--/--/-- (--)
  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


  2015/07/23 (Thu)
  わたし、我儘で自分中心主義だった。

あれよあれよという間に、赤子は1歳をむかえました。

この1年、色々なことがあったなぁ。

らもが家庭にはいってからというもの、夫婦喧嘩は確実に増えたな。



闖入者からいつも言われること。

「なんでそうやっていつも言い方がキツイんだ?」
「何をしても文句を言われるんじゃないかとビクビクする」

そう、らもは恐妻らしいのだ。

なんでそんな風になってしまうんだろう。
もちろん、自分の物言いがキツくて相手を傷つけるだなんて、本望ではない。

わが身を振り返ってみると。。。
一生懸命綺麗にしてる家に荷物たくさん持ち帰ってきて占領するとか
掃除したてのキッチンで、油いっぱい&強火でジュンジュンバチバチ男料理されるとか
なんでこの日にこの服選ぶ?的なダサさとか
なんだか細々したところが許せず“お小言”が多いという自覚が実はある。

闖入者の性格的に、お小言多くて締め付けられると窮屈で嫌なのは理解しているんだけど、
どーーーーーしてもイライラしてお小言を放ってしまうのです。(しかも自分を棚に上げている。by闖入者)


「お前は基本的に男をバカにしている。信用してないだろ。」

とある日のケンカで闖入者に言われて気づかされました。



そうなのかもしれない。
らもは基本的に、男をバカだと見下している。
そして信用していない。

これが前提なんだきっと。  と、シンプルな結論に達した。

なんでこんな自分に出来あがったしまったのだろう。

考えていくと、そこには父とさんちゃんの存在が大きく影響していると気づいた。

イエスマンで主体性がなく、精神の弱さから遊びに逃げ借金グセのある実父。
母はそんな父にとても苦労させられてきた。
次いつまた借金するか分からない爆弾を抱えているようなものだ。

らもは父に「そういうことは止めて。」と、勇気を出して何度か言ったこともあった。

娘が父親に対しそういった類のことを言うということに、どれだけの勇気と辛さがいるだろうか。
けれどもそんな娘の想いを父本人は微塵も汲み取ることをしなかった。
意を決して、父に戻ってきてほしくて、平穏な家庭に戻りたい一心で起こした行動は拒否された。

「父親に無視される」ということがどれほどの裏切りと絶望にさいなまれるものか、身をもって知ってしまった。

幸運にも、らもはそれまで反抗期も特になくのほほんと平和に暮らせていたものだから
そのショックたるや凄くて、それ以降、父親のことは基本的に人間として好きじゃない。

学歴やスペックはそこそこあって、大企業に勤めてても、こんな人間性じゃ結婚生活だって幸せなものにならない。
その証拠が目の前にいる自分の両親なのだ。

加えてちょうどその当時、付き合っていたさんちゃんの「結婚しない主義」にもブチ当たっていて
本当に、結婚でなんだろう。
世の中の結婚で幸せなことなんてないんじゃないか?
世の結婚してる男はみんなこうなんじゃないか?
結婚したがる男ほど、自分の父親のように裏切るんじゃないか?
だったら最初から「結婚しない主義」のさんちゃんはむしろ誠意あるんじゃないか?
わたしは夢見る夢子か?

「結婚しない主義」のさんちゃんに対しては、
価値観に理解を示しつつも、内心ずっと期待して待っていた。
それは、一般女子にありがちの『わたしに対してだったら彼はいつか変わってくれるはず』という夢を見ていた。

らもはずっと気持ちを押し殺してずっと待っていた。
自分の気持ちを全部吐き出すのが怖かったし、可愛い自分でいたかったし、

でも一線を引かれたまま、その最後の距離を縮めてもらえることはなかった。
さんちゃんとらもの関係はプライベートだったけれど、
さんちゃんの本当のプライベートはさんちゃんだけのもので、
そこへ踏み込ませてはもらえず、2人で1つのプライベートを持つことは出来なかった。


大好きな人と家庭を作りたいという純粋な自分の気持ちと、目の当たりにする現実の狭間で
ずーーーっと悶々していたが、
最終的に、父親にも恋人にも『自分の切望』にたいし応えてはもらえないWパンチを食らったのだった。

期待値が高かった分、その残念な経験の重たさは今やらもの血となり肉となって身体にまとわりついている。

だから基本的に男に信用も期待もしない自分がいるのである。


でもさ、期待や切望を裏切られた(らも目線で)からって、そこまでになるか?
だって世の中思い通りにいかないことばっかりじゃん。
極端じゃないか?
と客観的に見て自問自答したところ、
らもはきっと我儘なんだろうな。というところに考えが至った。

我儘でキャパが狭いから、他人が信用できないのかもしれない。
つまり自分中心主義?ジコチュー?

この歳になって自分がどんな過去を持って愚かな人間なのか噛み砕いて
少しだけ知ることができて少しスッキリした。
何か一つの解明がされた感じ。

じゃあこれからどうするべきなのか。
このまま自分は寂しい奴のままで我儘に生きるのか。。

少なくとも、隣にいてくれる闖入者だけには信用を寄せたいと思う。
こんなどうしようもないわたしだけれど、
他の男性と違い、あなたの言うことや行動には信用を寄せられそうだから、
だから結婚したいと思ったんだよ。
あなたは私の中でそういう意味で特別です。

と、言葉にして相手に伝えてみたら自分も少しずつ変わるだろうか。


恋愛モラリズム | trackback(0) | comment(2) |


  2014/11/25 (Tue)
  専業主婦と稼ぐ旦那


24時間、地味に忙しいです。


仕事をせずに家に入ると、家事育児中心になる。

友人の子供の話を聞いたりしていると、うちの子は比較的にラクな方だと思う。
夜泣きや謎の愚図りもなく、少々内弁慶だが人見知りもない。
マイペースで淡々とした性格のよう。

だから忙しくてバタバタというわけでは無いにせよ、オンオフの切り替えなどない。
24時間地味に忙しい。

この「地味に忙しい」というのが非常に厄介だ。

端から見て、「のんびりゆるやかに一日過ごしている」と思われるからだ。

時間に追われることが無い。
それは、「時間関係なく動く」ということ、それが主婦。


オンオフの切り替えがある旦那・闖入者は、この地味な忙しさを分かっているようで分かっていない。

彼は毎日それは忙しく仕事をしており、週末返上は当たり前、出張多し、付き合いもある。

彼はオフの時はこぞって友人と会ったり、自宅に招いたり、酒を飲む。
仕事が早く終わればジムに行き、身体を動かす。
先日は大好きなミュージシャンのライブに行くなどしている。

そんな彼はこういう。

「頑張ってるから○○くらいしたい。」
「これくらい許されないの?」
「オレ頑張ってるよね?付き合いくらいいいじゃん」


いいよ。

確かにあなたはがんばってる。

私たちを養って、稼いできてくれるもんね。

遊んだっていいし、友人とも会えばいいよ。


でもね。

らもには「がんばってるから○○したい」があり得ないこと分かってて言ってんのか?と聞きたいワケです。

別にらもは、ご褒美が欲しいんじゃない。
子供を置いて遊びにいきたいとか、お前が面倒見ろとかを言いたいのではないのです。



遊んだ後に、飲んだ後に、ジムの後に、セックスの後に、自分の好きなことをやった後に、
ぐったりと何も出来なくなって役立たずになる。
夜遊びの翌日は昼間ずっと寝てるとか。
疲れて自分のもの散らかしっぱなしとか。
酔っぱらって子供もあやすことすらままならない程ぐったりしてるとか。

方やこちらは、妊娠してからというもの、ずーーーーっと酒を飲まずシラフ。
マジで役に立たない酔っぱらいをよそに、
シラフの私は、後片付けやらお風呂やら何やら細かい仕事を終え、
寝るのは誰よりも最後。
そしてどんなに眠くてもセックスの後も、夜中は授乳で起きる。


余計な仕事をこっちに増やしてんじゃねえよ。
遊んでも良いけど迷惑かけんな。
最高潮に、怒りを覚える。
ムカつきすぎて眠れない。

こんなワタシのイラつきって、間違ってるのかな?
多くを求め過ぎでしょうかね?
厳しすぎる????
束縛になるのかしら。。。


なんなんでしょうね。


地味に忙しいということは、忙しさが目立たないのに対し、
目立って忙しい人は、自分の忙しさを主張して誇張するの、なんかおかしくないか?と思うのです。


お金を稼ぐ人と、家を守る人。
お互いを理解し合うために、どうしたらいいんでしょうね?


結婚生活 | trackback(0) | comment(0) |


  2014/10/13 (Mon)
  さんちゃんと会いたい、と思う。

さんちゃんに会いたいな、と思うことがあります。

彼はらもの中で、人間として魅力的な人であることには変わりないから。

お話をするにはとても楽しい人だから。



なんでこんなこと思うかというと、
別にかつての恋人を懐かしみたいとか、浮気心でもないんです。


結婚をして、他人と生活をしてみて、そして子を産んで、、、という今の生活。
この日常の中で、様々な意見や見解を持ち、闖入者と共有する(もしくはぶつけ合う)ことを繰り返している自分。
さらに、子供が生まれたら、今度は「教育」として責任をもって享受させなくてはならない。


「自分の価値観って、本当にこれでいいのかな?
 どうして自分は○○に対して△△と価値判断できるのだろうか?
 自分の思考能力はなにゆえのもの?」


こんなことを最近ものすごく考えるようになったんです。



つまりは「脳ミソ筋肉の付け方」。

自分の脳ミソ筋肉は誰に教わってついたんだろう?と。


第一に、ベースとしては家族、両親。
そして思い返すと、最も筋力アップしたのは、さんちゃんと過ごした10年間でしょう。

これは確信できる。

そして考え解いていくと、闖入者との生活は、その応用時代なんだと行き着きました。

らもはきっと、さんちゃん離れしないと自立できなかった。
さんちゃんと居た時は、もの凄い刺激と教養を得れたものだから、常に常に、さんちゃんに意見を求めていた。
それが面白かったし、参考になったし。
逆に、無意識に自分の意見や価値観の主張が欠けていた。(だから「結婚」においてはダメになったのだ)

でも今の生活は、さんちゃんとの生活で吸収した多様な価値観が
らもの血となり肉となって、それが活きている気がするよ。


だから、さんちゃん離れした自分が、改めてさんちゃんに会った時
どういう会話ができるのかな。
また違う関係性が築けるものなのかな。
人として魅力的だとさんちゃんが思ってくれているならば
そういったことは可能なのかな。


でもこれは綺麗ごとにすぎないのかな。

さんちゃんにとっては、結婚して出産したらもに会うことは興味ないかな。

全てひっくるめて、結局は、無意味だったりするんだろうか。

そんなことをブツクサ考え続けてしまっているのです。



でもきっと、連絡とるよりも、いつの日か街中でばったり遭遇することを願う方がいいんだろう。
そんなことが起きたら、これは神様がくれたご縁であるんだろうと素直に思えるから。

ね。
そうだよね。

らもの思うコト | trackback(0) | comment(0) |


  2014/10/09 (Thu)
  チャンス

べべを産み落としてはや4カ月。

ゲイの後輩が前に言っていた

「人生は 上り坂、下り坂、  まさか  よ!」

(ほんとに年下かよっていう。。)

いや、まさにその通りでした。

好スタートを切ったかと思っていた新しい生活。
誰か嘘だと言ってくれと、なんでうちの子がと、自分を責めたりしました。


でも今は、その「まさか」たる出来事を受け入れ、乗り越えることが、より人生を豊かにしてくれ
人として自分を成長させられるんだと信じています。

このお陰で、私はこの子に対しても、子育てに対しても、人生に対しても
エゴイスティックに過分に望まず、穏やかに接することができるチャンスをもらえたのだと感謝しなくてはなりません。

普通では気づき得なかった、「当たり前」のことがいかに「有難い」ことなのだと、
本当に大切なことを気づかせてもらえています。
きっと、強くさせてもらえてる。

たくさん学ばなくてはね。


闖入者もいっそうモチベーション高く、頑張って働いてくれています。


子育てでバタバタしているとインプットも浅いものばかりで、TVとかぼーーっと見ちゃうし、
アウトプットするにも集中して取れる時間もないし、
中々自分にプライオリティをおいた生活はできないけれど、
たまにはここにきてアウトプットしたほうがいいな。



ちなみに、、、我が子は  ま  じ  で    かわいい!!!

らもの思うコト | trackback(0) | comment(2) |


  2014/05/31 (Sat)
  家族計画

なんだってこんなに重いんだって言うくらいお腹が張り裂けそうです。

あんなに気を使ってケアしていた妊娠線も、
臨月に入って急激にお腹が大きくなったせいで、この期に及んで出来たしまったという事実にショックを受けております。

らもの体重は増えず横ばいで、ベベだけどんどん大きくなるから体力も消耗しちゃって
何するんでもフゥフゥ&フラフラ。
どーしたらいいんだって感じです。
妊婦が食べるにも限界があるのだよ‥
もちろん多めに食べなきゃダメなのはわかるけれど、胃袋にもキャパがありますし。。

そんなこんなな中、既に子宮口が順調に開いており、ベベも下に降りてきているらしく
前駆陣痛みたいなハリ&痛みもあるので予定日より早めに出てくるんでないかと思ってます。

でもお産は体力勝負。 らしいですね。
この時点でヘロヘロになってしまっていてはあかんので食べなくては。
炭水化物摂るぞ。



闖入者は最近仕事後の会食も極限入れずに帰ってきてくれます。
掃除機も洗濯もしてくれるし有り難いの一言。
思えば、ツワリ中もせっせと料理してくれてました。(主に栄養価を考えた水炊きかパスタ)

義実家も気を使って、色々なものを食べさせてくれたし、
実家も祖母も毎日「どお?」と連絡をくれる。
こんなに望まれた子はいないぞと感謝でいっぱいだ。

みんな、このベベの為に尽くしてくださったことを糧に、わたしが頑張り抜かずにどーする。

耐え抜け自分。

そして健康なベベを生まねば。



この子が出来るに至るまでのことを書き留めておきたいと思います。


とかく具体的な家族計画など何も考えていなかった。
まぁ新婚だし、恋人生活も短かった私たちなのでしばらくは二人で楽しもう的な暗黙の意思疎通が図れていた。
お互い仕事もあったし、とにかく二人の甘い生活に浸っていたかった。
避妊も絶対!とまではいかず、とりあえずは外に出すというレベルだったけど。

事の発端は、風疹の流行。
何かある前に予防接種は受けておいたら?という両家からのアドバイスがあり、予防接種→2ヶ月は避妊必須ということになった。
なんとなーく、「ああ、2ヶ月後にはほんとに妊娠してしまっても大丈夫な環境が整うんだ〜」とぼんやり思っていた矢先、普段からよくしていただいている先輩夫婦2組からこんな事を言われた。

夫婦A ; 不妊治療の末、子供無し50代夫婦
夫婦B ; 現在不妊治療中、子供無し40代夫婦

4名ともバリバリのキャリアなのだが、特に奥様たちが言っていた切実な言葉がこれ。

「いずれはと思っているならば今作れ。」

きっと「いずれは、、」と思っていながらも、キャリアを詰める能力のある奥様だったから仕事も忙しく、また二人の時間も充実していて楽しかったんだろう。
気づいた時には「治療」に踏み切る段階だったと。

不妊治療の大変さは金銭的なものはおろか、身体的にも心労的にもダメージが大きく、非常につらいものだと聞く。

らもが想像するに、現代医療は不妊の理由が事細かに明瞭になってしまうが故に、
過剰なまでの原因追及ができてしまうから精神的に疲れてしまうんだろうな。

人は老いていけばその分生殖機能も衰えるものだけれど、それが詳細に「旦那の精子運動機能が‥」とか、「奥さんの卵子の殻が堅くて‥」とか分かってしまうと追い打ちをかけるよね。

あと、最近の妊娠チェッカーも非常に高性能だから、実際のところ受精はしたが着床してない段階でも、すぐに陽性反応が出てしまうらしい。
着床もせず心音が聞こえる段階まで育たないなんてことは昔から頻繁にあったことで、気づかず生理で流れてしまうことは珍しい事じゃないらしい。
(ちょっと生理遅れてるな〜と思ってたら数日後来た、なんて経験はもしかしたらそうなのかも)

でも今の時代はチェッカーですぐに分かってしまうから、うまく育たなかった場合 “=流産×1” としてカウントすることになってしまう。
つまり、現代女性は流産が多いというけれど、もしかしたら実はカウントを敢えてしてしまっているだけで昔からその割合は変わってないのかもしれない。

現代医療発達がゆえに被る、不妊の心労はありえるのだ。



話は逸れたが、こんな背景下、この二組の夫婦が不妊治療と戦って、らもなんかが想像を絶する苦労をしてのアドバイスは、非常に心を打たれた。

これまで「子供ができたら〜」なんてうすぼんやりとした夢は話していたけども、彼らの話を真摯に受け止め、影響を受けたのは言うまでもない。



「あ、風疹の予防接種から2ヶ月経ったね。」 と気づいた時期から避妊をいっさいしなくなった。


「風疹予防接種から2ヶ月経ったからオレ頑張るぜ!!!」と闖入者は酔っぱらって言い始め
「ちょっと!! なんてことをこんな場で言うの!!!!」とらもが口を出すと
「いいじゃな〜〜〜い!!かんばれよ!!!!」 とノリノリのラテン気質義母。(こちらも酔っぱらい)


そしたらその1ヶ月後には体調優れない自分になっていたらも。


特に基礎体温もつけてなかったので、いつの行為がベベという結晶を作ったのかは定かではないけれど、
多分、2回目くらいの行為でアッサリできたんだろうと推定する。

(闖入者は、あまりにも気持ちよかったこの行為が数回で終わってしまった事を未だに残念がっている)

一つ言えるのは、排卵日とか何も図らずに結構頻繁にしてたので、フレッシュな精子を日頃送り込む事は打率アップにつながるのかもしれん。

本当に幸運としか言いようがない。


それから約10ヶ月。
この妊娠生活もそろそろ終わりが近づいてきていて、また違う生活が始まろうとしてる。

育児のことだけじゃなく、この先の人生に対して、楽しみという気持ちというより、どちらかというと冷静にどうなっていくんだろう‥ということばかりが頭をめぐっているんだけど。
これはらもの悪いクセなのかね。
頭デッカチになりやすいのよね。


でもこれだけ周囲の人に支えられ、闖入者がいてくれるから大丈夫。



結婚生活 | trackback(0) | comment(0) |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

らも

Author:らも
30歳
せこせこ働いていましたが、出産のために育休中。

元カレシ:さんちゃん
12コ上の結婚したがらないオッサン。
お別れしました。

闖入者[chin-new;sha]:
らもをあきらめない、らもを大好きな人。
らもと5ヶ月のスピード婚をはたす。

来てくれたみんな

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。