--/--/-- (--)
  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


  2007/04/30 (Mon)
  ふたりで出した結論

ずっと人間関係を続けていきたいなら、あることをするべきだなと思う。

それは、長い間いっしょにいながら相手の性質をキチンと理解すること。

別に新しいコトじゃない。ごく当たり前のコト。
でも意外と難しい。デキテルと思ってて実際デキナイと感じる。

それができれば、いくらその日たまたま相手が暴言を吐いたって
態度わるくたって、許容できるんじゃないか。
相手の根底にある人間性を見極めていられれば、
大抵のイライラも互いに許容できる。はず。

※彼氏/彼女が暴力ふるったり浮気するのに「ホントはイイヒトなのっ!!」っていう歪んだ許容は論外ですが。

例えば、その日たまたまさんちゃんが「一生結婚しないし。」って
ギャグ(本人曰く)を言ったとしても
らもはそれを真に受ける事なかろう。
さんちゃんはそんな風に回りくどくほのめかすようにもの言いを
しない人だから。


さんちゃんはらもに対して普段からこれ↑を物凄く努めてくれているのを感じる。
らもがいくらガサツな態度をとっても、
ワケワカラズ泣き喚いても大きくらもを捉えて許容してくれてる。

らもは…さんちゃんに対してそれ↑が出来ていないんじゃないかと思う。
自分の解釈のみで憤慨したり悲しくなったりしてるんじゃないかな。。
いわゆる“独りよがり性質”が濃いんだ。
ギャグの通じないタイプの困ったさんじゃん… と自分自身で呆れる。


さんちゃんの今回の言い分はまさにこれ↑で、
 
 普段のオレを見てて、こんな暴言だけ放って
 仄めかそうとする人間だと思ってんの???
 たとえ本気でらもと結婚したくないんならハッキリ言うはずだって!
 
というわけ。

でもらもの言い分としては、いくららもがギャグの通じないコマッタさんだとしても、
 
 最近は友達の結婚話をしては「オレは結婚は…」って感じで
 何回も色んな話されてたし…
 昔はよく「一緒に住みたいね」とか言い合ってたのに
 最近はそんな話てんでしなくなっちゃったし…
 なんか避けられてる気がしてたんだもん 

 それが真意だと思っちゃうじゃんかーーーーーっっっ

というわけ。



さんちゃんは

「ちょっと・・・・オレこのまま勘違いされて
 ヒドイ男のまま終わるのヤなんだけど!!!!!」

「・・・どーゆうこと?  」

「もうちょっとよくオレのこと分かってほしいよ
 ちゃんとくみ取ってみてよ
 それから別れるとか決めてみた方がいい気がするよ。。
 オレ納得いかないもん。

 もうちょっと付き合ってみたほうがいいんじゃない・・?」





らも自身の独りよがり。
それによるさんちゃんへの誤解。

今回の別れ話の理由において、らもにも反省すべき点は色々あった。
らもは一旦は切ろうとしたけど、
もうすこしさんちゃんと付き合っていって、
自分が相手に対する態度を改善できるようになりたいと思った。
そしてさんちゃんのことをもっと見て理解したいと思った。



らもとさんちゃんは
このまま付きあいつづけることを選びました。



さんちゃんは加えた。

「もう少し、自分の思ったことはなんでもいいから言ってみて。
 悪い事じゃないんだから
 らものいうコトだったらオレはなんでも聞きたいって言ったでしょ?」


なんで今まで溜め込んでたんだろう。ってその時思った。
こんなに膿が溜まるまで押さえつける必要は、さんちゃんに対してはなにもなかったことを今更気付くなんて愚か。
プライドなんてこのひとには必要ないんだわ。
プライドよりももっと寛い目で見るべきだったのに。
5年も付き合ってて、まだまだ知れてない。
もっともっと知りたいって気持ちが、
あの付き合い始めた時と同じ気持ちがまた蘇ってきた気がした。


