に出さないから)

オープンな気質ではないにしろ、闖入者を拒否したこともメンドクセーと思ったこともないので、ウソついてまで友人に「ほんとにメンドーだよね〜」と同調することもしない。

妊娠中なんてできないのが辛いくらいに思ってるし「はやくフツーに思う存分したいねー」と
闖入者と話すほどである。
別に普段からお互い絶倫でサルのようにやりまくってるわけじゃない。
でもお互いの性欲がナチュラルに出せて、ナチュラルにセックスできてる。

でも周囲はどうもナチュラルではないように見えるのよ。
押し殺して窮屈じゃないのかな。



なんで今回こんな事思ったかって言うと、
「ママだって、人間」という出産後育児漫画を読んで非常に感銘を受けたからです。

ははは。







スポンサーサイト

結婚生活 | trackback(0) | comment(0) |


<<保身と誠意 | TOP | 二人目妊娠の心情>>

comment











らものみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://rameaux.blog84.fc2.com/tb.php/277-c164192b

| TOP |

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード