--/--/-- (--)
  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


  2007/05/20 (Sun)
  THE☆NI ・KU 祭(続)

それでは肉祭の続編。  別に続編にするほどの出来事じゃないんだけどダラダラ書きたかったの~

☆肉☆肉☆肉☆肉☆肉☆肉☆肉☆肉☆肉☆肉☆肉☆肉☆肉☆肉☆肉☆肉☆肉☆


時間をキッチリ指定しての約束は付き合って5年も経つというのに初めてなんじゃないか。

ホテルに着いたのは15分も前で、らもはトイレ行ったりソワソワ緊張してた。
約束の時間キッチリにさんちゃんは現れた。
さんちゃんも20分前に着いててブラブラしてたんだって。
遅刻魔さんちゃんだからギリギリまで仕事してて当然遅れてくると思ってたのに、
この約束を誠実に守ってくれたことが嬉しかった。
さんちゃんだって、らもの企てた肉祭が相当嬉しかったんだと思う。(自己判断)

「あ、らもオメカシしてる。」
「さんちゃんは蝶ネクタイもシルクハットも忘れたの?」
「・・・ウン・・・ヒゲも生えきらなかったんです・・」

スーツでキメキメするタイプの人間じゃないけれど、
さんちゃんなりのキチンとした格好をしてきてたのに、ちょっとニヤけてしまった。
しかしこのお互いの緊張はなんなの?
やっぱ不慣れな場所とメカシ込みに緊張してんのよー2人とも。

レストランでは支配人がお待ちしておりましたと
既にセッティングしてあるテーブルへ案内してくれる。
肉祭の始まり。

ここのローストビーフは肉の塊をテーブルまで持ってきてくれて
目の前でワラジ程の大きさにスライスしてサーブしてくれるのが凄みの一つなのね。

鋭いナイフをシャキンと持ったシェフが現れてこう言った。

「ローストビーフ250グラムのお客様、2枚にお切りしますか?
 分厚いの1枚になさいますか?」



「・・・へ・・・?」

「・・・あのね、通常のコースは独り120グラムのお肉なんだけど
 さんちゃんの分だけ250グラムでって予約したの。」

「えええええ ホントに?? らもそんなことしてくれたの…?」


今日はさんちゃんのための肉祭。
やっぱり120グラムじゃあ「祭」とは言えんでしょう?

らもの分に切られたお肉の2倍の厚みのものをペロリと食べあげたさんちゃん。
始終「おいしい・・・ホントおいしい・・・・」て言ってくれてた。
それを聞けて本当によかったな。

食後のカフェをサーブしにきた支配人がこう言った。

「お客様、私どもで250グラムも食べ上げられるか心配していたんですが
 そんな心配無用とばかりでしたね。
 そちらのお客様からお電話を何度も頂戴しましてね、
 200にするか250にするかお悩みになってたんですよ。」

「そーーだったの?そんな電話してくれてたの?」

さんちゃんはビックリ嬉しそうにらもの方を向いた。
そんなウラ話しなくてもいいじゃんよぉ 支配人よ・・・恥かしいじゃん。

「ぇぇ・・・まぁ・・・
 でもさんちゃんのあの様子じゃ300でもイケただろうなぁと今は思うけどね。」

「是非、次回は300グラムで!我々も楽しみにお待ちしております。」

「ですね。おそらく350でもいけると思いますが徐々に!!
 今日はホントに美味しかったです。    ありがと らもちゃん。 」


さんちゃんが喜んでくれてホントに良かった。
らもはすっごい嬉しかった。
自分の働いたお金でご馳走できて、喜ぶ顔が見れて。


ココまでのらもはカッコイイしょ?
なんかオトナの振る舞いとゆーかスマートなヲンナて感じでしょ?

それがね・・・

ハイ。支払いの時のことです。


革製のファイルに値段の書かれた紙が挟まれてくる。
それをチラリとみて、カードなり現金なりを挟んで
支配人にスマートに渡すのがヲトナのヲンナてもんでしょ?