新しいスタートを切ってみようと思います。




その日の2日後、出張から帰ってきて20日ぶりに会う。
今までと変わらない待ち合わせの仕方で、今までと同じカフェでコーヒーを飲む。

でも、全然味がちがいました。  新しい味でした。

スポンサーサイト

恋愛モラリズム | trackback(0) | comment(6) |


<<ちょっとした変化 | TOP | プライド捨ててちょうだい。>>

comment











らものみ閲覧OK


はじめまして 

実は数ヶ月前からのぞかせてもらってました。
私は23歳で31歳の人と付き合っています。
今回のおふたりのやりとり、すごく考えさせられました。
らもさんもさんちゃんもとても素敵ですね。

2007/04/30 22:10 | えり [ 編集 ]


 

ご無沙汰しています、アヤですi-179
最近すっかりROMってばかりでコメント残せずにいたのですが、
本当にどうなってしまうのかハラハラしていましたi-201

ひとつ山を乗り越えて、これからはもっと良い付き合いが出来るように
何でも素直に思ったことを言えるようになれるといいですねi-236
これからも素敵な付き合いを続けてくださいi-228i-189

2007/05/01 17:39 | アヤ [ 編集 ]


 

自分なりの答を見つけると言う事はとても難しいことです。
今回、其れをらもちゃんが見つけてくれたことにほっ、としてます。

でも、私なんかより全然大人ならもちゃん(笑)きっと大丈夫だと思ってましたよi-236
新しいスタート、素敵ですねi-189

2007/05/01 21:51 | まきい [ 編集 ]


 

は~よかったぁ。
うち最近サボリ気味だからさぁ、たまに訪れたらトンでもないことなってんじゃんよ。
だから今日もどきどきしながら来てみた。
らもちんが社会人になってから別れるパターンでなくてほんとによかった。
ありがとう(←?)らもちん!!

2007/05/02 11:40 | チカンペ [ 編集 ]


 

難しいよね、人間関係って本当に。
親しくなればなるほど、相手のことが逆に見えなくなっていっちゃって。
ソレはただ単に、らもちゃんの言ってる通り、自分が勝手に見えなくしてるだけなのかもしれないけど。
なんだか清々しい。
きっと美味しいコーヒーだったんだろうなぁ。
良かったね、らもちゃん!

2007/05/02 20:24 | なつ [ 編集 ]


らもレス 

●えりさん
はじめまして。今回こうやってコメントをくださったことをとても嬉しく思っています。
らも自身、この結論がよかったのかは分かりませんが、素直にもっと一緒にいたいという気持ちを優先させました。
たとえどんな年齢の人と付き合っていても、今一緒にいたいか・いたくないかが一番大事と思ったから。
えりさんが何らかの共感を感じてくれていたら嬉しいです。
また遊びに来てくださいね。

●アヤちゃん
こんにちは。ホントにお久しぶりだね!!
コメントありがとう!!
今回学んだ事はなんといっても「話し合うことの重要さ」だなぁ・・
非常にシンプルなんだけど出来ないんだもん・・そして溜め込まずにすぐに言葉にして言える自分になりたいなぁと改めて思ったよ。

●まきぃさん
「結婚」ていう制度の型に入ると誰でもコミュニケーションの怠慢に陥る気がするんです・・関係性が具体化してるからかな?
だから結婚という制度の型に入らずに、気持ち一本だけでの関係性の“今”こそ、言葉にして伝えることを疎かにしちゃオワリだと思いました。

●チカンペちゃん
結局結婚に関してはさんちゃんの意向が再確認できただけなんだけど、不安は軽減したので後は「さんちゃん研究」をもっと深くまでやってからの問題にしようかなって。
とにかく今回は話し合えたことが一番の収穫じゃ。(付き合って5年目にしてお恥かしい事態けども・・)

●なっちゃん
別に結婚に関しては進展のなかった「話し合い」だったけど、されど「話し合い」って感じでね、とっても不安が軽減したの。
気持ちをさらけ出すってこんなに効果があるんだぁって思った。
恐がってちゃホントにいけないね。教訓だわ。
コーヒーね、美味しかった。
2人でニコニコしながら飲んだの。

2007/05/03 11:42 | らも [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://rameaux.blog84.fc2.com/tb.php/63-0b28f1b2

| TOP |

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。