--/--/-- (--)
  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


  2007/01/26 (Fri)
  弱りすぎだわ・・

3日前、連絡が途絶えていたさんちゃんから連絡が入り
真夜中の夕飯に付き合うことになった。

我慢してたけど、別れ際に泣き出してしまった。

「なになに?  どうしたの???
 泣いてるだけじゃ心配させるだけでしょ??
 言いなさい。
 それともなに?らもはそういうところよくあるけど
 相手にただ心配だけさせたいだけなわけ?


なんか酷い言い方・・・
とは思うけど、事実ではあるので・・
とうとうさんちゃんに最近あった家でのことを話してみた。
(もともとの家庭内のことは話し済)

そうしたら

らもはヒトを思いやることができる優しいコだけど
自分も辛くなって、オーバーフロウするまで尽くしちゃう。
自分にストレスが掛かるまでのことはしなくてもいい。
いくら家族だからって、時には逃げることもってしたっていい。
自分に一番ストレスのかからない付き合い方をしていったっていいんだよ。


って言われた。

言ってることは良く分かる。
らもの性質もよく捉えてくれてて納得だってできる。
それが一番上手い付き合い方なのかもしれない。

でも、いくら家族でもされど家族であって
らもが時には離れてみたって、問題はただ残されるだけで・・・
さらに・・

「でもさ、こういう時って、一つ辛い事があると
 他の事もなんでも連鎖するようにツイてなく感じてきてさ・・」


なんて言われたときには・・
ああ・・言ってしまえ。と思って。

「だから!さんちゃんにはこのこと今話したししょーがないけど・・
 こんな時に連絡が全然取れなくて辛かったよ。
 でも仕事忙しいのかと思ってたけど・・
 聞けば別にフツウの忙しさとか言うし・・
 徹夜でゲームしてたりするし・・
 ホントに家のことと連鎖して辛かったよ。」


こんなことを言ってさんちゃんを責めたいわけじゃないのに・・
まるでさんちゃんのせいみたいなこと・・
ああ依存心の強いワタシ・・
でもこの日は

「だから何でも話しなさいね。
 らもの話すことだったら何でも聞きたいのわかるでしょ?
 重い事でも詰まんないことでも何でも話してほしいよ。
 それだけオレにとってらもの話は聞く価値があるんだから。
 溜め込んじゃダメだよ。」


と言われて、
じゃぁ聞いてくれる時間設けてください。と思いつつも
少し安心して、ストレスは緩和されて、その日は別れたのでした。

でもね・・昨日ね・・またね・・
優しくも厳しいさんちゃんが・・
 

昨日は卒論の口頭試問でした。

優秀卒論に推薦されつつも、酷評もされるわけで。
(モチロン正当な酷評をね。)
あるテーマを研究するって難しいなぁ・・と思い、
ツメの甘かった自分を反省した。
卒論に関してのみならず、きっと仕事上でも“ツメ”てのは
非常に大切なんだろうと。
物事をつきとめる難易さを目の当りにしたのでした。
ちょっとへコむと共に、4月からの仕事を考えると不安になったり・・

もうね、全てのことがポジティブに考えられなくて
連鎖的に思いとどまってモンモンしてるんですわ。。
最悪の状態・・


忘れ物したことでママには怒られるわ。

ああなんなの。
すっごい否定されてるじゃん。
とかまたネガティブになるのね。

さんちゃんは一日中メールの返事はしてくれなかったけど
電話をくれた。

すっごくネガティブになってたらもは

「はぁ・・・」

と溜息をついていた。
それがさんちゃんの怒りを買った。

「なんなの その溜息は。溜息だけつくってなんなの?」

こうもイラつくのは結局、
らもが溜息だけついてなにも話さないことに
先日言ってくれた「何でも話しなさいね。」という言葉を
らもが受け止めてないということから起因するのだ。

「いや・・どうなっちゃうのかなぁと思って・・」

とらもは付け足した。
でもその言動は更にさんちゃんの怒りをあおった。

「なにが?」

「・・・家のこと・・が・・」

「『どうなっちゃうのかな』だけで相手が何のことだか
 分かるとでも思ってんの?
 『ああ 家のことね・・らもちゃんどうしたの?可哀相に・・』って
 オレが言うとでも思ってんの?
 そういう “ほのめかしだけで分かってもらおう精神”
 やめなさい。」


「・・・・・・・・」 確かにそうでした・・が・・

「もう話す気ないみたいだし電話きるね。」

「ちょっと待ってっ・・どうして・・」 そんな風な言い方するの?

「『どうして』?どうしてオレが電話切るかわかんないわけ?」

「・・・・・・らもがコミュニケーションを絶って
 不愉快な思いをさせたから・・?」


「そうです。正解です。実に正解。
 だから話す気がこっちにもなくなったので切るね。」


「・・・わかった・・・」

「おやすみ。じゃあね。」 


さんちゃんは優しい。らもの性格をよく捉えてくれてる。
親身になって話を聞いてくれる。

でもさんちゃんは厳しい。
らもがどんなに悩んでいようとも、精神的にボロボロだろうと、
コミュニケーションを蔑ろにしたり、怠って甘えたりすると怒る。
それは相手に失礼だという。
らもの精神状態と相手に対する態度とは別次元のものだから。
コミュニケーション上で甘えた態度をするのは間違ってる。と。
さんちゃんはそれを一番嫌う。

らもは甘え方がイマイチわからない。
甘えられる存在がせっかくいるのに、
すぐ“依存”という甘え方をしちゃうんだよね。
自己嫌悪して反省することばっかりな夜でした。
さんちゃんの言ってることは正論だけど、
あまりにもイヤミな言い方でへコみました。

自業自得だけど・・みんなから否定されてる感じで
弱い一日だったなぁ・・

スポンサーサイト

さんちゃんとの日々 | trackback(0) | comment(5) |


<<究極の甘えと安心 | TOP | ナレソメ③>>

comment











らものみ閲覧OK


 

甘え方って本当に難しいよね。でもな、さんちゃんが男の人だからなのかな?きっちりと線引きをするとか、割り切るとかさ。
するしないかは別として、うりもらもちゃんに似た感じに落ち入りやすいタイプだからな。やっぱり依存とか考えちゃうし。
こればかりは、距離の取り方が人それぞれだから、正解はないんだと思うけど。
次はちゃんと、さんちゃんとコミュニケーションとれるといいね。

2007/01/26 16:59 | うりつき [ 編集 ]


 

お久しぶりです、アヤです。
さんちゃん様、厳しいですなぁ…でも言ってることは正論なので
返す言葉も見つからないですね。
しかし私も「ほのめかしだけで分かってもらおう精神」な人間なので
さんちゃんのお言葉、耳が痛いです(^_^;)

でももうちょっとだけ甘やかしてくれてもって思います~(´-`*)

2007/01/26 20:31 | アヤ [ 編集 ]


 

らもさんは優しい子、
だからお母さんとシンクロしちゃうんだよね。
でも、私もさんちゃんと同じ意見かな。
冷たいけど、少し自分は楽になった方がいい。
私も夫と息子が口下手で、何も話してくれないから、
何々?どうしたの?って話をふることが多いんだ~。
最近は話してくれるのを待っているの。
アレコレ口出しして厳しいことも言ってしまうのも嫌だし、
やっぱり、私が言い出すのを待ってる?ズルーイ!
って思ってしまうこともあるの。
相手の策略?いや、
そんなに器用な奴らじゃないことは知ってるんだけど。
さんちゃんも同じ気持ちかな~、と思って。
心配はしているんだよ、それでもね。
話してくれるのを待っているの。
だから、うまく考えがまとまったら、
話す気があるのなら、話してみてよ。
すぐ怒るから、イヤだ~!なら、それでもいいし。
さんちゃんもらもさんとシンクロしてしまうのは、
避けているのかもね。
ヤッパ結局は好きな人の悩みだから。
近づきすぎると、引きずられちゃうから。
助けてあげられなくなるのよ。はまりすぎて。

2007/01/28 15:46 | もちゅ [ 編集 ]


はじめまして 

 はじめまして。
 おたまさんのところから飛んでまいりました、P吉と申します。
 なかなか甘えるというのは難しいものですよね。
 結局、自分は自分であって、他人ではないから、「表現しないとわからないよ」と彼氏さんはおっしゃりたかったのでしょうか。
 もっとも、「口で言わなくてもわかる」コミュニケーションは非常にアコガレでもあるのだと思うのですが。
 また、お邪魔させていただきますね。

2007/01/28 18:31 | P吉 [ 編集 ]


らもレス 

●うりちゃん
さんちゃんはコミュニケーションに関してはいくら彼女でもしっかり線引きするから、淋しくも思うけど、依存症のらもにはいい厳しさなのかもしれないな。
尾を引かないさっぱりタイプなので次の日にはフツーにメールくれたけどね。それに一喜一憂してる自分がバカだなぁって思うわ~(;´ω`A``

●アヤさん
お久しぶり☆コメくれてありがとう(´ω`)
酸いも甘いもさんちゃんのらもへの愛だと思って受け止めていますわ~なかなか険しいけれど・・
頭では理解できるけどなかなか感情はついていかないものだよぉ・・

●もちゅさん
もちゅさんの言っている事、本当に一理あると思います。
らもの感情にシンクロして同情することが、本当の解決には向かわないんですよね。その場の不安しのぎだけで・・
息子さんのこと心配しつつも待ってる母親してるもちゅさんはいいお母さんだなぁ。。らもを養女にして♪ww
さんちゃんは「らもの話すことはどんなに他人がつまんないと思おうとオレには世界で一番ウケるんだから話しなさいよ?」と言うのは、そういうことなのかしら・・

●P吉サマ
コメントありがとうございます。らももP吉センセー(w)のブログ、よく拝見させていただいています。このタイミングでコメ頂けて本当に嬉しいです(´∀`*)
センセー(w)の言うとおり、さんちゃんの念頭にはつねに「互いの自立」があるんだと思います。傷を舐めあうのはキモイくらいの勢いです。恋愛関係とは言え人間関係ですからね。
日々勉強ですねぇ~。小林秀雄さんも言ってました。「恋愛は社会の規則などが効かない究極のところにある」みたいなことを。


2007/01/29 21:38 | らも [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://rameaux.blog84.fc2.com/tb.php/31-c9386d99

| TOP |

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。