らももそんな感じで振舞いながら現金を挟んで支配人に渡した。


しばらくして支配人が戻ってきて耳打ちした。

「オキャクサマ。。少々足りませんが・・・」

「えええええ!!!!!それは失礼しました!!ごめんなさい!!」



しばらくしてまた支配人が戻ってきて耳打ちした。

「オキャクサマ・・・・まだ足りないのですが・・・・・」

「えええええええええ!!!!!
 ホントすみません!!!!!!!」


らもはあまりにもコソコソ現金を出した為にキチンと金額だけのお金を
お財布からだせてなかったのよぅ・・・・

でもさんちゃんはそれを横で見てて心配するじゃない?
そんなにベラボーに金額が高いのか?!!!! って・・・
イヤイヤ、金額は予想通りです。
不慣れな行動とろうとするからこんなショボイ結果に。

あーあ カッチョワル。。


帰りの車の中。

「らも今日はホントにありがとうね。ホントうまかったなぁ。」
「喜んでもらえてよかったーー。また来ようね。」
「しかしお肉250グラムにしても、お金にしても、カワイイなぁらもは。」

こんなカンジで盛り上がり、そのままホテル直行でニャンニャンして
スキスキな夜を過したらもとさんちゃんでした。


これまでの付き合いでは、学生だからっていつもお金の支払いはさんちゃんだった。
バイト代とはいえ、さんちゃんはらもが払うのを嫌がって全て支払ってくれてた。
でもこの日初めて社会人になってお金を自分の手で稼いでご馳走して、
さんちゃんも素直にご馳走されることを喜んでくれる。

それが何ともいえない感動だったの。

さんちゃんの為にお金を払う喜びってわけじゃないけど (マハラジャじゃあるめいし。)
こういうことも出来るようになった自分に感動というのか。
それと、大切な人を喜ばせられるヨロコビというのか。

さんちゃんは

「今までだってらもはオレにキッシュ焼いてくれたり
 お菓子作ってくれたりしてたじゃん。
 手作りも今日みたいなご馳走も同じくらいすっごい嬉しいよ。」

て言うけど、それとは別次元なんだよぉ らもにとって。


これが今年のGWの思い出。
さんちゃんもらもも一生忘れない夜。

スポンサーサイト

さんちゃんとの日々 | trackback(0) | comment(5) |


<<性欲の呪縛 | TOP | THE☆NI ・KU 祭>>

comment











らものみ閲覧OK


 

なんかこっちまで嬉しくなってしまったヨ。
さんちゃんさん、喜んでくれて良かったね!
支配人さんも何やらいい人みたいで良かったね!
そんでもっておいしいお肉で良かったね~~!!
本当にいい思い出v
私も来月の彼氏の誕生日、らもちゃんみたいに頑張ってみようかな~。

2007/05/20 22:15 | なつ [ 編集 ]


 

年上ってこともあり、私も働いてるから平気なのにと言っても相手にされず
(オンナノコ扱いに気分良くないわけないですが)
たまに自分でお財布を出すと、特別なことをした気分になります。
初任給ってのがまたいいね。かわいらしくて。

ローストビーフかぁ…

2007/05/21 18:11 | awotori [ 編集 ]


らもレス 

●なっちゃん
もっとツンツンした雰囲気のレストランかと思ってたんだけど、支配人が気さくな人でよかったぁ
なっちゃんもりゅーくんの誕生日ちょっとしたサプライズ考えてみたら?たまには新鮮でいいかも。

●awotoriさま
そうそう!そうなんです!
らももお金払うって言っても相手にされないのは今も昔も変わらず・・でもたまにこんな風なさんちゃん管轄外の、特別な計画立ててガッツリ払うのが彼も喜んでくれるしいいのかなぁと思ったりします。

2007/05/22 08:01 | らも [ 編集 ]


ビバ!サプライズ! 

うちの大好きなサプライズ!らもちゃんの素敵なサプライズ!
なんかしあわせ~な気分になりました。
らもちん可愛いよぉ!オトメみたい!!
ところでこれってもしかしてテレビでやってた肉かな?!
めっちゃ美味しそうなお肉やったんですけど?!

2007/05/22 16:22 | チカンペ [ 編集 ]


らもレス 

●チカンペちん
ヲトメでカッチョイイサプライズのはずだったのにダサい失敗したけどもね・・
えーこの肉祭の会場テレビに出てたんだ?
確かにこのホテルの名物といえばこの肉らしいですぜ。ふむふむ。
肝心のお味は…肉好きさんちゃんのお墨付き!!

2007/05/22 22:08 | らも [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://rameaux.blog84.fc2.com/tb.php/67-4366bb65

| TOP |

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。